糖質制限でリバウンドする原因は?防止するための対策5つ!

糖質制限を続けていく自信がなくて、糖質制限をやめたら一気に体重が増えてリバウンドしてしまった…
こんな悩みをお持ちではありまんか?
今回は糖質制限をやめてもリバウンドしない方法をお伝えします。

スポンサーリンク

糖質制限をやめるとリバンドしてしまう原因は?

daiet_R

私の経験上、糖質制限を辞めても体重は急激に増えた事はありません。
リバウンドしてしまうならば、それは「食事の内容」に問題があるのではないでしょうか。
では、次の質問に答えてみてください。

  • 朝から夜まで、おやつも含めて何を食べたか書き出してみましょう。
  • ご飯、パン、麺類、そしてデザート、おやつに食べた糖質をマルで囲ってみてください。
  • 糖質が高い食事をして、糖質いっぱいのデザートやおやつを食べませんでしたか?

過剰な糖質摂取をすると必ず太ります。
糖質を食べると血液中に糖分が行きエネルギーになりますが、消費されなかった糖分は中性脂肪に変わって蓄えられてしまいますからね。
糖質制限を辞めたからといって、糖質のドカ食いをしていたら体重は増えるので、「何をどのくらいの量を食べるのか」気をつけてくださいね。

糖質制限でリバウンドを防止するための5つの方法

食べる順番に気をつける

最初に野菜、たんぱく質を食べ、最後に糖質(お米、パン、麺類)を適量食べましょう。
お腹がすいている状態で糖質を食べるとたくさん食べてしまうと思います。糖質を最後に食べれば、たくさん食べるのを防げますね。
また、最初に食物繊維を食べておくと、腸で食物繊維が糖の吸収を防いでくれます。

スポンサーリンク
食事日記をつける

一日、どれくらい糖質を食べたかを書き出してみてください。
糖質の食べ過ぎなのか、反省することが出来るでしょう。    

カレンダーや手帳に体重を記入する

毎日、決まった時間に体重を測って、カレンダーや手帳に書き込んでみましょう。
「体重が知らない間に増えていた!」なんてことを防げます。

食べたらまず散歩か家事をして身体を動かす

消費カロリーが食べたもののカロリーと同じ、消費カロリーの方が多ければ、ぜったい太りません。
食後は食卓の後片付けをしたり、散歩に出かけてカロリー消費をしましょう。
オフィス勤務であれば食後、おそうじなどして身体を動かしてみてください。

モチベーションを保つ

上記4つの方法は私が実際に行っていることです。
この他に、糖質制限をされている方のブログを読んだり、SNSで糖質制限のグループのコミュニティに参加したりしてモチベーションを維持するようにしています。

まとめ

繰り返しになりますが、糖質制限をやめても体重をキープするには、「糖質を食べ過ぎないこと!」です。
ご自身がどれだけ一日のうち糖質を食べているか書き出すなどして目で確かめるのは大切です。
過去に、私も糖質制限をやめて元の食事に戻したことがありましたが食後すぐ眠くなってしまうので、現在はゆる~い糖質制限をして体重をキープしています。
あなたもご自分に合う体重をキープできる方法を見つけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事