むくみの原因の1つ食べ物!糖質制限でむくみ解消した私の体験談

私もかつてはむくみにかなり悩んでいました。マッサージに行ったり、加圧靴下を履いたり…
そんな私ですが、糖質制限をすることでむくみが解消できたのです。
食べ物によってむくむ原因とおすすめむくみ解消レシピを私の体験談を交えながらご紹介します。

スポンサーリンク

むくみの原因は食べ物によっても引き起こされる!

asiyu2_R

むくみの原因といえば、運動不足や冷え性、水分の摂り過ぎなどを思い浮かべるかもしれません。
ですが、実は食べ物もむくみに大きく影響するのです。
ある2つの栄養素が不足するとむくみやすくなってしまいます。

不足するとむくみやすくなる食べ物

タンパク質

血管の外に細胞がたくさんあるとイメージしてみましょう。
タンパク質は血管の中を流れて行きます。
そのタンパク質は細胞に染み出ている水分を血中に引き込む役割をするのです。
もし血中のタンパク質が少ないと血管から細胞に水分がどんどん染み出て行ってしまって、細胞と細胞の間に水が溜まってむくんでしまいます。

ビタミンB1

ビタミンB1は老廃物を代謝する時にたくさん使われます。
しかし、このビタミンB1が足りないと細胞に染み出て行った水に老廃物が溜まってしまって、細胞と細胞の間が膨らんでむくんでしまいます。

糖質制限でむくみが解消される理由は?

糖質制限の食事にするということは、高タンパク、高脂質な食事(お肉や魚、豆腐がメイン)になります。
ということはタンパク質はばっちり摂れますね!
そして老廃物を代謝してくれるビタミンB1は特に「豚肉」に多く含まれています。
牛肉、鶏肉、魚、豆腐、納豆にもビタミンB1は含まれていますが豚肉と比較すると少量です。

むくみ解消おすすめレシピ:「玉ねぎ入り豚の生姜焼き」

豚肉は、むくみを解消するタンパク質、ビタミンB1が豊富に含まれており、玉ねぎと一緒に食べることで、玉ねぎに含まれる硫化アリルという成分がビタミンB1の吸収を助けてくれます。
しょうがは、発汗作用があるので体内の余分な水分を外に出してくれる役割をします。

スポンサーリンク

【材料】2人分
・豚肉 200g
・しょうが ひとかけをすりおろす
・たまねぎ 1個
・醤油 大さじ1
・みりん 大さじ1

【作り方】
①玉ねぎは食べやすい大きさに切る。
②フライパンに油を引いて玉ねぎを弱中火で炒める。
③玉ねぎに火が通ったら、豚肉を入れて炒め合わせる。
④豚肉の色が変わったら一旦お皿に取って、空いたフライパンに生姜と醤油、みりんを入れて弱火で熱する。
⑤フライパンの中の調味料が温まったら、お皿に取った玉ねぎと豚肉を再びフライパンに戻して調味料とからめる。

玉ねぎ入り豚の生姜焼きは3日連続夕食に食べたことがあります。
溶き卵を最後にいれてアレンジして飽きないように工夫しましたよ。
玉ねぎ入り豚の生姜焼きを食べ続けて3日後、人生で一番むくみがすっきりした!!と実感したのです。

糖質制限でむくみを解消できた私の体験談

むくみになやんでいた頃の私は、夕方になると指輪をはめている指がむくんで指輪が取れにくかったですし、ヒールがあるパンプスがきつかったです。
マッサージに行って施術を受けた日はむくみはすっきりするのですが翌日はむくんでしまっていました。
あと『寝ながらメディキュット』を履いていましたが、実感できる効果はありませんでした。
今振り返ると、朝は朝食抜き、仕事が忙しいとランチはおにぎり一個だけ…という時が多かったので、一日に摂るタンパク質が足りていなかったのでしょう。
糖質制限に出会ってお肉を以前より食べるようになりました。
特に先ほどご紹介した豚肉の生姜焼きは私にとっては効果てきめんでしたね。
それから現在に至るまでむくみに悩んでいません。

まとめ

糖質制限をして特に豚肉を食べるとむくみは解消しやすいと私の体験から言えます。
続けて豚肉を食べるのは出来ないかもしれませんね。
それなら私のように夜だけ、もしくは1日おきになら食べれるのではないでしょうか。
飽きないように調味料を変えたり、合わせる具材を変えてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事