除湿機を使わない除湿対策!除湿機以外の部屋の除湿方法

雨の日の湿気対策といえば、除湿機ですが、
じめじめとした季節…嫌になりますよね。
除湿機以外で、除湿対策ってできないのでしょうか?
今回は、除湿機以外で手軽にできるお部屋の湿気対策をご紹介します!

スポンサーリンク

除湿機を使わない除湿対策

sentaku_R

湿気が気になる季節、除湿機を使わない場合どのような除湿対策ができるのでしょうか?
ここでは、家にある身近なもので出来る除湿機以外の除湿対策をご紹介しましょう。

一工夫するだけの除湿対策

除湿は、一工夫で簡単に出来ます。
まずは日常生活の中で湿気を減らす工夫を…

窓を開ける

気密性の高い室内は、窓を閉じっぱなしの状態だと湿度が高くなります。
また、温かい室温と冷たい外気の温度差で窓に結露が出来てカビの原因を作ってしまいます。
湿度を上げないためには、窓を開けて換気することが大切。

快適な空気の入れ替え方

窓を数センチ開けて過ごしましょう。
理想的な開け方は、空気の入り口になる窓と出口になる窓の2箇所を開けること。
窓が1つだけの場合は、窓から遠い場所の換気扇を回すと空気が入りやすくなりますよ。
窓を2箇所開ける場合は、蛇が通るような空気の流れを意識して…
対面した窓を開けると一直線に空気が通り、新鮮な空気が部屋全体に通らない状態になります。
部屋のドアを開けて、空気がグネグネ部屋を通るイメージで窓を開けましょう。

湿気の原因になるものを置かない

洗濯物の室内干しや水槽など湿気を増やすようなものは室内に置かないようにしましょう。
また、食器を水に浸けて置いたり、浴槽に水をはった状態にするのもNG。
極力水気のないように工夫しましょう。

洗濯物を室内干しする場合

洗濯物を室内干しする場合は、部屋には干さず浴室に干すようにしましょう。
浴室に換気扇が付いていればベストですが、無い場合は浴室の窓を開けるようにして下さいね。
防犯上開けっ放しにするのが難しい場合は、在宅中や夜寝ている内に干しておくといいですよ。
扇風機を合わせて使うとより効果的です。

身近な道具を使った除湿対策

除湿器以外でも普段使っている電化製品や道具で除湿出来るんです。
あるものを使って除湿が出来れば無理に除湿器を買う必要はないですね。

エアコンを使う

エアコンの除湿機能を使うと湿度が抑えられます。
また、エアコンで外気と室内の温度差を少なく調節して結露防止にも…
エアコンを使う前は必ず掃除をしてから使うようにしましょう。
そのまま使うとエアコン内に出来たカビ菌をばらまいてしまいカビが出来やすくなりますよ。

上手なエアコンの使い方

一般的に除湿する時に使われるのが「ドライ」ですが、実は「冷房」の方が除湿効果が高いんです。
「ドライ」も「冷房」も空気を冷やして除湿する仕組みは同じ。
「冷房」の方が空気を冷やす力が大きいので、「ドライ」より効率的に除湿が出来るんですね。
また、「ドライ」より「冷房」の方が電気代がかかると思われがちですが、場合によっては「冷房」の方が安くなることも…
新しいエアコンなら自動で切り替わるタイプもあり、より効率的に除湿が出来ます。

スポンサーリンク

扇風機を使う

除湿対策には、扇風機も役立ちます。
エアコンに比べ、電気代も抑えられるので1日中つけっぱなしにして部屋の空気を循環させましょう。
窓を閉めた状態でも使用すると湿気はマシになりますが、窓を開けることでより除湿効果が上がります。

風を通しやすくする扇風機の使い方

窓を開けた前に扇風機を置き部屋側に向けて使います。
これは、室内の温度が高くて外気が冷たい時に有効な使い方です。
窓を開けても風が入ってこない状態なら、扇風機を逆に向けて使いましょう。
風を外に送り出すことで室内の空気が薄まり外から空気を取り入れようとするので風が入って来るようになるんです。
風のある時は内側に、風のない時は外側に扇風機を向けて使うと◎

換気扇を使う

換気扇を回しっぱなしにするのも除湿をするための方法の一つ。
身近にあるものなので、すぐに取り掛かれる手段ですね。
一人暮らしでほとんど窓を開けない人は、換気扇を1日中回していた方が良いですよ。
ですが、換気扇だけでは除湿効果は低いので、休みの日には空気の入れ替えをするようにしましょう。
空気が滞留すると籠った湿気が原因でカビを作ってしまいます。
換気扇を使う時は、出来る限り合わせて窓を開けるようにすると新鮮な空気が入るのでおすすめですよ。

除湿剤を使う

押し入れやクローゼット、靴箱の中は湿気が籠りやすい場所。
そういった場所には、除湿剤を置くようにすると効果的ですよ。
湿気でカビやダニが発生して大事な衣類を傷めてしまうのを防いでくれます。
また、普段窓を開けることが少ない家ではこういった除湿剤を部屋に置いて使用することも…
1畳に対して1個使用、6畳の1Kなら6個使うということですね。
この方法は、思いのほかすぐに湿気が溜まるので買い替えにお金がかかるかも…

除湿機を使わない除湿方法は、身近な物を使って出来ることがいろいろありますね。
いろいろ組み合わせてすると除湿効果がさらに高まります。

おばあちゃんの知恵袋で除湿対策

除湿機がなかった頃に、おばあちゃんはどんな方法で除湿をしていたんでしょうか?
ここでは、昔からされていた除湿対策を見てみましょう。

凍った瓶を部屋に置く

凍った瓶を部屋に置いておくと湿気を吸い取ってくれるんだとか。
ペットボトルでもOK。
空の瓶やペットボトルを冷凍庫で凍らせて部屋に置いておくことで除湿してくれます。
置いた場所が濡れてしまわないように、タオルを敷いて使いましょう。

新聞を敷く

除湿剤がなかった頃は、新聞紙が使われていました。
私の祖母は、畳の下に新聞紙を敷き、余分な湿気を取っていました。
畳の下以外も、靴箱や押し入れの中に入れると余分な湿気を吸い取ってくれます。
湿気が原因でカビの発生するような場所には新聞紙を敷くと◎
また靴の中に丸めた新聞紙を入れておくと靴のカビ対策にもなるのでいいですよ。

まとめ

除湿機がなくても除湿する方法は意外にたくさんあります。
除湿で大切なことは、部屋の空気を滞留させないこと。
まめに空気の入れ替えをするようにして下さいね。

また、除湿に合わせて部屋を綺麗にして布団などを敷きっぱなしにしないことも大切です。
カビを発生させないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事