アーユルヴェーダ式白湯の効果とは?作り方と飲み方もご紹介!

drink_R

女優さんやモデルさんが白湯を愛飲していることから今見直されている白湯ですが、昔から健康にいいと言われていますね。
今回はアユールヴェーダ式の白湯の作り方と飲み方についてご紹介します。

スポンサーリンク

アーユルヴェーダ式に白湯を飲むとどんな効果が期待できる?

腸からキレイに

白湯を飲むと腸をきれいに掃除してくれると言われています。
腸の動きが活発になるので便通が良くなりますよ。

胃腸での消化がよくなる

熱を持つ白湯を飲むと胃腸の働きが高まります。そうすると食べた物が消化されやすくなり、栄養素をきちんと身体に取り込むことができますね。

冷え性を改善

日本人は冷たいものを摂り過ぎていると言われます。冷たい食べものは身体を冷やし、冷え性をまねきます。白湯を飲むことで内臓の働きが活発になり、内臓に使っていた熱を手足の先に行き渡らせることができるので、冷え性改善へと導きます。

ストレスによるドカ食いがなくなる

ストレスがあると体温が低くなります。
白湯を飲むと身体があたたまり、心もリラックスできてドカ食いが少なくなったとの報告が出ています。

白湯を飲んでみよう!アーユルヴェーダ式の作り方

【用意するもの】
やかん
きれいな水(浄水器を通した水道水かミネラルウオーター)

【作り方】
①やかんに水を入れてフタをして、強火にかける。換気扇を必ず回す!
②沸騰したらフタをとり、火加減を調節する。大きな泡がぶくぶく立つくらいがベスト。
③そのまま10~15分沸かし続ける。
④できあがった白湯は飲める程度に冷まして飲む。残りの白湯は保温ポットなどに入れて、後ほど飲む。

スポンサーリンク

アーユルヴェーダ式 白湯の飲み方

白湯の飲み方にはルールがあります。
この章ではどのように白湯を飲むと良いのかをまとめてみました。

飲めるくらいに冷ました温度がベスト

熱すぎるとやけどをしてしまうので、ご自身が飲める温度まで冷まして飲みましょう。この温度がちょうどいいな、と感じてみてくださいね。

すするように、ゆっくりと飲む

一度にガブガブ飲むのはNG!
飲むというより「すする」ようなイメージで飲むと良いでしょう。

まず、朝起きて一番に飲む

コップ一杯(約150cc)の白湯を5~10分くらいかけてゆっくり飲みましょう。
胃腸があたたまり全身の代謝を上げてくれますし、腸の中をきれいにしてくれ便通をもよおす効果が期待できます。

食事中にも白湯を

朝食、ランチ、夕食の間、1日3回コップ一杯の白湯を少しずつ飲みます。「一口食べて良く噛み飲みこんだら、白湯を一口すする」を繰り返します。
食事中に白湯を飲むと消化を助ける働きがあるのですよ。

飲み過ぎに注意する

食事と食事の間に白湯を飲むことを考慮して、一日コップ5~6杯(700~800ml)程度が適量だと言われています。
それ以上飲むと身体に必要な成分まで流れ出してしまうそうなので気をつけましょう。

まとめ

アユールヴェーダ式の白湯の作り方はとても簡単ですね。
作った白湯は保温ポットに入れて後で飲めるので楽なのも嬉しいです!
毎日続けてみると、個人差はありますが1ヶ月くらいで身体の芯からあたたまってくると感じるそうですよ。
冷え性の方は一度お試ししてみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事