戸籍謄本 郵送で取り寄せる場合 日数や料金は?速達ならどれくらい?

戸籍謄本が必要だけど取りに行けないから郵送してもらおうと思うけど…
戸籍謄本を郵送してもらうときにかかる日数や料金ってどれくらいなの?
と、お困りのあなたへ!
今回は、戸籍謄本の郵送にかかる日数や料金についてご紹介しましょう。

スポンサーリンク

戸籍謄本の郵送にかかる日数や料金はどのくらい?

mail (1)_R

パスポート取得や、婚姻届の提出の際に必要になる戸籍謄本。
本籍地でしか発行ができないため、現住所が本籍地と離れている人は郵送での取り寄せになります。
そこで気になるのは、戸籍謄本の取り寄せにどれくらい日数がかかるのか?ということですね。

郵送にかかる日数

戸籍謄本を郵送で受け取るためには、「郵送請求申請書」を本籍地の役所に郵送し、同封する返信用封筒にて返信してもらいます。

郵送の場合は、こちらから「郵便請求申請書」を送って、向こうが受け取り、戸籍謄本を送る流れを考えると、スムーズに進んだとしても

本籍地に届くまで2日
手元に届くまでが2日

と、最低でも4日はかかりますし、役所の混み具合や休日なども挟むと1週間の期間は考えておいた方がいいですね。特に大型連休前後は要注意です。
急ぎの場合は、このあと紹介する速達を使いましょう。

郵送にかかる料金

役所から郵送してもらうのにかかる料金は、戸籍謄本を発行する手数料1部450円+郵送料です。

例)1枚の戸籍謄本(A4サイズの用紙)を郵送してもらうのにかかる料金

・戸籍謄本発行手数料 450円(定額小為替)
・郵送料金 82円

定額小為替(ていがくこがわせ)は、郵便局で購入できます。定額小為替には、こちらで記入できそうな欄がありますが、自治体から指定がない場合は、何も書かずにそのまま封筒に入れます。

戸籍謄本を取り寄せる枚数によって手数料も郵送料も変わってきます。
参考として、郵便物の料金は25g以内なら82円、50g以内なら92円、100g以内なら140円です。
料金がわからない場合は、申請用紙を送る際、郵便窓口で「戸籍謄本を役所から郵送してもらうんですが、○枚分だと切手代はいくらになりますか?」と必要枚数分にかかる切手代を聞くといいですよ。

返信用の切手は申請書と一緒に同封する返信用封筒に貼っておきましょう。

スポンサーリンク

戸籍謄本の郵送 速達なら日数や料金はどのくらい?

場合によっては、早く取り寄せたいということもありますね。
速達を使えば、最も早く取り寄せることができます。
こちらも日数の目安と料金をご紹介します。

速達の場合の日数

行きも帰りも速達を使えば、もっとも早く取り寄せることができます。
申請する市区町村の役所の対応によって差はありますが、速達なら請求書を出した日も含めて3日ほどで届きます。

郵便物にかかる日数は、日本郵便のサイトで調べることができます。
日本郵便「お届け日数を調べる」

土日祝日を跨いでしまうような場合や急ぎの場合は、速達で郵送してもらうといいですね。

速達の場合の料金

戸籍謄本を速達してもらう場合の料金は、戸籍謄本発行手数料+速達料金になります。

例)1枚の戸籍謄本(A4サイズの用紙)を速達してもらうのにかかる料金

・戸籍謄本発行手数料 450円(定額小為替)
・速達料金 362円(切手)

25g以内の定形郵便物の速達料金は、362円です。
役所から送ってもらう枚数が増えると料金も変わります。
50g以内の定形郵便物なら372円、100g以内なら420円の速達料金が必要です。

50g以内の定型外郵便物(大きい封筒)の場合は、400円の速達料金が必要になりますが、封筒に三つ折りなら定形郵便で大丈夫です。

返信用封筒 速達の書き方は?

役所から戸籍謄本を速達で送ってもらいたい場合、速達してほしいことを伝えなくてはいけません。
速達の場合の返信用封筒はどのように用意すればいいんでしょうか?

返信用封筒を速達にする書き方はこちらです。

返信用封筒 速達の書き方

①自分の住所を書く
②自分の名前を書く
③左側の中央より少し下側に「速達」と赤い文字で書く

封筒はこれでOKです。
この封筒に併せて役所の人がすぐ分かるように、急いでいることを一筆書いて同封しておきましょう。
急いでいることに気づかず、作業が遅くなるとそれだけ送るのも遅くなってしまいます。

《一筆箋の文例》
至急戸籍謄本が必要になりましたので
○日に届くよう送っていただけないでしょうか?

お忙しいところ勝手を言ってしまい申し訳ございません。
どうぞ宜しくお願い致します。

○日に…と書いておくと出来る限り対処してもらえます。
無理を言ったことを一言詫びた上でお願いするようにしましょう。
連絡先を書いておくと発送した時に連絡をくれる自治体もあります。

おわりに

ちなみに、本籍地に家族(6親等以内の血族、3親等以内の姻族、配偶者)が住んでいるなら家族に戸籍謄本を受け取ってもらい、速達で送ってもらうのが最も早いですね。

大型連休前後や、日数が正確に知りたい場合は、本籍地の役所に電話で問い合わせをするとどれくらいかかるか教えてくれます。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事