布ナプキンの洗い方!洗濯機で柔軟剤はNG?つけ置きの臭い対策もご紹介!

布ナプキンって洗濯するのが大変そう、と思っているあなた。
初めての方でも簡単に洗濯できる方法と気になる臭い対策についてお伝えします。

スポンサーリンク

布ナプキンの洗い方

【準備するもの】
・バケツ
・セスキ炭酸ソーダ、アルカリウオッシュ
・水かぬるま湯(30℃以下)

【洗い方の手順】
①バケツに水を入れてセスキ炭酸ソーダ(もしくはアルカリウオッシュ)を入れて溶かし、使った布ナプキンを入れてつけ置きします。
②つけ置きした布ナプキンの汚れを流水で洗い流します。
私はお風呂に入った時に、お水で手洗いしています。
③汚れが落ちたら、そのまま干してもOKですが、念のため洗濯機で洗います。
④洗ったら、天日干しをしてしっかり乾かしましょう。太陽光には殺菌効果がありますよ。

洗い方のポイント
過去、重曹や石鹸で付け置きしたり、石鹸だけでゴシゴシこすったこともありましたが、よく落ちませんでした。
重曹は非常に弱いアルカリ性で、血液を落とすには力不足。
セスキ炭酸ソーダ(アルカリウオッシュ)は弱アルカリ性で血液を落とすのに最適です。
つけ置き時間はどのくらい?

軽い汚れなら、30分~1時間のつけ置き。ひどい汚れは、一晩つけ置きするといいでしょう。

熱いお湯につけた方が汚れが落ちる?

30℃以上のお湯につけ置きすると、血液が固まってしまうため、お水かぬるま湯につけ置きしましょう。

つけ置きしないとどうなるの?

水に浸して石けんでゴシゴシ布ナプキンを洗っても汚れは落ちません。
まずは、「セスキ炭酸ソーダ(アルカリウオッシュ)を入れたお水につけ置きする」こと。
この一手間で、後の汚れ落としがとても楽になります。
私は布ナプキンを使い始めた頃、つけ置きを省いてゴシゴシ最初から洗っていたので、汚れを落とすのに毎回苦労していました。

スポンサーリンク

布ナプキンの洗い方 洗濯機はどう?

布ナプキンも洗濯機で洗えます。気になる場合は、布ナプキン単独で回してもいいでしょう。
このとき注意点としては、柔軟剤入り洗剤を使わないこと。
香りや肌触りを良くするため、使いたくなるかもしれませんが、柔軟剤は撥水性効果があるので、月経の血液を吸収する布ナプキンには使わない方がいいでしょう。
布のゴワゴワが気になる場合、クエン酸(お酢やレモンに含まれる酸)を入れた水ですすぐと柔らかくなりますよ。
また、干す時に、手でアイロンをかけるようにシワを伸ばすようすると、乾いたときにゴワゴワ感が気になりません。

布ナプキンのつけ置きの臭い対策は?

私はつけ置きする時に、セスキ炭酸ソーダと共にアロマオイルを2、3滴水に垂らします。
お気に入りのアロマオイルは、オレンジ(気分を上げてくれる)、ティーツリー(殺菌作用がある)、ラベンダー(リラックス効果があり落ち着く)です。
アロマオイルを加えると、一晩つけ置きしても、水の腐敗を防いでくれますので、臭いが気になることはありません。

まとめ

布ナプキンの洗濯は、やってみるととても簡単です。つけ置きする時に、その時の気分でアロマオイルを選ぶのも楽しみになると思います。
ぜひ、セスキ炭酸ソーダを入れてつけ置きしてから洗うのを試してみてください。
きっと簡単に汚れが落ちるのを実感できるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事