日焼け止めのSPFが高いと肌の負担となって悪い?毎日使っちゃダメ?

hiyaketaisaku (12)_R

日焼けしたくなからとりあえずSPF50+を毎日使っていませんか?でもSPFの高い日焼け止めは肌に負担になるから、普段はSPF30でよいという人もいます。

肌に悪いと言われても、日焼けするよりマシなのでは?と、思っちゃいますよね。

具体的になにが悪いのか?本当に悪いのか?

ということで、SPFの強さと肌への影響、そして日焼け止めとの付き合い方についてお伝えします。

スポンサーリンク

日焼け止めのSPFが高いと肌に負担になるの?

紫外線をしっかりガードしたくてSPFの高い日焼け止めを使っている人も多いのでは?

そのSPFが高いもの、よく「肌の負担になって悪い」と言われますがなぜなんでしょうか?その理由を見てみましょう。

SPFが高いと肌に悪い理由

SPFの高い日焼け止めには、ほとんどのものに紫外線吸収剤が使われています。この紫外線吸収剤は、紫外線を吸収して熱エネルギーに変換してから肌の外に放出して紫外線が肌に浸入するのを防ぎます。つまり肌の上で化学反応を起こすので、その時に肌に刺激を与えてしまうんですね。

また、水や汗でも落ちにくいウォータープルーフなのでクレンジングでしっかり落とさないといけないことも肌の負担の原因に…

SPFの高い日焼け止めはサラッとした使い心地で白くならずべたつかないものが多いです。その使用感から「本当に肌の負担になるの?」と感じる人もいますよね。

でも、肌表面に塗られた日焼け止めの中で化学反応が起こっていれば徐々に刺激が蓄積されて肌荒れを起こすこともあります。また、人工的に作られた化学成分なので肌が受け付けないということも…

こういったことから、SPFの高い日焼け止めは肌に負担となって、悪者扱いされることが多かったです。敏感肌でなければ、とても使いやすくていいんですけどね。

スポンサーリンク

日焼け止めのSPF50を毎日使うのは危険?

肌荒れは困るけど、日焼けも困るからSPF50のものを毎日使う方も多いでしょう。

しかし、SPFの高い日焼け止めを毎日使うとなると、やはりSPFが低いものよりは肌の負担は大きくなります。

肌トラブルの例としては、肌がヒリヒリしてきた・赤くなってなかなか治らなかった・肌が乾燥してきたなどの症状が出た人もいます。肌が敏感な人は特にそういった症状が出やすいですね。

ですが、これは昔の日焼け止めのこと。最近では、技術も進み肌に負担の少ないSPF50の日焼け止めも多く発売されています。

こういったものなら毎日使いしても肌の負担が軽いですね。

SPF50の日焼け止め 肌に負担が少ない人気アイテム

SPF50+でも肌に負担が少なく、人気の日焼け止めがあります。口コミ評価がよく、通販で購入できるものを3つピックアップしてみました。

NOV UVシールドEX

紫外線吸収材を使用していないのにSPF50+でしっかり紫外線をカットしてくれます。またウォータープルーフでも石鹸で落とすことが出来るのでクレンジングの負担もありません。

タマ食コスメ ひにまけぬ

シルクのマイクロカプセルで肌の負担になる原因の化学成分をコーティングしてるから毎日でも使えます。食品屋さんが作った日焼け止めで、植物が持つ力を使った肌に優しい作り。なのにSPF50でしっかり肌を守ってくれます。

トゥヴェール ミネラルサンスクリーン

こちらはパウダータイプの日焼け止め。化粧の上からおしろいのように使える手軽で低刺激の日焼け止めです。SPF50で紫外線吸収剤を使っていません。また肌に負担となる成分をミネラルでコーティングしているのでさらに負担を減らせて◎クリームタイプのべたつきが苦手な人はこちらを使ってみては?

SPF50でも肌に負担の少ないものはたくさんあります。低刺激ならお子さんにも安心して使えますね。

肌に負担が少ない商品を探す時は「低刺激」「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」「マイクロカプセル」で検索してみるのも良いですよ。自分にあった日焼け止めを見つけましょう。

まとめ

今まで紫外線をしっかり防ぐには、紫外線吸収剤はなくてはならない存在でした。でも最近の技術で紫外線吸収剤なしでもSPF50でしっかり防いでくれるものが出来たり、化学成分を肌に害のない素材でコーティングしてマイクロカプセルに閉じ込めたものも出ています。

SPFが高いものを毎日使いする時は、そういったものを使うようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事