日焼け止めのSPFとPAの意味や違いは?どっちが大事なの?

hiyaketaisaku (10)_R

日焼け止めに表記されたSPFとPA。「効果を表している」ということは分かりますが、具体的な意味ってあまり知られていないですよね。

SPFとPAはそれぞれどんな意味や違いがあるんでしょうか?今回は、SPFとPAの意味や違いについてまとめました。

スポンサーリンク

日焼け止め SPFとPAの違いとは?

日焼け止めを買う時、目にするSPFとPAの文字。数値や+の数が多いほど効果があるのは知っているけど、それぞれの意味ってあまり知られていないですよね。

ここでは、SPFとPAそれぞれの効果や意味の違いをご紹介しましょう。

SPFとは?

SPFとは、「サンプロテクションファクター」の略です。

効果としては、紫外線B波の肌への浸入を防ぎます。紫外線B波は、肌表面に影響のある紫外線で肌を赤く炎症させるもの。シミやそばかすが出来る原因をSPFは防いでくれます。

SPFの数値は、紫外線が肌に当たってから赤い斑点が出てくるまで、日焼け止めを塗ってどれだけ防げるかの数値です。大体何も塗っていない状態なら一般的に15~20分で赤くなると言われていて、SPF30ならその時間を30倍遅らせるということ。つまり肌が15分で赤くなる人の場合、15分×30で450分=約7時間半遅らせられるということですね。

スポンサーリンク

PAとは?

PAとは、「プロテクショングレイドオブUVA」の略です。

PAの効果としては、紫外線A波の肌への侵入を防ぎます。UVAは紫外線A波のことで、皮膚の奥深くまで届く紫外線。コラーゲンなど肌組織を壊してシワやたるみの原因を作ります。その紫外線A波の侵入をブロックするのがPAということですね。

PAの+は、効果の大きさを表しています。+が多いほど効果が強いということですね。現在は4段階で表記されていて紫外線に対してどれくらいの効果があるのかの目安になります。

SPFとPAはそれぞれ防ぐ紫外線の種類が違ったんですね。数値や+の数が多いと効果も高いことは知っていましたが、紫外線に種類があって防ぐものが違ったとは…

数値や+はあくまで目安です。動いていればどうしても日焼け止めは落ちるので、2~3時間に1度は塗り直しをしましょう。

スポンサーリンク

SPFとPAはどっちが大事?

SPFとPAそれぞれの効果や意味が分かりましたね。では、日焼け止めを買う時はどちらを重視して買うべきなんでしょうか?

状況に合わせてSPFとPAどちらが大事かを見てみましょう。

1番紫外線が強い時期はどっち?

1番紫外線が強い時期は、7~8月と言われています。その時期は紫外線A波もB波も最も強くなります。つまりこの時期はどちらかではなくどちらも大事です。

紫外線量が多いと言われる5月はどっち?

夏と同じくらい紫外線が多いと言われる5月。実はこの時期、紫外線A波が多いんです。オゾン層で吸収されるB波と違い、吸収されずに地上に届くA波。紫外線量が減らずに降り注いでいるので5月はPA重視で選びましょう。

夏以外のシーズンはどっち?

夏を境に弱まる紫外線B波に対して、夏を過ぎても紫外線量が少ししか弱まらない紫外線A波を防ぐことが大事です。紫外線A波は冬でも出てるのでシーズンが過ぎて使う場合はPAの方を重視するのが◎

7~8月はどちらも紫外線量がピークになるのでSPFとPAどちらも重要。また、太陽が1番高く昇る12時頃が紫外線量が最も多くなる時間帯なのでしっかり紫外線を防ぐようにしましょう。PAは、シーズンが過ぎた時に重視すると良いですよ。

まとめ

日焼け止めのSPFとPAには、それぞれ防げる紫外線に違いがあります。

7~8月に野外の日の当たる所で活動する場合は、SPFもPAもどちらも大事です。春~梅雨にかけてと夏の終わり~秋にかけてはPAを重視すると良いですね。

ホワイトヴェール 口コミ

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事