返信用封筒 自分の名前は宛?行?それとも様?マナー的にベストなのは?

返信用封筒を同封する時、自分の名前の下にはどう書いたらいいんだろう?
宛?行?それとも様でいいの?
今回は、返信用封筒の自分の名前の下はどう書くのかについてお伝えします。

スポンサーリンク

返信用封筒 自分の名前の書き方 宛 行 どっち?

mail (4)_R

返信用封筒には、自分の住所と名前を記入しますね。
その名前の下に付けるのは「様」「宛」「行」どれがいいんでしょうか?
「様」「宛」「行」それぞれの意見を見てみましょう。

自分の名前に「様」を付けるのはNG?

基本的な考えでは、返信用封筒に様を付けるのはマナー違反になります。
「様」という言葉は、相手を敬って付ける敬称です。
それを自分に付けてしまうのはおかしいですよね。
年配の方やマナーに厳しい方からすれば、社会人として無知だと思われてしまいます。
返信用封筒には、「様」ではなく「行」や「宛」が使用されます。

「宛」派の意見

「宛」を使う人によると、個人では「宛」を使い、ビジネスでは「行」を使うという意見が。
個人に返送してもらう場合に「宛」を使い、会社の部署など組織間でのやり取りの場合には「行」を使うんですね。
「宛」を使う人は、相手によって使い分けています。

「行」派の意見

「行」を使っている人の意見では、返信用封筒には「行」を使うのが一般的だ。という意見が多いです。
「宛」なんて使っている人見たことない。という辛口のご意見も…

一般的に使用されているのは、「宛」より「行」の方ですね。
マナーに厳しい人も「行」を使っているので、迷った時は「行」と書くようにしましょう。

スポンサーリンク

返信用封筒の名前 様を自分で付ける人も?

先ほどNGと言ったものの、最近では返信用封筒の名前に「様」をつけて出す人もいます。
本来なら「行」や「宛」が良いとされますが、近年では考え方や捉え方に変化があるようです。
「様」をつける人の理由はこちらです。

相手の手間を省くため

縦線で消して、隣に「御中」や「様」を書く相手の手間を思って最初から書いた状態にしておくんですね。
少しでも相手の手間を無くすための心遣いとして最初から「様」を付ける人も増えています。
個人に送るときはマナーを考えて「行」にするけれど、役所などの機関の場合、1日何百、何千と処理するだろうから手間を考えて「様」にするという人も。

縦線で消すのがみっともないから

縦線で消して隣に書き直すのは、「封筒が綺麗じゃなくなる」「なんだかみっともない」という意見も…
それなら最初から書いておけばいいじゃないか。ということで「様」にしているんですね。

まだまだ浸透していませんが、「様」を最初から書く人は少しずつ増えています。
ですが、年配者やマナーを大事にしている人には「様」はまだまだ理解されていません。
「様」を付けて出す場合は相手を選ぶ必要があります。

おわりに

私の場合は、返信用封筒を同封する時は「様」も「宛」も「行」も書きません。
名前の下は空けておきます。

これが一番無難で簡単。
「宛」や「行」と書く場合は、名前より小さく書いたり、左寄りにしたりいろいろ気を使う点も出てきます。
でも空けておけばそういった点も考える必要がありません。
相手の手間も省けて封筒も消すための線がない綺麗な状態です。
マナー違反にはならないので、何も書かないのも1つの方法です。

返信用封筒を用意する時の参考にしていただければと思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事