部屋干しの匂いの原因と対策!洗濯物の生乾きの臭いを消す方法は?

sentaku_R

梅雨の時期は、外に干すことが出来ず部屋干しすることが多いですよね!

部屋干しすると必ずついてくるのが、部屋干し特有の嫌な臭い…。

何が原因で、あの匂いがするの?
どうにかならないの?

…と多くの主婦が悩んでいるのではないでしょうか?

そこで今回は、部屋干しの匂いの原因と対策をご紹介しましょう!

スポンサーリンク

部屋干しの匂いの原因は?

部屋干し独特のあの嫌な匂いの原因は何なのでしょうか?
まず、嫌な匂いの原因は、雑菌の繁殖によるものです。
洗濯したのに雑菌が残っているの?と思われるかもしれませんが、洗濯で落ちるのは表面の汚れだけ…小さな雑菌は残っています。
部屋干しなど湿度が高く、密閉された空間は、雑菌の繁殖にうってつけの環境!
梅雨の時期は温度もちょうどよく、温度と湿度が相まって雑菌が繁殖、部屋干しで生乾きしたときのあの臭いとなるのです。

部屋干しの匂い対策はこれ!

部屋干ししたら臭いが気になる…でも洗濯しないわけにはいかないし。
ということで、我が家が部屋干しするときに、臭いができるだけ付かないよう気をつけているポイントをまとめてみました。

小まめに洗う

洗濯をため込んでから一気に洗うよりも、少量でも小まめに洗うようにしています。
ため込んでいる間にも菌が繁殖しているのでそれを防ぐためにですね。
すぐに洗えない時は、濡れたもの(バスタオルなど)を広げて乾燥させておくだけでも違います!

洗剤に合わせて漂白剤を使う

嫌な臭いを消すために開発された洗剤を使ったこともあるのですが、我が家では特に変わらず…。
いろいろ試して最終的に行きついたのが『ワイドハイターEXパワー』という漂白剤。

特価になる事も多いので、毎回使用しています。

いい香りの柔軟剤を使う

洗剤、漂白剤に合わせて柔軟剤を使います!
今は良い香りのものが多く、汗や衣類が擦れた時にいい香りがするような柔軟剤もありますね。

扇風機、除湿器をかける

窓を開けると湿気も入ってしまいますし、中々空気がカラッとすることってないですよね。
そんな時は人工的にカラッとした空気を作っちゃいます。
干した洗濯物の近くに、新聞紙を丸めたり、広げておいておくと湿気を吸って早く乾きやすいです。

乾燥機にかける

我が家の一番の匂い消し方法が、コインランドリーを利用して乾かすこと。
お金がかかってしまいますし、物によってはかけられない物もありますが、乾燥機に乾燥機用の柔軟剤シートを入れて乾燥するととてもいい香りがついてフワフワになるので利用します。

洗濯物の生乾きの臭いを消す方法

部屋干しして乾かした後でも匂いが消えてないなど、生乾きの匂いがついてしまうこともありますよね。
洗濯物の生乾きの臭いを消すために我が家でやっていることをご紹介します。

洗いなおす

まず、思いつくのが洗いなおしですよね。
次の洗濯のときに一緒に洗うだけなので簡単なのですが、匂いが取れることもありますが、取り切れないことが多いことも多いです;;

漂白剤を使う

漂白剤に浸けておき、その後洗濯機で他のものと一緒に洗います。
靴下や旦那さんの肌着など匂いが取れにくいものは、洗面器に水をはり『ワイドハイターEXパワー』を入れて浸け置きします。

衣料用フレグランスを使う

急ぎの場合や応急処置的なもので衣料用フレグランスを使います。
ただ、時間が経つと良い香りは消えたり薄まりますし、嫌な匂いが勝つ場合もありますが。汗

洋服箪笥にアロマオイルを染み込ませたハンカチなどを一緒に入れておくと良い香りがついていいですよ。
アロマオイルは衣類に直接つけると色染みの原因になることもあるので注意しましょう!

まとめ

生乾きの嫌な匂いは多くの主婦の悩みの種ですよね。
雨の日が続き、折角洗った洗濯物からあの匂いがしたら気分もブルーに…。
洗濯洗剤と柔軟剤の組み合わせによってはかなり臭いが軽減できます!
こちらについては現在検証中なので、またご報告しますね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事