夏バテで痩せる?アイスの食べ過ぎは逆効果!解消レシピも紹介!

暑くて食欲がない…これって夏バテ?
でもこのまま食欲がなければ夏バテで痩せることができるんじゃない!?
だったらラッキーかも♪
なんて思っている方、いませんか?
夏バテで痩せることもあれば、太ることもあります。
どんなときに痩せて、どんなときに太るのか?
今日は夏バテとダイエットについてお伝えします。

スポンサーリンク

夏バテは痩せるとダイエット的にはラッキー?

dog625_R

夏バテで痩せる原因は?

夏バテになると脂っこいものが食べれなくなったり、食欲がなく小食になったり。食事量が減ると体重が減るのは至極当然ですよね。
ここで気をつけないといけないのは、栄養バランスが偏り、栄養不足で痩せているということです。

夏バテでの痩せ方は?

夏バテによる減量は、健康的な痩せ方ではなく、やつれた痩せ方ですよね。胸などの落ちて欲しくない部分も痩せこけてしまいます。
10キロも痩せた人は、生理不順や常に重だるい倦怠感など体にもよくありません。

夏バテで太る場合も…

のど越しの良い冷たい麺類を食べる機会が増えたり、暑さを避けて家の中でダラダラしたり…
外に出るのが嫌になれば、自然と運動不足にもなりますよね。
アイスを食べ過ぎたり、中にはご飯は食べる気がないからお菓子で済ませる人も多いのでは?
アイスやお菓子を食べると、量は少なくてもカロリーは高く、夏バテで食欲がないのに逆に太ってしまうこともあります。

また、食事がまともに取れていなかった反動から、食欲が戻るとこれまで以上に食べると、体がもっと栄養を取ろうと食欲が増し、あっという間にリバウンド!元の体重に戻ったり、逆に増えてしまうこともあります。

「食欲がない」「だるい」「しんどい」など夏バテの症状が出たら、ダイエットはストップです。少量でも栄養のあるバランスのよい食事を摂るようにしましょう。

アイスの食べ過ぎも夏バテの原因だった!

暑い日に無性に食べたくなるのがアイス…
口当たりも良く冷たいのでついつい食べてしまいますよね。
ですが、アイスの食べ過ぎが夏バテを招く原因になってしまうんです!

スポンサーリンク

アイスの食べ過ぎが夏バテを引き起こす理由

空腹が満たされ食欲がわかない

食欲が落ちている時にアイスを食べるとそれだけでお腹が満たされ必要な栄養を取る前に満足してしまいます。

栄養不足になってしまう

食欲がわかなくなると、食べないことで採るべき栄養が取れなくなりますね。
その結果栄養不足になり夏バテしてしまいます。

ビタミンB1を大量に消耗してしまう

アイスの糖分は糖質をエネルギーに変える働きをしてくれるビタミンB1を大量に消耗してしまいます。
エネルギー生産のために必要なビタミンB1が不足してしまうと体内のあらゆる活動が低下してしまい夏バテを起こす原因になります。

ビタミンB1を多く含む食材

・豚肉全般
・生ハム、ハム
・豆腐
・のり
・きな粉
・ごま
・鮭
・たらこ
・かつおぶし
・大根の漬物(ぬか漬け)
・きゅうりの漬物(ぬか漬け)

これらを食事の中に取り入れましょう。
ビタミンB1は、クエン酸と一緒に摂るのが効果的。
クエン酸は、レモンやお酢、梅干しなど酸っぱいものに多く含まれます。

夏バテ解消におすすめのレシピ!

夏バテ解消に効果的なビタミンB1を多く含んだ我が家の簡単レシピをご紹介します。

豚肉と豆腐のスタミナチャンプル

(材料)3人分
・豚ばら肉 150g
・木綿豆腐 1丁
・ニラ 1/2束
・卵 2個
・塩 適量
・胡椒 適量
・油 大さじ1

(作り方)
①ニラと豚肉を3㎝幅に切る。
②木綿豆腐を手で大き目にちぎりキッチンペーパーで水気を切る。
③フライパンに油を入れ豚肉がカリカリになるまで強火で炒める。
④火を中火にして豆腐を加え炒めたら、ニラを加える。
⑤塩、胡椒で味を調える。
⑥溶き卵を加え、炒めたら出来上がり!

塩胡椒のあっさりした味付けなので食欲のない夏バテ中でも美味しく食べれます。
溶いた卵は一緒に加えて炒めても、別のフライパンで炒めてもどちらでもOK!
木綿豆腐はしっかり水気を切ってから炒めましょう。

まとめ

夏バテ中のダイエットは、一見体重が落ちて効率がいいように思いがちですが、栄養不足やリバウンドの危険もあります。
身体にも悪いのでダイエットをするのは夏バテ時は避けて健康になってからにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事