引き出物の郵送は失礼?後日宅配で贈るときのマナーについて

引き出物を後日自宅に郵送する宅配サービスを利用する人が増えています。
節約のため、遠方からのゲストや年配のゲストが多いため、2次会の移動を楽にするためなど理由は様々。

でも気になるのは引き出物の郵送は失礼に当たらないか?ということですよね。
引き出物を宅配はありかなしか、またそのマナーについてお伝えします。

スポンサーリンク

引き出物の郵送は失礼?

wedding4_R

引き出物郵送することは失礼にあたるのでしょうか?
引き出物を郵送することについて否定派・肯定派それぞれの意見をまとめました。

引き出物の郵送に否定的な意見

「私は参列者として出席する時、引き出物は何かなーと考えながら帰るのが楽しみです。
もし引き出物がなければちょっと寂しい感じがします」

「以前出席した結婚式で、席に着いた瞬間隣の友人が袋がないことに気づき、「あれ?」という顔をしていました。郵送を知らない人にとっては引き出物がないのかと、思ってしまう人もいるかもしれませんね」

「会場でアナウンスがありましたが何となく物足りない感じがしました」

「遠方の人やお年寄りの人は良いかもしれませんが、一人暮らしなので受け取りに困りました。再配達をお願いしようにも平日は受け取れないので、 1週間かかりました」

「届いたものが重いものならわかりますが、カタログギフトだった時は『節約のためか…』と勘ぐってしまいます」

「自分の結婚式の時に両親に提案したら『とんでもない』と言われました」

「引き出物持ち帰って家族と話題にしながら頂くのが楽しみの1つです。手ぶらで後日配送されても楽しみが半減します」

あるはずのものがないときや、ゲストのためでなく新郎新婦の都合では?と思えるときは印象が良くないようです。

引き出物の郵送に肯定的な意見

「引き出物が宅配の式に参列したことがあります。ちょうど私は妊娠中だったのですごく助かりました」

「自分の結婚式の時に宅配にしました、遠方から駆けつけてくれた友人や年配の親戚関係にも好評でした。宅配のメリットを生かして、それぞれに合った引出物選んだのも良かったのかもしれません」

「親戚関係には親を通じて事前に『後日送ります』ということを伝えてもらい、当日の司会の方に後日配送のアナウンスをしてもらいました」

「以前に参列した結婚式で引き出物がめちゃくちゃ重くて、途中で捨てて帰ろうかと思いました。なので郵送してもらえるならとても助かります」

「遠方から来るゲストが多かったので郵送しました。観光兼ねて来てくれる人が多かったので荷物が少なくて良かったとすごく好評でした。事前に話していたので怒る人もいませんでしたよ」

上記の意見以外にも「雨の日に楽」「2次会の移動が楽」などもありますね。
自分の結婚式で宅配にした人の多くが、事前にゲストに宅配であることを伝えている人が多いようです。

スポンサーリンク

引き出物を宅配するときのポイント

「引き出物が持ち帰りじゃないなんて失礼だ」と怒られないために、宅配にするときのポイントを紹介します。

引き菓子は会場で渡す

引き出物否定派の意見の中に「当日手ぶらで帰るのがさみしい」というものがありました。
引き菓子や鰹節など軽いものについては会場で渡し、メインとなる引き出物のみ自宅に届けることもできます。

司会者にアナウンスしてもらう

引き菓子なども全て郵送する場合は、披露宴の中で司会の方に「引き出物についてはお荷物にならないよう直接ご自宅へ宅配にてお届けさせて頂きます」と、案内してもらいましょう。

メッセージカードを卓上に置く

メッセージカードを卓上に置いておけば、席に座るとすぐに宅配であることがわかるので「あれ?引き出物は?」と、ゲストを心配させなくて済みます。

ギフト専門店で購入

同じ品物であれば、少しでも安いお店で…と考えるかもしれませんが、必ずギフト専門店で発注しましょう。
コスパだけを考えてお店を選ぶとギフト包装にできなかったり、包装がイマイチであったりするからです。
ギフト専門店の場合、熨斗やメッセージカードを無料でつけてもらえるところも多いです。
また段ボールにお洒落なものを使っているところもあります。



到着のタイミングにも注意する

後日宅配といっても、時間が経ってしまっては白けてしまいます。また、「ご祝儀にかかわらず引き出物を用意していた」ということが伝わるよう、披露宴の当日もしくは翌日に到着するのが良いでしょう。
ただし一人暮らしの場合、平日は受け取れない人もいるかもしれません。
そういった人については、事前に都合の良い日にちを聞いておき、日時指定をしてあげるといいですね。

引き出物を後日郵送した私の体験談

もともと宅配する予定はなかったのですが、一部の親族から引き出物のリクエストがあり、品物が大きく、持ち帰りにするためには袋がもう1袋増えてしまう…
しかし夫側や他の親族は引き出物が1袋なのに、その人たちだけ2袋と言うのはよくないだろうということで宅配をすることに。
その人たちには母伝いに後日郵送を伝えてもらい、当日は引き菓子など軽めのものだけお持ち帰りいただきました。

ただ一部のゲストのみが郵送だったため、披露宴で司会の方に「引き出物は後日送ります」とアナウンスはできません。
当日、口頭でも伝えようと考えていましたが、実際は会話をする余裕がなく…引き出物の袋の中にメッセージカードなどを入れればよかったと後悔しました。

また、後日送った品物はギフト専門店で購入したものではないので、熨斗はつけられましたが、メッセージカードが付けられなかったのも残念でした。
品物については、リクエストしたものだったのでとても喜んでもらえました。

スポンサーリンク

まとめ

引き出物の宅配が失礼になるかどうかは、地域によっても違いがあります。
自分たちだけで決めず、必ず両親に相談しましょう。
引き出物が宅配であることを当日伝えるのではなく、事前に話しておくと安心ですね。

また後日宅配する時に、きちんとしたメッセージカードが添えてあるとよいでしょう。
内祝い総合サイトGift Naviでは、卓上に置く案内カードは191種類、メッセージカードは26種類のデザインから好みのものを選ぶことができます。

ちょっとした気遣いで印象は違います。これからもより良いお付き合いをしていくために、失礼のない対応を心がけたいものです。

【Gift Navi】最大20%OFFでワンランク上の引き出物を自宅にお届け♪



シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事