暑中見舞いの結婚報告への返信を残暑見舞いでする際の文例(友人向け)

昔の友人から暑中見舞いも兼ねた結婚報告のはがきが届いた!
久々に届いた友人からのはがきが嬉しくて返信したい。
でもこういう場合、返信するべきか、するならどうやって返信するかなど疑問が出てきますね。
今回は、暑中見舞いの時に友人から結婚報告が届いた時の返信方法についてご紹介します。

スポンサーリンク

暑中見舞いで結婚報告を受けたら返信はどうする?

paper_plane_hires_R

友人から結婚報告のはがきを受け取り返信したいけどどうしよう?
普通こういう時、みんなはどうしているのか気になりますね。
一般的には結婚報告のはがきが届いても、ほとんどの人が返信しません。
ですが、今はあまり交流のない友人から知らせが届いたら嬉しくて返信する人も中にはいます。

暑中見舞いに届いたのであれば、残暑見舞いとして返信するのも良いですね。
返信が返ってくると相手にも喜ばれますし、近状報告も兼ねてするのも良いですね。

暑中見舞いの返信を残暑見舞いでするときのポイント!

暑中見舞いに届いたはがきの返信を残暑見舞いでする場合、どのような点に気をつけて書けばよいのでしょうか?
送る時期や内容など書く時のポイントをまとめてみました。

残暑見舞いで返信したい。送る時期は?

立秋から処暑(8月7日頃~8月末)と言われています。
立秋に入るまでは暑中見舞いになります。
暑中と残暑で出だしの文章が変わってきますので注意しましょう。

残暑見舞いは、立秋を過ぎても夏の暑さが残っているが体調など変わりないか相手を気遣い送るものです。
季節の言葉を使って文を作ります。

季節の挨拶文を入れよう!

残暑見舞いの文の始まりは季節の挨拶文から始まります。
残暑見舞いは、夏の暑さが残っていることなど暑さにちなんだ言葉を挨拶文にすることが多いです。
「立秋が過ぎましたがまだまだ暑い日が続き…」「朝夕は過ごしやすくなりましたが…」などが季節の挨拶文ですね。
今回の場合は結婚報告のお祝いがメインになってきます。
人によって挨拶文が先かお祝いの言葉が先か様々です。

スポンサーリンク

暑中見舞いの返信文例 友人向け

①残暑見舞い申し上げます。
残暑厳しい今日この頃、いかがお過ごしでしょうか?
先日は結婚報告のはがきを頂きありがとうございます。
遅くなりましたが、ご結婚おめでとうございます。
文面から幸せな気持ちがヒシヒシと伝わってきました。
これからも二人仲良く末永い幸せをお祈り申し上げます。
まだまだ暑い日が続きますが、お体を大切にお過ごしください。

②残暑御見舞い申し上げます。
朝夕は過ごしやすくなりましたが、日中はまだまだ暑い日が続きますね。
体調などお変わりないでしょうか?
この度はご結婚おめでとうございます。
幸せそうなお二人を見て喜びも一入(ひとしお)のこととお察し申し上げます。
これからは共に手を取り合い末永くお幸せにお過ごしください。
朝夕の気温差で体調を崩されませんようご自愛ください。

③この度はご結婚おめでとうございます。
結婚の知らせを頂き驚きと同時にとても嬉しく思います。
これからは二人で新たな人生がスタートしますね。
いつまでも幸せに過ごせますように心よりお祈り申し上げます。
立秋を過ぎても暑さが残りますが、体調など崩されませんようお過ごしください。

文の最後は相手の身体を思いやった言葉で締めくくりましょう。
お祝いの言葉と季節の言葉(残暑、厚さや立秋など)は必ず入れること。
はがきも明るい色のものを選ぶとめでたい気持ちがより表せますね。
こちらの例文をアレンジし、近況報告したり、もう少し砕けた感じで書いても大丈夫ですよ。

まとめ

文の始まりが季節の挨拶文の人もいればお祝いの言葉で始める人も。
私の場合、季節の挨拶文から始める方がスマートでいいように思うのですが、中にはお祝いが先という意見もありますね。
どちらにしても返信を受け取った人は喜んでくれるので出すことに意味があるのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事