女性は満月を見てはいけない?出産の統計は?影響はあるの?

女性は、満月を見てはいけないと聞いたことはありませんか?
迷信では?と思っていも、月には神秘的な力があるような気もしますよね。
なぜ、満月を見るのはよくないと言われるのか、その理由や科学的にどうなのかをまとめました。

スポンサーリンク

女性は満月を見てはいけないという言い伝えがある

moon2_R

世界各地に伝わるいろいろな満月の言い伝え

・女性は一人で満月を見てはいけない
・満月を見ると妊娠するから見てはいけない
・満月の日に妊婦が産気づく
・満月の夜は凶悪な殺人事件が増える
・満月を見ると女性はネガティブな考え方になる
・満月の日は生物の成長が活発になる

満月が人に与える原因には諸説ありますが、満月の日は最も月の引力が強くなる日と言われています。
引力により人間の血液や体液が引っ張られ影響を受け神経が活発に働くことで、精神や体調に変化をもたらし影響を及ぼすという考えもあります。

また、日本の言い伝えにはその行動を止めさせるために迷信で伝わることが多いんです。
日本の場合、「女性が一人で満月を見てはいけない」と言われますが、これは夜一人で女性が歩いていると危ないと言うことを伝えるためとも考えられます。

出産と満月との関係 統計によると…

「満月の日に妊婦さんが産気づく」と昔から言われていますし、ウミガメの産卵も満月と言われていますが、本当に満月が影響することはあるのでしょうか?

お産は、赤ちゃんの脳から母体に伝えられるホルモンがきっかけで始まると言われています。
つまり、満月の引力で血液や体液に影響があり、神経が活発化されホルモンに何らかの影響を与えることで産気づくきっかけを作るのかもしれませんね。
また、陣痛の痛みが和らぎお産がスムーズになるとも言われています。

しかし、統計学によると満月の日に出産が多いという結果は出ていません。
医療関係者の証言も、満月の日の出産は強く記憶に残るから、件数が多いように感じるのかもしれませんし、噂によって満月の日に出産が多いと言うイメージがついた可能性もあります。
また、「満月の日に産気づく」「満月の日はお産がスムーズにいく」ということを信じることがマインドコントロールになり、結果お産や安産に繋がっているのかもしれません。

スポンサーリンク

満月が女性に与える影響とは?

満月が女性に与える影響は、科学的にはまだ証明されていませんが、満月になると何らかの体の変化を感じている女性も多く、私もそのうちの一人です。
一般的に言われている、満月が女性の体に与える影響はこちらです。

満月の日に女性の体に起こる症状

・イライラさせる
・体調が悪くなる
・ネガティブになる
・気分が不安定になる
・生理になる

女性への影響は精神的なものや子供を産むことに関する体調の変化が多いです。
女性は更年期障害などホルモンバランスのちょっとした変化で体や精神に影響が出やすい性質も関係しているのかもしれません。

月の満ち欠けが女性に与える影響

月は28日間の周期で新月から満月へと満ちていき、再び28日間かけ満月から新月へと欠けていきます。
この満ちていく周期と欠けていく周期でそれぞれ女性に与える影響が違うと言われています。

新月から満月の周期

食べ物や知識など吸収しやすい時期と言われています。
恋愛や新しい交友関係が出来たり、エステのトリートメントの効果が出やすいなど身につく時期になります。

満月から新月の周期

身から離れていく時期と言われています。
そのためダイエットやデトックスに効果がある時期とも言われます。
また身の回りの断捨離にも適しています。
この周期中は恋愛や交友関係に終わりがある時期とも…

まとめ

満月がお産や身体に及ぼす影響は統計学では出ていませんが、当てはまることの多い私は月の力は人体にいろいろな影響を及ぼしているように感じます。
自分は月の影響を受けやすいタイプだな、と思われたなら、美容やダイエットの計画を月の周期に合わせて計画すると、より効果的に行うことができるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事