日焼け止めスプレーを顔に直接かけちゃダメ?顔用はないの?

便利なスプレータイプの日焼け止めですが、多くの商品で顔に直接かけてはいけないとされているのは、ご存知でしたか?

なぜスプレータイプは直接顔に噴射してはいけないのでしょうか?直接できる顔用のスプレーはないのでしょうか?

ということで、スプレータイプの日焼け止めの顔への使用についてお伝えします。

スポンサーリンク

日焼け止めスプレーは顔に直接かけちゃだめ?

日焼け止めスプレーはジェルタイプに比べ、手が汚れなくて簡単に使えることから愛用している人も増えています。手が汚れない便利さが売りのスプレータイプ。でも顔に使うには手に一旦出さないといけないものが…

なぜ、日焼け止めスプレーを顔に直接かけてはいけないんでしょうか?その理由について見てみましょう。

日焼け止めスプレーを顔に直接かけてはいけない理由
  • 目や鼻に入るのを防ぐため
  • 吸い込んで気分が悪くなるのを防ぐため
  • 低温火傷を防ぐため

日焼け止めスプレーは、日焼け止めの科学成分を微粒子にして勢いよく噴霧するため目を閉じたり息を止めていても入ってしまう恐れがあります。体の害になることは避けて安全に使ってもらうために顔は使用NGにしているんですね。

それに、スプレーは高圧ガスを使用するため長く同じ場所にスプレーすると低温火傷の恐れも…。皮膚の薄い部分が多い顔は低温火傷のリスクが高くなるというわけですね。

また、顔は他の場所と違い凹凸があるので、平らな肌に比べて塗りムラが出来やすいという理由も考えられます。

特にSPF値の高いものを使えば、成分もそれだけ強くなっているので目や鼻の粘膜に付着して炎症を起こす可能性が高くなります。紫外線吸収剤の入った日焼け止めは化学成分で出来ているので吸い込んでしまい気分が悪くなるということも…

注意書きをよく読み使用するようにしましょう。

スポンサーリンク

日焼け止めスプレーに顔用はないの?

日焼け止めスプレーが顔に使用してはいけない理由が分かりましたが、それは全部の日焼け止めスプレーに当てはまる?

いえいえ。実は、日焼け止めスプレーには顔にも使用出来るものがあるんです。

ここでは顔に使えるおすすめの商品をご紹介しましょう。

顔に直接かけてもOK おすすめの日焼け止めスプレー

ビベッケ 全身丸ごとサラサラUVスプレー

顔や頭皮、髪の毛など全身にくまなく使える日焼け止めスプレーです。ベビーパウダーが配合されているのでサラサラの使用感。ウォータープルーフなので汗で化粧が崩れるのを防いでくれるのに、持っているメイク落としで簡単に落とせる低刺激の日焼け止めです。

1Lの牛乳パック並の大容量で「たっぷり使える!」「コスパ最強!」と、口コミでも高評価◎

石澤研究所 紫外線予報 透明UVスプレー・メイクを守るUVスプレー

お肌の潤いを保ったまま、紫外線から肌を守ってくれるのがこちらの商品。ローションタイプの日焼け止めスプレーでSPF50と強いものなのに、特殊なカプセルでコーティングされているから化学成分が直接肌に触れることを防いでくれて低刺激。肌が敏感だけどしっかりガードして欲しいという方に選ばれています。

ハーバルガーデン SPFスプレー

ちょっとお出かけ…という時におすすめなのが、ハーブを使った日焼け止めスプレー。SPF22と弱めですが、お買い物やお子さんと公園に行くなど普段使いに◎紫外線をガードしてくれます。そのまま顔にスプレーしても天然成分が多く含まれているので普通の日焼け止めより安心です。

ママバターUVケアミスト

肌に馴染みやすく乾燥を防いでくれる天然素材のシアバターが配合された日焼け止めです。紫外線吸収剤が入っていないので肌への刺激も軽減されます。ミストタイプで使いやすく子供が使ってもOK。まめにスプレーしても肌の負担になりにくいから◎スキンケアしながら日焼け対策が出来るアイテムです。

こちらで紹介したものは、顔に直接スプレーしてもOK。天然素材や特殊なカプセルでコーティングしているので万一吸い込んでしまっても安心です。

日焼け止めスプレーを顔に塗る時、一旦手のひらにスプレーしてそれを塗り広げる…といった面倒が省けるので嬉しいですね。

まとめ

私も以前使用した時に、顔ではなく首まわりに噴射してむせて咳き込むことがありました。しっかり口と目を閉じて息も止めたつもりでしたが、それでも微粒子が勢いよく顔にかかるので吸い込んだり目に入ってしまいます。

安全に使うためには、顔にスプレーしてもいいものを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事