男も日焼け止めは必要?男性用と女性用の違いや落とし方はどうする?

entrepreneur-696976_640_R

男性でも肌の手入れが当たり前の時代となってきました。
化粧水やローションでお手入れをしている男性は多いと思いますが、日焼け止め使っていますか?
肌を若々しく保ちたいなら日焼け止めは必須アイテムかもしれませんよ。
本日は、男性の日焼け止めについてお伝えします。

スポンサーリンク

男性も日焼け止めは必要?

日焼け止めというと、女性のものというイメージがあるかもしれませんが、男性も使った方がよい場合があります。
最近では紫外線量も増えて、肌が弱い人は皮膚がんを発症することもありますし、紫外線を浴びるとシミ・シワ・ほくろなどを作ってしまう肌トラブルの原因にもなります。
シミやシワが多いと年齢以上に老けて見えてしまいます。
いつまでも若い状態を維持したい、旦那さんに年を感じさせないようにして欲しいなら断然日焼け止めをするべきですね。

日焼け止め 男性用と女性用との違いとは?

では男性用と女性用の違いはどういった点があるのでしょうか?
男性用と女性用の違いとそれに合った商品例をご紹介しましょう!

男性の肌の特徴

皮脂量が女性と比べて多い

女性に比べて男性は皮脂量が多いので日焼け止めを持続させるのが難しいようです。
そのため、ベタつきやテカリが出にくくしてあります。

皮脂が多い方へ向けの日焼け止め

*ストロングUVカットウォータリークリーム(ギャッツビー)
*日焼け止めミルク(ウルオス)

髭剃りで肌を傷めた部分がある

毎日のお手入れで髭剃りをする男性は、口周りなど肌にダメージがある部分もありますよね。
肌を刺激する機会が多い男性用に美容成分など潤いもプラスして刺激から肌を守る必要があります。

低刺激で美容成分プラスした日焼け止め

*スキンコンディショナーバーム(ニベアフォーメン)
*サンスクリーンスプレー(ライオス)
*サンベアーズコドモ(メンターム)

スポンサーリンク
女性に比べ汗を掻きやすい

仕事上などの理由で女性に比べ運動量が多く汗を掻きやすい環境の人が多いです。
汗を掻くことで日焼け止めが落ちやすくなります。

汗に強い日焼け止め

*UVプロテクター(ニベアフォーメン)
*UVカットミルキー(シーブリーズ)

この点を踏まえて作られているのが男性用の日焼け止めです!
主にスッとするクールタイプのものが多く、肌に何かを塗るのが嫌な男性のために白くならない・べたつかないような塗りやすいタイプが多いですね。

日焼け止めの落とし方 男性の場合は?

男性用の日焼け止めはクリームタイプやウォータータイプのものが多く女性用に比べ落としやすく作られています!
海やプールなどで使用するウォータープルーフの落ちにくいものを使った時は、専用の洗顔料が必要ですので注意しましょう!
石鹸で洗い流せるタイプもあるので面倒だという人にはこちらがおすすめです!

石鹸でも落とせる日焼け止め

*UVカットミルキー(シーブリーズ)
*ウルオスシリーズ
*サンベアーズコドモ(メンターム)

まとめ

日焼け止めを塗ることに抵抗がある人は、ライオスのサンスクリーンスプレーのようなスプレータイプのものを使用してもよいでしょう。
日焼け止めに慣れていないと面倒だと感じるかもしれませんが、慣れれば化粧水感覚で使用できるようになりますよ。

ただし、日焼け止めは1回塗れば紫外線対策が万全というわけではありません。
2~3時間毎に塗りなおしたり、服を着ていても日焼けをすることがありますからご注意を!歳を取ると肩や背中のシミが目立って来ますので…。

最近では、飲むタイプの日焼け止めも注目されています。
飲むタイプなら面倒な塗り直しや、塗り忘れもなくて良さそうですね。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事