学校のプールで日焼け止め禁止?ウォータープルーフもダメ?

学校のプールの授業で日焼け止め禁止の学校が増えています。
ですが、日焼けで赤く腫れて痛がる子どもを見ると、なんとかしてあげたい気持ちになりますよね。
今回は、プールでの日焼け止め禁止をめぐる賛否両論をご紹介します。

スポンサーリンク

学校のプールでの日焼け止めが禁止?みんなの意見は?

学校のプールで日焼け止めが禁止に。
あなたは日焼け止め禁止賛成派?それとも反対派?
みんなの意見を見てみましょう。

日焼け止め禁止に賛成派の意見

Aさん
一度入れた水はそうそう変えることがないので日焼け止めなんかが入ったら雑菌が増えます。そんな汚れた水入りたくないかも。学校のプールはみんなが使うものです。
1人ならよくてもみんな日焼け止めを使うと水は確実に汚れます。

Bさん
日焼け止めは水で落ちてしまいます。それに誰しもが水を飲んだ経験があると思うんですが、日焼け止めで濁って何日も経った水を子供が飲んでしまったらと思うと…日焼け止めは禁止してもらった方がいいですね。

Cさん
日焼け止めで汚れた水が目に入ると結膜炎の原因にもなるので、日焼け止めは止めて欲しいです。汚い水で自分の子供が授業を受けていると思うと心配になります。

日焼け止め禁止に反対派の意見

Dさん
うちの子は肌が弱くてすぐに赤くなってしまいます。日焼け止めが禁止なのは本当に辛いです。女の子なので将来シミやそばかすを作ってしまう原因になったらと思うと心配です。

Eさん
なんでダメなのかな。すぐに日焼けしてしまう子もいるのに…シミやそばかすが出来ても学校は責任とってくれないんなら自由にさせて欲しい。

Fさん
紫外線は皮膚がんにも繋がる厄介なものです。日焼け止めで水質汚染はなかったという記事を見ました。偏見や先入観でそういったことが言われるのは納得いかない。肌の弱い子だけでも日焼け止めを認めるべき!

どちらの意見もたしかに…と思うところがありますね。
私は日焼け止め禁止は賛成派です。
なぜなら、学校のプールの水は次のシーズンまでずっと入れ替えないので。
中耳炎や結膜炎、水を飲んでしまって体に悪影響を考えるとやはり日焼け止めは禁止の方がいいのではないかと思います。

ですが、昔よりも紫外線もきつくなっているは事実。炎症を起こす可能性がある子だけ塗ってもいいとか、肌が弱いことを理由に水泳の授業は見学でもいいようにするとか。学校側の柔軟な対応も必要ではないかと思います。

→ プールでも使える!日本製の日焼け止めサプリ【私の口コミ】

スポンサーリンク

プールでの日焼け止め ウォータープルーフでも落ちるの?

日焼け止めには、水に落ちにくいウォータープルーフの日焼け止めもあります。
耐水性のあるウォータープルーフを使うのはどうなんでしょうか?

ウォータープルーフとは?

ウォータープルーフは汗や水に塗れても落ちにくいように作られたものです。
製品によって汗や水落ちの度合いも様々で、軽いスポーツ用からプールや海水浴でも使えるものまでいろいろあります。

ウォータープルーフでも落ちる?

結論から言うとウォータープルーフでもプールで使用すれば落ちます。
先ほど汗や水落ちの度合いは様々といったように、製品によってはウォータープルーフでもすぐに落ちてしまうものもあります。
また、ウォータープルーフは「落ちにくい」のであって、全く落ちないというわけではありません。
長い時間プールに浸かって動き回っていれば自然と落ちていきます。

「ウォータープルーフなら落ちないし、こっそり塗っていっちゃえ。」なんて考えている人もいるかもしれません。
ですが、日焼け止めは色が白くなるのでばれてしまったという話もよく聞きます。

→ 日焼け止めは「飲む」時代へ!飲む日焼け止めサプリ試してみた!

まとめ

学校のプールで日焼け止め禁止についてはいろいろな意見がありますね。
確かに今の日差しを考えると紫外線が心配な気持ちもよく分かります。
学校側の対策も早く整ってくれるといいのですが…

この件に対しては、学校と保護者間ではなく各市区町村でも考えられているようです。子供の将来にも関わることなので、早く解決策がまとまることを期待しています。

【関連記事】
モデルが選ぶ旬サプリ、飲む日焼け止めを試してみた!【私の口コミ】

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事