糖質制限で便秘になるのはなぜ?私が実際に行った解消法4つ!

leather-jacket-690316_640_R

糖質制限をしたら便秘になってしまった…
便秘だと身体が重くておなかも出てしまってパンツをはきたくない気分になりますよね。
今回は便秘になってしまう原因とその解決方法をご紹介します。

スポンサーリンク

糖質制限で便秘になるのはなぜ?原因は?

腸内細菌が不安定

糖質制限をはじめると、今までの食事の内容ががらりとかわるので腸内細菌も変わってきます。
腸内細菌のバランスが崩れると便秘がちになってしまうと言われていて、整うのに3カ月程度かかる方もいるそうです。

食物繊維の量が足りていない

今まで食べていたご飯やパンには食物繊維が含まれているので、糖質制限で食べなくなると一日に摂取する食物繊維の量が今までより少なくなっているのかもしれません。
食物繊維は腸の蠕動運動を促して便通を良くしてくれるので、意識して毎食食べるようにしましょう。

私が行った糖質制限中の便秘解消方法4つ!

食物繊維をしっかり食べる

毎食必ず、食物繊維がたっぷりふくまれている野菜、海藻、きのこ類を意識して食べました。
食物繊維には水溶性食物繊維、不溶性食物繊維があるので両方を摂るといいでしょう。

水溶性食物繊維

便を軟らかくしてくれる働きがあります。
(例:こんにゃく、海藻類、果物、納豆、アボガドなど)

不溶性食物繊維

腸の蠕動運動を刺激して便通を良くする働きがあります。
(例:豆類、モロヘイヤ、ごほうなど)

私はレタス、キャベツが好きでよく食べています。
お肉にサンチュがわりに巻いて食べると、けっこうな量をパクパク食べれちゃいます。

スポンサーリンク

特に効果のあった食材はこの2つ

便秘解消の食材として効果を感じたのは、納豆おからです!
毎日は食べていませんが、過去の経験でこの2品を食べた翌日はりっぱなのが出てきます!
好きなのが「納豆キムチ」で、ダブル発酵食品なので整腸作用があるのだと思います。
食物繊維が豊富なおからはハンバーグに入れたり、唐揚げの衣に混ぜたりといろいろ料理に使えて、しかも安いので嬉しいですよね。

適度なウオーキング

私が好きなのはウインドーショッピングです。
楽しいのであっという間に1万歩は歩いています。
会社で働いていた時は、一つ手前の駅で下車して歩いて帰宅していたこともよくありました。
ジム通いしなくても気軽に楽しくできることを見つけてみてくださいね。

トイレの時間を作る

毎朝、トイレに行く時間を持つようにしています。
トイレにこもって出てくるのをひたすら待つ…そんなことはしません!
リラックスする状態にあると自然ともよおすので、以下の事をしています。

・うんちが出る、したくなる、と意識して本をひろげて眺める。
(読んでしまうと意識が本の内容にいってしまうので読まないで写真などをみたりレシピ本をなんとなく見ています)
・うんちが出る、したくなる、と意識してスマホをいじる。

とにかく「よおすように意識する」のがポイントです。

まとめ

個人的にハマっているのはおから料理。糖質もカロリーも低く、お豆腐屋さんで安く売っているのでお財布にも優しい食材です。
お味噌汁に入れてとろみをつけたり、ポテトサラダのじゃがいもの代わりにおからを使うととってもヘルシーですし美味しいですよ。

糖質制限をしていても便秘にならないように対策は色々できます。
ご自分に合った解消法をぜひ見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事