食パンのカビは食べれる?危険性や冷蔵庫での保存の注意点!

食パンを食べようと取り出したらカビが生えていた。
お姑さんは「カビを取り省けば食べられる。」と言うけど、これって本当に食べてしまって大丈夫なんでしょうか?
そこで今回は、食パンのカビは食べられるか?その危険性について考察します。

スポンサーリンク

食パンのカビは食べれるの?

syokupan_R

まず食パンに生えるカビはどうやって生えて、食べるとどうなるのかについてみてみましょう。

食パンにカビが生える条件

・25~30度の室温環境
・湿度が80%以上
・密着・密閉状態で風通しが悪い
・カビが繁殖する栄養がある所
・特に春~夏の時期

カビは空気中をタンポポの綿毛のように漂っています。
どんな生活環境の場所でも漂っていて、発育環境の整った所が見つかると付着して芽を出し急速に増殖するんですね。
またカビは1種類ではなく色々な種類が生活環境の中を漂っています。

食パンのカビはどんなカビ?

カビには色々な種類があると説明しましたが、食パンに発生したカビの種類で害が違ってきます。
カビといえばブルーチーズなどのように無害のカビもありますが、毒性を持ったカビもあるんです。
実は、無害のカビより体に悪い病原性のあるカビの方が圧倒的に多いです。
また、1種類ではなく何種類ものカビが増殖していて目で見えている部分以外にも潜んでいる可能性が…
カビには目に見えている色の付いたカビと目立たないカビがあります。

食パンのカビに毒がある場合

・熱を通しても毒は消えない
・アレルギーを引き起こす
・腹痛
・嘔吐
・熱が出る
・下痢…etc

カビの菌自体は60~70度の温度で死滅しますが、カビの毒は消えません。
オーブントースターの最高温度で焼いたとしても毒はなくならないので、熱を通せば食べられるということではないのです。
また色のついた所ばかりがカビの繁殖した部分と言うことではありません。
カビが生えた食パンはもったいないように感じますが、健康面を考えると食べない方がいいですね。

パンのカビの危険性をわかりやすく伝えるには?

カビの危険性がわかってから、私もカビの生えたパンは食べなくなりました。ですが、姑さんの世代は「カビのところを取り除けば大丈夫」という人も多く困ってしまいます。
カビを生やさないようにできれば1番よいのですが、もし何かの食品にカビが…となってしまったとき、角の立たない伝え方ができたらいいですよね。

我が家のお姑さん説得術

お姑さんに意見するときのポイントはこちらです、

全否定はしない

カビを食べるのは絶対ダメ!とストレートに言ってしまうとムッとしてしまいます。
余計に「そんなことはない」と機嫌を損ねて理解してもらえなくなるので、まずは共感しましょう。「私も昔は食べたことあったのですが」など。

スポンサーリンク
具体的な実例を伝える

「○○さんから聞いた話なんですが…」「この前見たテレビで言っていたんですが…」など
自分から情報を発信するより他の実例を話す方が、受け入れられやすい傾向があります。

この2点を踏まえたうえで我が家のお姑さん説得例は…

「私もカビは生えても食べれると思ってたんですが、この間○○さんのお子さん(又は幼稚園の同級生の子)がカビの食パンを食べてから吐いたりお腹を下して大変だったそうなんです。
お医者さんにも叱られたようで…
昔に比べカビも毒性のあるものが増えていてカビに対する免疫力も低下しているから
安易に食べないようにと注意されたんですって。」

ポイントを踏まえて話すと、聞き入れてくれやすいですよ。

食パンを冷蔵庫で保存するときの注意点

食パンの保存は常温で置いておくと梅雨時や夏の暑い日はカビが発生しやすいです。冷凍保存が本当はよいのだろうけど、カチカチになっちゃうし、冷凍食品がいっぱいで入らないときもありますよね。
冷蔵庫の保存なら温度と湿度が下げられるし良さそうですが、注意点もあります。
カビ対策にはよいのですが、冷蔵保存は時間が経つとパンがパサパサになって硬くなってしまったり、風味が損なわれ、冷蔵庫内の臭いが付いてしまうことも…。
すぐに食べるならよいのですが、長期間の保存は避けた方がよいでしょう。

食パンを冷凍保存で美味しく食べるコツ

もし、冷凍庫に余裕があるなら迷わず冷凍がおすすめです。
パン屋さんが教えてくれた食パンの保存方法は、食パンを1枚ずつ真空パックに入れて冷凍保存すること。カビも防げて一枚一枚美味しく食べれるんだそうですよ。
同様の方法で、アルミホイルに包んで冷凍する方法もありますね。

我が家では、1枚ずつ手間をかけるのは面倒だし、真空パックももったいないので、買った時の袋そのまま冷凍庫に入れていることが多いです。
でも冷凍保存すると部分的なぱさつきが気になりますよね?
それを防ぐために、焼く前は水を入れた霧吹きでシュッシュと表面を少しだけ湿らせます。この一手間をかけることで、冷凍独特のパサつきがなくなり、ふっくらトーストの出来上がり。
ぜひ試してみてくださいね。

まとめ

カビはどんなに掃除された場所でも空気中を漂っています。
カビの栄養や発生条件を満たせばすぐにカビは増殖し始めます。
夏の暑い日は未開封の食パンであっても3日ほどでカビが発生してきます。
食パンにカビが発生してしまうのを防ぐためには、暑くて湿気の多い所に長時間放置しないことですね。
また、窓を開けて室内の空気を入れ替えるなどカビにくい環境を作りましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事