子供も塩分取り過ぎで病気になる?摂取量の目安と偏食の治し方は?

ham_R

子供が味付けの濃いものが好きだと塩分の摂り過ぎでは?と心配なママも多いはず。
子供の一日の塩分の目安と塩分を摂りすぎないためにできることをまとめてみました。

スポンサーリンク

子供も塩分取りすぎで病気になるの?

子供はよく動いて汗をかいたりよく泣くので塩分を身体から排泄するので心配ないという見方もある一方、毎食味付けが濃い食事をしていると塩分をろ過する腎臓が働き過ぎて腎臓の疾患になる恐れや将来的に高血圧になりやすいという意見もあります。
また、インスタントラーメンやジャンクフードなどを味の濃いものを好んで食べる食生活を続けると、子供でも生活習慣病になりやすいと言われています。

塩分摂取量の目安は?

では、具体的にどのくらいの塩分量なら大丈夫なのでしょうか?

厚生労働省によると、一日の子供の塩分の目安は

・3~5歳…4g未満
・6~7歳…5g未満
・8~9歳…6g未満
・10歳~成人…7g未満

がよいされています。
塩は、小さじ1杯で5gの塩分です。小さな子供の場合は、それだけで1日の塩分摂取量をオーバーしてしまいます。

スポンサーリンク

子供の偏食の治し方は?

もし、お子さまの塩分の量が気になるようであれば、一度食事内容を見直しておやつの内容も改善してみるのはいかがでしょうか?
たとえば、かつお節、昆布や煮干し、しいたけなどでだしをしっかりとって煮ものに使うとそれほど調味料は必要ありません。
ソースやマヨネーズの代わりにポン酢や手作りのドレッシングにしてみたり、もしくは使う量だけ小皿にとり子供に出してみる等工夫が必要です。

気をつけたいNG食習慣

①カップラーメンやインスタントラーメン

スープまで飲むと塩分が5g前後なので一回の食事にしては多すぎますね。
食べるならばスープは全部飲まないように気をつけてください。

②マクドナルドなどのファストフード

けっこう塩分が多いのですよ。
マクドナルドのハンバーガーの塩分量は、多いもので3.8gもありますし、チーズバーガーで2.1gあります。
加えてポテトも食べると、子供にとってやはりファストフードでの食事は塩分が多くなりやすいので、常食するのは避けたいですね。

スポンサーリンク

塩分を摂り過ぎないよう我が家で気をつけていること

①基本、ソースは使わない

我が家では大人はソースを時々使いますが、ポン酢を代用することが多いですし、
子供はソースなしで揚げ物を食べる習慣になっています。

②だしをしっかりとって調味料は少し

煮干しと昆布でだしをしっかりとって少量のお醤油で味を調えることが多いです。
お味噌汁は具だくさんの野菜やわかめを入れると少量のお味噌で十分味が整いますし、余計な塩分を身体の外に排泄してくれると言われているので我が家では毎日飲んでいます。

③スナック菓子は買い置きしない

スナック菓子は開けたら大人でもつい全部食べてしまうことが多いのではないでしょうか。
けっこう味がしっかりついているので全部食べると塩分をけっこう摂ることになります。
間食にスナック菓子を食べるのをやめるだけで一日の塩分量を減らせますね。
私は自分のためにも家族のためにもスナック菓子は買い置きしていません。

まとめ

子供が味付けが濃いものを良く食べると心配ですよね。
まずは、ママが食事の内容を見直してみることから始めてみてはいかがでしょうか?

偏食による栄養不足が心配なときは、健康補助食品の力を借りてみるのも1つの方法です。
「ひとてまい」は料理にプラスするだけなので、とってもお手軽♪
我が家でも愛用しています。
↓ ↓ 
ご飯を炊く時にサッとひとふりで栄養てんこ盛り!!



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事