ブライズメイドを頼まれたけど何するの?衣装の負担はしてくれる?

wedding12 (3)_R

今ジワジワ流行りっているブライズメイド。でも日本ではまだ馴染がないので分からないことも多いですね。

ブライズメイドってどんなことをする?衣装やヘアスタイル、アクセサリーは自己負担?それとも新郎新婦側が負担?

そこで今回は、ブライズメイドについての疑問をまとめました。

スポンサーリンク

ブライズメイドを頼まれたけど何するの?

今、友達や姉妹にブライズメイドをお願いする人が増えています。

まだまだ浸透していないのでブライドメイドをお願いされても「それってどんなもの?」と具体的に知らない人が多いですね。

ここでは、ブライズメイドとは何か?また海外と日本の役割の違いについてお伝えします。

ブライズメイドとは?

ブライズメイドとは、結婚式で花嫁のサポートをする介添え人の役割をします。ドレスやアクセサリー、髪型を揃えて花嫁の引き立て役としても活躍します。

ブライズメイドは、新婦側の女性で姉妹・友人・親族の中から選ばれた人が務め、2~5人の複数人で花嫁をサポートします。

アメリカやヨーロッパで見られる結婚式のスタイルで、映画や海外ドラマで見たことがある人も多いですね。「私が式を挙げる時もあんな風にしたい」と夢見る女性も多いのでは?

衣装を揃えるというスタイルが印象に残るのでそこばかり注目されますが、実はブライズメイドは結婚式では重要な役割があるんです。

ブライズメイドの役割

花嫁のサポート

まず海外のブライズメイドは、花嫁より先にバージンロードを歩き花嫁の入場をサポートします。式中にはドレスの裾を直したり、トイレへ行く時のサポートもします。また、指輪の交換時は手袋やブーケを持ったり、ブーケトスの花を渡したり…と式に何かと必要な補助を行うのがブライズメイドの役割です。

式の進行を把握

ブライズメイドは、演出側なので式の進行状況を知っておく必要があります。式当日の立ち位置やどのタイミングで自分が必要かを知っておかなければいけないので、打ち合わせに参加する必要があります。

式前日のパーティー

海外では結婚式の2ヶ月ほど前に、前祝いとしてパーティーをします。女性のみで行われるパーティーでプレゼントを持ち寄り、式当日までの気分を高める演出をするんですね。この日のパーティーの段取りや計画もブライズメイドのお仕事です。

起源は悪魔祓い

中世ヨーロッパが起源のこのスタイル。実は、花嫁の幸せを妬んで連れ去ろうとする悪魔の目を惑わせるために式に参加する女性が花嫁と似たドレスを着ることから始まっています。ブライズメイドは悪魔祓いの意味もあるんですね。

日本でのブライズメイドの役割

海外では重要で責任ある役割のブライズメイドですが、日本では見た目のドレスやアクセサリー、髪型を揃えることが真似されていて中身はあまり重要視されていません。

気軽な気持ちで演出だけしてくれたら…と思う花嫁も多いんです。また、日本はスタッフの方がついてお世話をしてくれるので大きな仕事はあまりないんですね。

日本でのブライズメイドは、見た目だけの場合が多いですね。ただ、新婦の要望によってはお手伝いをすることもあるので、わからないことは新婦やスタッフの方に聞いてみましょう。

ブライズメイドは今、結婚式を盛り上げる演出として日本でもそのスタイルを取り入れるようになっています。ただ、そこまで海外のように堅苦しい役割ではないので、演出中心のブライダルメイドとして広まっているんですね。新婦側はブライズメイド、新郎側はアッシャー(男性側の介添え人)を同人数にお願いしてするのも人気です。

スポンサーリンク

ブライズメイドの衣装負担はどっち持ち?

ブライズメイドをお願いされた場合、ドレスやアクセサリーは実費?それとも負担してもらえるのでしょうか?

ここでは、ブライドメイドに必要な「ドレス」「髪型」「アクセサリー」の費用について見てみましょう。

ドレスはどちらが負担する?

一般的に、新郎新婦側です。新婦が選んだドレスを着てもらうので負担するのは結婚する側になります。

髪のセットはどちらが負担?

統一したいなら新郎新婦側のわがままを聞くということなので結婚する側が負担することになりますね。髪型が自由の場合は実費というケースが多いです。

アクセサリーはどちらが負担?

ヘアアクセサリーや小物類も同じもので統一する場合は、基本的に新郎新婦が負担します。持ち合わせのアクセサリーでなんでもOKなら費用は掛からないのでブライズメイド側の実費に。

日本でのブライズメイドのドレスは、ドレスの形は一緒でもカラーを変えたり、髪型はそれぞれ好きなスタイルだったり、アクセサリーで自分らしくアレンジしたり…とかなり自由です。ケースに合わせてどちらが負担するのか変わってきます。費用面はトラブルに繋がりやすいのできちんと最初に花嫁と話し合ってはっきりさせておきましょう。

みんなのブライズメイド体験談

実際にブライズメイドを体験した人は体験してみてどんなことを感じたんでしょうか?

やって良かった?それとも良くなかった?みんなの意見を見てみましょう。

Aさん

ブライズメイドをしたことがあります。新郎新婦さん共に喜んでくれて私も楽しかったですよ。ドレスは新婦負担で会場での打ち合わせにも付き合ったので謝礼を頂きました。細かく配慮してくれてたので楽しい式を過ごすことが出来ました。私の忘れられない思い出になりましたよ。

Bさん

姉の結婚式でお願いされました。映画で見て「可愛い!」と思っていたのでお願いされたときは嬉しかったですよ。お姉ちゃんの結婚式に自分も参加できてることを実感しました。かなり注目されていたので花嫁気分も味わえたかも…

Cさん

親友にお願いされてブライドメイドを引き受けました。分からずに引き受けた自分が悪いんですが、式までに打ち合わせに何度も行かなければいけなかったり、私には似合わない派手なドレスを着ないといけなかったり…。どうして断る勇気がなかったんだろう。写真にも残るし最悪でした。

Dさん

友達から「ブライズメイドをしてくれない?」と一言。「いいよ!」と軽はずみに言わなければよかった…。子供がいる私に頼むのはおかしいんじゃないのかな?式当日は娘も連れて行くけど人見知りだからすぐ泣くし。他の人にお願いしてくれた方が良かったんだけど…。

ブライズメイドを経験していい思い出になった人ともやもや感の残る思い出になった人がいるようですね。

依頼された時は、「どんなドレスで」「費用はどうするか」「他は誰にお願いしていて」「打ち合わせはどれくらい参加するか」など内容を知った上で引き受けるか判断しましょう。軽はずみなOKサインはトラブルや関係に傷をつけてしまうこともあります。

まとめ

ブライズメイドは、写真を撮る時も華やぎますし、新婦にとって素敵な思い出作りが出来る演出です。引き受けた側もあまりないことなので、結婚式を花嫁と一緒に盛り上げる側として充実感を感じることも。

お願いされた場合は、まずどんなことをするのか内容を確認してから判断を。トラブルがないようにしましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事