梅雨にだるい理由と対策は?雨を楽しむレイングッズも紹介!

kumori4_R

梅雨の時期になるとだるくなったり頭痛や肩こりがひどくなったり…体調がよくないと感じた経験はありませんか?
今日は、その理由と対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

梅雨になるとだるい理由は?

交感神経がリラックスモードになるため

梅雨の時期は低気圧の影響で、身体が副交感神経優位(=身体がリラックスモード、お休みモードになる状態)になりやすいと言われています。
身体がお休みモードの状態でがんばろう!としても身体がだるいのでやる気が出ないのは仕方ありません。

体の不調が出やすい

低気圧の天気では、痛みを引き起こす炎症物資の分泌が多くなるので、頭痛、肩こり、腰痛がひどくなりやすいことも理由として挙げられます。
よく雨の日は頭痛などの体調不良が出たり、過去に怪我や手術をした傷跡が痛むと聞きます。それは、低気圧の影響で痛みを引き起こす炎症物資の分泌が多くなるからなのです。

梅雨 だるいときの対策

朝、室内エクササイズを10分する

梅雨の時期は身体がお休みモードの副交感神経優位になってしまうので、活動的になる交感神経優位な状態にするといいでしょう。
それには、適度な運動をすることです。身体を動かすと交感神経優位になるので、朝、ジムでウオーキングをする、家でスクワットなどをするなど、雨の日でもできる室内エクササイズをすると効果的。10分程度の短時間で効果があります。

冷たいものは食べ過ぎない

内臓が冷え過ぎてしまうと、自律神経のバランスが崩れてしまうのでNGです。
同様に、冷たい飲み物も摂り過ぎないよう注意しましょう。

おすすめの食べ物は豚肉!

豚肉には自律神経のバランスを調節するビタミンB1が豊富に含まれています。
疲労回復にも効くので、だるい時にこそ豚肉を食べてみてはいかがでしょう。

梅雨を楽しむレイングッズはこちら

理論はわかっても雨の日の外出は憂鬱なのには変わりません。
便利なレイングッズを使ってテンションアップもいいでしょう。ここでは、働く男性・女性におすすめの傘をご紹介します。

耐久性&撥水性に優れてる傘

楽天の傘の人気ランキングでは、16本骨などの丈夫なもの、撥水性効果が抜群な傘が上位にあります。
ビニール傘より長く使えますし、撥水加工がしっかりされていると、すぐ雨水が落ちてサッサとしまえるので便利ですね。
丈夫で大きな傘は何本あっても困りませんので、プレゼントにもおすすめです。

自動開閉折り畳み傘も人気!

ボタン一つで傘の開閉ができる自動開閉折り畳み傘も人気ですね。
自動的に閉じるので、片手に荷物を持って両手が使えない時や車に乗る時に片手で操作できるのでとても便利。
コンパクトなタイプが多いので、雨が降りそうなときに1本カバンに入れておくと安心ですね。

ユニクロの折り畳み傘

主人が使っていて良い評価をしています。値段が安いし、重さが250gで軽い。
なにより、撥水加工がしっかりしているので、傘を閉じて数回傘を振るだけで雨水が残らずにキレイに落ちるそうです。

まとめ

梅雨でも元気な人とそうでない人とでは、普段の体調面も考えられます。
自律神経のバランスを整えるために、軽い運動をしたり、食生活を見直してみたりなど日ごろから気をつけるようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事