シャワーで体を温める方法5つ!湯冷めしない対策も紹介!

お風呂はいつもシャワーだけ…
湯船に浸からなくてもシャワーだけで体を温められる方法はないかな?
と、お悩みのあなたへ!
シャワーで体を温める5つの方法と上がった後に冷えない対策をご紹介しましょう。

スポンサーリンク

シャワーで体を温める方法5つ!

shower_R

湯船に浸かれば一番温まるのは分かってるんだけど、一人暮らしで湯船をはるのはもったいないし節約したいから…とお風呂はシャワーだけで済ませている人も多いですよね。
シャワーだけでは体が温まらないと思われがちですが、シャワーの使い方によっては体をしっかり温めることができますよ。
その方法はこちらです!

シャワーの温度を調節する

シャワーの温度は、39~40度が適温と言われています。
熱いお湯を短い時間より適温を長い時間かける方が熱が冷めにくいですよ。
寒い環境の場合は、41~42度でもOK。
シャワーしてから出た時の部屋の温度を温かくしておきましょう。

体が温まるツボや場所にあてる

くるぶしから指3本分上のツボ「三陰交」やおへそから指2本分下のツボ「気海」にシャワーを一定時間あてておくと効率よく身体が温まります。
また、冷えに効果的な場所もあります。
丹田(お腹の下部分)やお尻、首の後ろ部分もシャワーをあてると効率よく身体を温められる場所…
お腹部分やお尻部分に時計回りに円を描くようにシャワーを回しかけるといいですよ。

3つの首にシャワーをあてる

「首」「手首」「足首」は、昔から冷やすと風邪を引くと言われている冷やしてはいけない場所…
首の後ろや手首、足首をツボ同様一定時間温めることで血液の循環を良くします。

マッサージをしながらシャワーを浴びる

ツボを押したり、マッサージしながらシャワーを浴びると筋肉がほぐれて血液の循環を促進してくれます。
ソルトスクラブでマッサージしながら身体を洗うのも◎

足湯をする

asiyu2_R

足だけお湯につけることで効率よく体全体を温められるんです。
なかなか湯船に浸かれない人でも足だけならシャワーを浴びながらでも浸かることが出来ますよね。
洗面器や足湯の容器に熱めのお湯を入れて15~30分ほど足を浸けましょう。
途中ぬるくなったら熱いお湯を足して下さいね。
ゲルマニウム入りの入浴剤を入れるとより効果的ですよ。

スポンサーリンク

シャワー後に冷えないための対策

シャワーで体を温めた後は、どう過ごすのがいいんでしょうか?
ここでは、冷え性だった私の体験談も交えて、シャワー後の冷えない対策をご紹介します。

脱衣所を暖めておく

お風呂場から出た時に、部屋が寒いと急激に体が冷えてしまうことに…
シャワーだけの場合だと、芯まで温まることが出来ていないので脱衣所内を温めておくのがおすすめです。
ヒーターなどを脱衣所に置くといいですよ。

※火の元には十分注意しましょう。

すぐに髪を乾かす

濡れた髪を放置していると体が冷えるのを早めてしまいます。
お湯も冷えてしまえば水に変わり余計に体を冷やす原因に…
お風呂から出たら髪を乾かす習慣をつけましょう。

足元と首を冷やさない

足元や首を温めることで体の冷えを防げます。
靴下を履いたりネックウォーマーを付けたりして体が冷えないようにしましょう。
靴下は、シルクのものを重ね履きするのがおすすめです。
ネックウォーマーがない場合は、タートルネックやマフラーでもOKです。

しょうが湯を飲む

sayu_R

しょうがは体を温めてくれる食べ物です。
しょうがをスライスして蜂蜜に浸けたものを作っておくといいですよ。
しょうが数枚と蜂蜜をコップに入れお湯で割って飲みましょう。

早めに布団に入る

お風呂から出た後、テレビを見たりしてついつい時間が過ぎてしまうことってありますよね。
毎日体温を計っている私の体験談ですが、お風呂から上がってダラダラ過ごしている日よりも、すぐに布団に入ってゴロゴロ過ごしている日の方が次の日の体温が高いです。

布団の中に湯たんぽを入れる

布団の中を湯たんぽで温めておくと体の冷えを防げます。
こちらも体験談なんですが、湯たんぽを使い出してからお腹の冷えがなくなりお腹を壊すことがなくなりました。
布団の中が温かいと寝付きもいいのでおすすめです。

シャワーで体を温めた後にとる行動も重要です。出来る限り体を冷やさない工夫をしましょう。
お腹や腰を冷やさないためのちくわ型クッションなどお役立ちグッズを使うのもありですね。

おわりに

私の体験談ですが、生活習慣を改めたことで基礎体温が35度から36度になりました。
3食をきちんとした時間に食べ、有酸素運動もして寝る時間も早くすると体温を上昇させてくれます。
シャワーだけでは体を温めるのに限度があるので、併せて意識してみてはいかがでしょうか?

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事