夏はシャワーだけの方へ!夏バテ対策にもなる風呂の入り方

夏はシャワーだけの方、疲れとれていますか?
夏バテ予防・対策にもなるオススメのお風呂の入り方を紹介します。

スポンサーリンク

夏シャワーだけでは疲れがとれない

aroma2_R
暑いのでついつい、シャワーだけで済ませてしまっていませんか?
私も独身時代は、 1年中シャワーの生活でした。
シャワーは高熱費を節約にもなりますが、汗を流すことはできても、ふくらはぎがむくんだままとか、肩こりが取れないとかなんとなく入っているだけでした。
でも実家に帰って、湯船につかる生活をするとあらビックリ!
仕事の疲れ(実家は農家)が取れるのです。
入浴のときが暑いので、お風呂からあがった後はエアコンで部屋を涼しくしなくても充分涼しいと感じます。
だから寝る時も、ぐっすりと眠れるんですよね。
毎日湯船につかる事は無理でも、お休みの日など湯船につかってみてはいかがでしょうか?

夏バテ対策に風呂がいいって本当?

実は、湯船につかることで夏バテ対策にもなるのです。
ぬるめのお風呂につかると、ゆったりした気分になる副交感神経が活発になり、リラックス効果が得られます。
上昇した体温が下がる時に眠りにつきやすくなりますので、寝苦しい夏の夜でもスッと寝やすくなりますよ。
良質な睡眠をとることで暑い夏でも免疫力が下がりにくく、夏バテ防止になるのです。

スポンサーリンク

夏のお風呂の入り方

暑い夏のお風呂は、ぬるめの温度でゆっくり入る方がリラックス効果が高いです。
ゆっくり入ることで血流が良くなり、肩こりやむくみ腰痛などの疲れが解消できますし、汗をかくことでスッキリします。
温度は、38℃~40℃未満のぬるめの温度で20分程度浸かります。おすすめは半身浴。お風呂に入る前にコップ1杯の水を飲んでから入ると、発汗しやすくなります。

目的別の夏のお風呂の入り方

足のむくみを解消したい

デスクワークや立ち仕事で、足がパンパンにむくんだときは、湯船の中でふくらはぎをやさしくマッサージします。足首を曲げたりそらしたり、くるくる回すのも効果的です。

冷え性を改善したい

夏でも足のつま先やふくらはぎが冷たいという方いませんか。
お風呂から上がる前に、足首、そしてふくらはぎを冷たいシャワーで流します。冷たい水をかけたら、冷えてしまうのでは?と心配になるかもしれませんが、大丈夫。
熱い→冷たいを感じることで血行が良くなり、お風呂から上がったともポカポカです。

リフレッシュしたい

ゆっくり半身浴をするなら、香りの出る入浴剤やアロマキャンドルなどで雰囲気を楽しむのもよいでしょう。
私のオススメはお風呂に浮かべるタイプのアロマキャンドル。

友人がプレゼントしてくれたのですが、いつもと違う雰囲気を楽しめます。

夏のお風呂のおすすめの入浴剤

我が家は夏の暑い日はクールタイプの入浴剤(バブ)を入れています。
湯船に浸かると身体がスースーしますし、お風呂上がりも汗をかきにくい気がします。
主人にいたっては、夏はシャンプーやボディソープもメントールのクールタイプです。

おわりに

夏でも湯船に浸かることは女子力向上にも欠かせません。
夏はクーラーや冷たい飲み物・食べ物で思った以上に身体が冷えて血行が悪くなり体調だけではなく肌の免疫力を低下させて吹き出物や肌荒れの原因にも…。
ゆっくり湯船に使って、心も体もリフレッシュ!暑い夏を乗り切りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事