糖質制限ダイエット イライラの原因と私が行った5つの解消方法!

55H_R

糖質制限をしていてイライラしてしまう事ってありませんか?
私はありました^^;
なぜ糖質制限をするとイライラしてしまうのでしょうか?その原因と私が行った解消法をご紹介します。

スポンサーリンク

糖質制限でイライラしてしまう原因は?

糖質制限の第一人者である江部康二先生によると、「一般的に糖質制限をするとイライラが改善する」とのこと。糖質を食べた時に起こる急激に血糖値が上がり、そのあと急下降することがなくなり、食事をしても血糖値が安定するかだそうですね。
でも、糖質制限をしていてもイライラしてしまう!糖質制限中にイライラしてしまっていた私の体験から原因を探ってみる事にしましょう。

カロリー不足

お豆腐、納豆などの植物性たんぱく質ばかりメインに食べていて、一日に必要なカロリー不足ではありませんか?
私も糖質制限を始めたばかりの頃、お野菜と植物性たんぱく質のみの食事を続けていたら、かなりイライラしていました。
そんな時に江部康二先生のブログで糖質制限は「高脂質・高タンパクの食事」だと知り、動物性たんぱく質もバランス良く食べるようにしましたよ。それからイライラが急激に少なくなっていきましたね。

心が満たされていない

人生初めて糖質制限をしてみて「糖質を摂らないこと」が辛くありませんか?
今までの食生活では糖質を摂るのが当たり前でしたものね。
糖質制限をしていると頭ではわかっているけれど心がついてこない…それでついお菓子を食べて気づいたら結構な量を食べてしまった。私は何回もありました…

でも、大丈夫です!
次の章では、どうイライラを乗り切ったか、その方法をお伝えします!

スポンサーリンク

糖質制限ダイエットでイライラを解消する5つの方法

とりあえず温かい飲み物を飲む

イライラしてきたら、まず真っ先に温かい紅茶か番茶、ハーブティーを飲みました。温かい飲み物ってホッと一息つけて落ち着きますものね。
ミントやカモミールなどのハーブティーは精神的に安定させる効果がありますし、ハニーブッシュ(ルイボスティーの一種)は自然の甘さがあってお気に入りの一つです。

摂取カロリーが足りているか食生活を見直してみる

お野菜と植物性たんぱく質(お豆腐や納豆など)がメインの食事の方は、動物性たんぱく質も食べるようにしてみましょう。摂取エネルギーが消費エネルギーより下回ると、動く力が湧いてきません。 
もしくは、食べるご飯やパンは半分以下にして、ゆるーい糖質制限にしてみるのもいいと思います。ご飯は雑穀を混ぜる、パンは全粒粉やふすまパンにすると血糖値の上昇が緩やかになりますよ。 半分の量を食べる場合でも、摂取エネルギーが足りているか気をつけてくださいね。

意識して一口30回以上噛む

食べ終わったあと満足感があるので、一口30回以上(私は50回噛むように心がけています)噛むようにしています。
よく噛むと若返りホルモン(パロチン)が分泌されたり、胃腸で栄養素がよく吸収される嬉しい効果もありますよ。

自然の中に行く

イライラの原因が、もしかすると普段の生活のストレスにあるかもしれません。自然の中をゆっくり散歩したり、登山したり、海に行ったり…とマイナスイオンをたっぷり浴びて大地からエネルギーチャージすると、とてもリフレッシュできます。

週1回好きなものを食べる

スイーツを食べてもOK、ご飯やパンを食べてもOKな日を週一日設定しました。
この日は楽しむ日なので何を食べても大丈夫!時々、お菓子を大量食べして食べた自分を責めるより、週一好きなものを楽しんで食べる方がハッピーですものね!

まとめ

糖質制限をするとき1番やってはいけないのは、カロリー制限を同時に行うことです。エネルギーが足りなくなったらイライラするのも当然です。
仕事や人間関係でストレスが溜まっているな、と感じるときはダイエットは無理せず、まずは心身ともにバランスを整えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事