目から日焼けする理由は?サングラスの選び方や色が変わる新商品!

girl-622534_640_R

実は目から日焼けするということをご存知でしょうか?
目から日焼けするってどういうことなのか?どんなメカニズムなのか?そもそも本当なのか?疑問に思う方もいらっしゃるでしょう。
今回は、目から日焼けすることについてのあれこれをご紹介しましょう!



目から日焼けするのはなぜ?

まず目から日焼けするメカニズムについてご説明しますね。
これは、ある大学のマウスを使った紫外線に対する研究です。

・Aのマウス→耳に紫外線を当て続ける
・Bのマウス→目に紫外線を当て続ける

結果、耳に紫外線を当てたAのマウスは耳にシミが出来たのに対して、目に紫外線を当てたBのマウスは目ではなく身体にシミが出来ました。これは、目から入った紫外線によって脳が身体にメラニン生成の指示を出した結果、目とは他の場所にシミを作ったということです。
つまり、『目から日焼けする』とは、目自体に何らかの症状が現れるだけでなく、目から入った紫外線が身体にシミを作ってしまうということなのです。

紫外線対策サングラスの選び方

では、どんなサングラスが紫外線を防ぐのにいいのでしょうか?
サングラスならどんな物でも日を遮ってくれるからいいんじゃないの?
と思う人も多いのではないでしょうか。
実は、紫外線対策に向いているものとそうじゃない物があるのです。
ここで、紫外線対策のサングラス選びで失敗しないためのポイントをご紹介しましょう!

紫外線カット率の高いUVカットのものを選ぶ

紫外線カット率99%のものは紫外線をほとんどカットしてくれるのでおすすめです。数値の高いものを選ぶようにしましょう。紫外線透過率という表記のものもありますが、これは光を通す度合いなので数値が低い方がいいです。
似た言葉の表記なので間違えないように注意しましょうね。

レンズの色は濃いものより薄いものを選ぶ

一見濃い方がしっかり紫外線をカットしてくれるように思いますが、実はその反対…暗いレンズだと目が光を吸収しようと瞳孔を開いてしまうため紫外線を吸収やすい状態にしてしまいます。レンズの色は薄いものや透明のUVのものを選びましょう。

なるべく顔にフィットするものを選ぶ

道路の照り返しなどで紫外線が反射して入ることも忘れはいけません。顔にフィットしたものを選ぶことで隙間から入ってくる紫外線を防ぐことが出来ます。

紫外線量でサングラスの色が変わるタイプが登場!

紫外線対策のサングラスで従来のものとはちょっと違う優れものが発売されました。
JINSから発売した『JINS COLOR CONTROL LENS』は、サングラスなのに普段使い出来る便利なサングラスは、室内のような紫外線量の少ない場所はレンズがクリアになり普通の眼鏡に…紫外線の多い室外では紫外線量に合わせて色が変化しサングラスになります。
2WAY使い出来ていろいろなシーンに合わせられ、尚且つ99%も紫外線をカットしてくれるので一つ持っておくと便利ですね。
金額は4,000円ほどで店頭でもネットでも購入出来ます。

http://www.jins-jp.com/st/colorcontrol/

まとめ

夏に近づくに連れて日差しがどんどんきつくなり紫外線対策にも力が入りますね。
紫外線による目の影響はシミを作ってしまうだけでなく、目自体にも大きな負担をかけていて眼病を引き起こすこともありますので、目の紫外線対策も万全にしましょう。




シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事