結婚式 ゲストのドレス 色で人気なのは?マナー的に赤はダメ?

kenka_R

結婚式にお呼ばれしたけど、ドレスは何色にしたらいい?
アラサーの私は何色を着ればいい?赤がダメって聞いたことがあるけど本当?
社会人ならドレスは可愛さだけではなく、マナーもきちんと押さえておきたいところですよね。
今回は、結婚式でゲストが着るドレスの色についてお伝えします。

スポンサーリンク

結婚式のゲストのドレス 人気の色は?

結婚式にお呼ばれした時、ドレスを何色にするか迷うことってありますよね。
アラサーだと色で悩むことも…
まずは、結婚式に人気のカラーベスト3とアラサー女子のカラー選びのポイントについてご紹介しましょう。

結婚式 ゲストドレス人気カラーベスト3

1位…黒
2位…ピンク
3位…ネイビー

黒は「引き締まって見える」「使いまわしがしやすい」などの理由で人気です。
また、花嫁と絶対かぶることがないからいいという意見も…
ピンクは、「結婚式は華やかなドレスがいい」「可愛いピンクが女子らしさが出て良い」などの意見で黒に続いて人気。
落ち着いた色のネイビーは、幅広い年代から人気を集めています。

アラサー女子のためのカラー選びのポイント

アラサー女子になるとドレスの形や素材、それに色がどんなものでもOKというわけにはいきませんよね。
アラサー女子に人気の色と選び方のポイントはこちらです。

黒を選ぶ時

人気色の黒ですが、見る人によっては「重たい」「華やかさがない」と感じることも…
黒を選ぶ時は、透け感のある素材やフリルで華やかさが足されたタイプが◎
黒のタイトなワンピースで肌があまり出ないタイプのものだと堅苦しいイメージに。
同じ黒でも下品にならない適度な肌見せで、小物にパールや白など華やかな色味をもってくるとOK。
全身黒はマナーが悪いので止めましょう。

ピンクを選ぶ時

ピンク=若い子の色というイメージがありますが、アラサー女子だって着れるんです。
ピンクはピンクでもベージュピンクやローズ系の色なら派手過ぎなくて落ち着いた雰囲気があるのでアラサー女子でも抵抗なく着れますね。
若作りに見られない大人女子に似合うピンクカラーで華やかに。
ピンクは肌の血色を良く見せてくれるので、イキイキした印象にもなりますよ。

ネイビーを選ぶ時

ネイビーを選ぶ時は、シンプルなドレスは地味になり過ぎるのでNG。
フリルやフレアデザイン、レースや透け感のあるものが華やかになるのでいいですよ。
黒同様小物で華やかさをプラスしましょう。
夜の披露宴や二次会にお呼ばれした時は、サテン系の光沢があるネイビーでもOK。
他の色なら抵抗のあるサテン生地でも、ネイビーなら派手になり過ぎないからいいですね。

カラー選びのポイントが分かれば選びやすくなりますね。
カラーの人気では、4位にベージュ、5位にブルーが入ります。
派手になり過ぎないカラー選びで大人の女性の装いを。

結婚式 ゲストのドレスの色のマナーについて

結婚式のドレスの色にはNGのカラーもあります。
マナーを知ってドレス選びに失敗しないようにしましょう。

スポンサーリンク

結婚式のお呼ばれドレスでNGな色

白や白に近いベージュ

結婚式は新郎新婦が主役。
その主役と色がかぶることがあってはいけませんよね。
白は花嫁さんの色なので選ばないように。
白に近いベージュやピンクもNGです。

黒尽くめ

黒のドレスに黒のストッキング、黒の靴と黒尽くめの色使いはNG。
お葬式を連想させてしまい、新郎新婦だけではなく親族にも悪い印象を残してしまいます。
ドラマのワンシーンで、花嫁への当てつけに黒ずくめの衣装で式に参列するという場面があったような…
結婚式には、華やかさをプラスすることが大切です。

差し色でベルトを使う

ドレスに変化を付けるため、差し色としてベルトをしようと考える人もいますが、ベルトはカジュアルになるので結婚式のような場所ではNGです。
ドレスのワンポイントに縫い付けられたタイプならデザインということでOKですが、後から自分で付けるのは止めておきましょう。
差し色は他の小物でするように…

白はドレス以外の小物類には使っていい色なので、ドレスではなく差し色として使いましょう。
ドレスにワンポイントで白が入っているくらいならOKですよ。

結婚式 ゲストのドレスの色で赤はだめ?

結婚式に赤のドレスを着てはダメと言われることが…
これって本当に赤を着て行ってはいけないんでしょうか?

結論から言うと、赤は着てOKです。
赤がダメというマナーはありません。
ただ、赤は印象が悪いと思う人がいることも…

赤が印象が悪いのはどうして?

赤=派手、水商売を連想することから嫌う人がいます。
赤は色のインパクトが強いのでそういった印象を与えてしまうのかもしれませんね。
また、派手になり過ぎて主役より目立つということで嫌う人も…

赤のドレスを着る時の注意点は?

赤のドレスを選ぶ時は、過度な露出がなくシンプルなデザインのものを選びましょう。
赤にデザインが入ったものだと派手になり過ぎます。
また、赤+黒の組み合わせは下品と感じられることもあるので避けた方がいいですね。
赤のドレスには、白や薄ピンクの小物が華やかになって◎

赤色は結婚式にNGなカラーに思われがちですが、そんなことはありません。
私も20代の頃、友人の結婚式に赤を着て出席したことがありますが何も言われなかったですよ。
カラーが派手なので小物は控えめに。
赤のフレアドレスに薄ピンクのショールをコサージュで留め、靴と鞄は白に近いベージュで統一しました。
アラサーになった今では着る勇気はないですが…

まとめ

結婚式のドレスの色は黒が人気なんですね。
でも、黒を選ぶ時は重たくなり過ぎないようなデザインや小物との組み合わせにご注意を。
また、結婚式ではNGなカラーや組み合わせもあるのでこちらも覚えてきましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事