糖質制限で塩分過多になる?一日の摂取量と我が家の減塩方法!

糖質制限をすると気になるのが塩分摂取量ですね。
一日にどれくらいないなら塩分をとっても大丈夫なのでしょうか?
我が家の減塩方法もご紹介します。

スポンサーリンク

糖質制限食は塩分過多になりやすい?

糖質制限を始めると、今まで食べていたご飯や麺をやめたり減らして、おかずメインになるとどうしても食べるおかずの量が増えますね。ということは摂取する塩分の量も増えます。
いまの糖質制限で塩分は多すぎる?少し心配な方も多いはず。
一日あたりどのくらいの塩分の量ならばOKなのか次の章で詳しく説明します。

塩分の一日の摂取量の目安は?

厚生労働省による塩分の一日の摂取目安は、

・成人男性→8g未満
・成人女性→7g未満

となっています。

塩は小さじ1杯で5gなので目安になると思います。

その他の調味料に小さじ1杯でどのくらいの塩分が含まれているかまとめてみました。

・しょうゆ…………1g
・ウスターソース…0.5g
・味噌………………0.3g
・コンソメ…………2.5g

コンソメは塩分が高いので使う時は使用量に注意した方がいいですね。
塩分を多く摂りすぎてしまうと、むくんだりしますし血圧が高くなってしまいます。
それが続くと、高血圧症、腎疾患(塩分をろ過する腎臓が働き過ぎて病気になってしまいます)、心疾患や不整脈になってしまうと報告が出ています。
くれぐれも塩分の取り過ぎには注意したいものですね。

スポンサーリンク

糖質制限中の我が家の減塩方法

お味噌汁を毎日飲んで減塩

お味噌汁に含まれている塩分は一杯当たり1.2gから1.5gと言われています。
我が家では減塩味噌は使っていませんが使う味噌の量を一般家庭の半分から多くても8割程度。
煮干しや昆布でだしをしっかりとって、具材をたっぷり入れて、お味噌は風味付けなのです。
物足りないのでは?と思われる方、いやいやそんなことはありません。
具材の味がスープに出ているので少しのお味噌で十分!
それに具材たっぷりなお味噌汁を食べると余分な塩分を排泄してくれると言われているのですよ。

濃い口しょうゆを少量使う

えっ、減塩しょうゆを使わないの?とびっくりしましたか?
我が家は濃い口しょうゆを使いますが、味がしっかりしているので少量の量で料理の下味がつけられるのです。
使う量が少ないと減るのが遅いので経済的です!

味付けは基本、塩

我が家はしょうゆを使いますが、基本お塩で調理する事が多いです。
お塩だと少量で味がしっかりつきます。
その他は、糖質が低いマヨネーズやポン酢、レモン、すだちを使っています。

まとめ

あなたの塩分摂取量はどうでしたか?
糖質制限の食事はおかずメインになるので塩分の量を考えて調理しないといけませんね。
健康的な糖質制限な食事を目指して引き続き頑張りましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事