糖質制限を夜だけやってみた!私が感じた効果とポイント教えます!

糖質制限は夜だけやっても効果があるのでしょうか?
実際にやってみた効果と、効果的に行うためのポイントと注意点をまとめました。

スポンサーリンク

糖質制限は夜だけでも効果あるの?

onaka_R

実際、夜だけ糖質制限をやってみたことがありますが、夜だけ糖質制限をしても効果は出ました。
夜に糖質を食べると消費できない糖は肝臓に脂肪となって溜まってしまいますが、夜に糖質制限をすることでこれが防げます。
また、夜糖質を食べないで腹八分目に抑えた食事にすると、朝スッキリ目覚めることができました。
夜だけ糖質制限なら簡単にできますし、長続きすると思います。
私が夜だけ糖質制限をしたときに、気をつけたポイントと注意点をご説明しますね。

糖質制限を夜だけやるときのポイント3つ!

ストレスにならないところからスタート

もし夜だけでも毎日ずっと糖質制限するのはできなそうなら、まずは週2、3回夜に糖質制限をする日を決めて実践してみよう。
ストレスになってしまったらつらいですものね。
ストレスを感じると脳のホルモンバランスが乱れて代謝が落ちてしまう、という研究報告があるのですから、ゆるーくはじめることをおススメします。
ストイックに毎日できる、やってみる!という方は頑張ってトライしてみましょう。

しっかり高タンパク質+野菜を食べる

しっかり高タンパク質(お肉や魚、豆腐など)を食べると満足感が得られます。
お肉なら120gを目安に食べてみてください。
まず一口目にたんぱく質の消化を助ける野菜(生野菜)を少量食べるといいですよ。
私は、ミニトマト、レタス、キャベツなどにドレッシングをかけて食べています。

良く噛んで食べる

良く噛むと唾液がたくさん分泌されて消化がいいですし、翌朝胸やけした感じはないです。
そして、よく噛むと若返りホルモンがでるので嬉しいですね。

スポンサーリンク
夜だけ糖質制限をするときの注意点

お酒を飲んでもOKですが、ビールは糖質が高いので控えてください。
飲むならグラス半分、それができないなら糖質制限中はビールなし!
ワイン、焼酎、ブランデー、ウイスキーは糖質が低いのでOK。
くれぐれも飲み過ぎないように気をつけてくださいね。

糖質制限を夜だけやってみた(私の体験談)

夜だけ糖質制限をするにあたって、ストイックにならないようにつらいと感じないように気をつけました。
ホルモンバランスが乱れると代謝が落ちますし、お肌にもよくないですからね。
もし夜にご飯を食べるとしたら白米ではなく雑穀を混ぜたもので、お茶碗半分にすること。
これを守って夜だけ糖質制限を週3回やっていました。
夜だけ糖質制限を3日続けると、なんと、「むくみ」が少なくなったのです!!
糖質制限の食事をはじめる以前は、夕方になると指輪をしている指がむくんで指輪が外しにくくなっていましたし、ヒールのパンプスがきつかったです。
しかし、糖質制限をしていくうちに、それらの悩みが解消されました。

>>【関連】むくみの原因の1つ食べ物!糖質制限でむくみ解消した私の体験談

まとめ

糖質制限を夜だけやっても私の経験から効果があると言えます。
その場合、無理なさらずにゆるーく実践してくださいね。
夜、お付き合いで飲みに行く時でも糖質制限はできます。
むしろ居酒屋は糖質制限なおつまみが豊富です。でもビールは控えてくださいね。
繰り返しになりますが、夜だけ糖質制限の食事は、まず生野菜を食べて、高タンパク質なお肉お魚を良く噛んで食べてください。
体重が減った!といった目に見えてのすぐの変化は見えないかもしれませんが、続けていくと1カ月位で嬉しい結果が出てくるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事