衣替えの臭いの原因はこれ!防虫剤の臭いの取り方は?害になる?

kusainioi1_R

衣替えで出した洋服が臭い…その原因と対策について。
アロマを使った手作り消臭スプレーの作り方もご紹介します。

スポンサーリンク

衣替えの臭いの原因は?

久しぶりに出す、夏服・冬服の臭いの大きな原因は2つあります。

まずカビの臭い
これは、カビが洋服に繁殖していると考えられます。おそらく、汚れがきちんと落とせていなかった、石鹸カスが残っていたなどが原因でしょう。
この場合、もう一度洗濯をすることでカビ臭さがなくなります。

もう一つは防虫剤の臭いです。
これは密閉された圧縮袋、衣装ケース、タンスは通気性が悪いのでどうしても防虫剤の臭いが服についてしまいます。
次の章で詳しく防虫剤の臭いの取り方について説明しましょう。

防虫剤の臭いの取り方

風通しがいいところで1日ハンガーにかけておく

我が家では、まず防虫剤の臭いがする洋服は風通しがいいところに置いておきます。
太陽の光で色あせをしてしまうのを防ぐため天日干しはせずに日陰干しをしています。だいたいの洋服は1日で臭いが取れます。

アロマ消臭スプレーを使用

上記の方法をしても臭いが残っている場合は、アロマスプレーを吹きかけてもう一日、日陰干しするか、もう一度洗濯をします。

きつい防虫剤の臭いを撃退!アロマの消臭スプレーの作り方

【用意するもの】
●消毒用エタノール
●精製水
●アロマオイル
●スプレー容器(100均のものでOK!)

消毒用エタノール、精製水はドラッグストアで購入できます。
アロマオイルは100均で売られているものでなく、純正のものを使いましょう。
消臭効果があるのは、ラベンダー、ティーツリー、ペパーミントです。

【作り方】
①スプレー容器に、消毒用エタノール: 精製水を1:5の割合で入れます。
②アロマオイルを2,3滴入れてよく混ぜあわせて使います。

急ぎの時はアロマの消臭スプレー+スチームアイロン

明日、どうしても着ないといけない洋服は、アロマの消臭スプレーを吹きかけて、ハンガーにかけて数時間風通しのいいところに置いておきます。
それから、スチームアイロンを当てると防虫剤の臭いがやわらぎますよ。

スポンサーリンク

防虫剤は人体に有害なの?

衣替えで洋服を出すと防虫剤の臭いがキツイですし、目が痛くなるので身体が本能的に防虫剤は有害だと教えてくれているのだと判断しています。無臭の防虫剤がありますが化学薬品なので無害だとは言えません。
我が家では、アロマオイルをコットンに数滴垂らして防虫剤代わりに使うようにして、上質のセーターやオシャレ着は長く愛用したいので天然成分の防虫剤を入れています。
しかし、しっかり防虫剤を使って衣服を守りたいのであれば、それはそれでいいと思うので、ご自身の判断が大切になるでしょう。

通販で人気の天然成分の防虫剤です。

まとめ

繰り返しになりますが、衣替えで出した洋服がカビ臭くなるのを防ぐために、収納する洋服は、洗剤や石けんかすが衣服に残らないように洗濯しましょう。また、防虫剤臭い時は陰干しで臭いがほぼとれるので試してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事