唇の乾燥 リップで荒れる?効かない場合のおすすめは?

kuchibiru (4)_R

唇の乾燥を防ぐためにリップクリームを塗っているけど、最近荒れてきたような…

これってリップクリームが原因で荒れてるの?効かない場合は他に何を使用したらいい?と、困ってしまいますよね。

今回は、リップクリームで唇が荒れる原因と正しいリップクリームの選び方や使い方をご紹介します。

スポンサーリンク

唇がリップで荒れることってあるの?

乾燥する時期に多くの人が使っているリップクリーム。何度も塗っているのに唇の乾燥がマシにならない、余計カサカサになってしまうなんてことも…。

リップが原因で荒れた時の症状として…

・かさつき
・粉吹き
・皮がめくれる
・ひび割れ
・かゆみ
・ヒリヒリ痛い
・赤く腫れる
・口の周りに小さな出来物が出来る
・出来物から膿が出る

こういったことが挙げられます。リップクリームを使っていて当てはまることはありましたか?

唇は皮膚が薄くデリケートな場所。リップでケアしたつもりが逆効果になることもあります。

唇の乾燥にリップが効かない原因は?

唇の乾燥にリップを使っても、効かなかったり荒れてしまうのはどうしてなんでしょうか?

考えられる原因は次の通りです。

リップクリームの選び方が悪い

買ったリップが肌に合わない原因は、リップクリームの選び方に問題があるかも。特に多くの人に当てはまる原因はこちらの2つです。

ひまし油が使われている

多くのリップクリームにひまし油が使われていますが、唇が荒れる人はこのひまし油が肌に合っていないことが多いんです。使ってみてもし荒れた場合は、一度原材料の部分をチェックしてみましょう。「~~~ヒマシ油」の表記です。

メントールが肌に合わない

薬用のリップクリームに使われているスッとする成分のメントールが肌に合っていないということも考えられます。メントール入りのものを止めて普通のものを使ったら荒れなくなったという人も意外に多いんです。

使い方が悪い

日常の習慣や癖などが唇を荒らす原因を作っていることも。あなたのリップクリームの使い方は間違っていませんか?

食後にすぐ使う

食後に、リップクリームが取れたからとすぐ使うのはNGです。食べかすがリップクリームに付着してそこから菌が繁殖すると唇を荒らしてしまう原因に。食後に使う場合は唇を拭き取り綺麗にしてから使うようにしましょう。

スポンサーリンク

寝る時にも使う

寝る時にも乾燥を防ぐためにリップクリームを塗っている人もいると思いますが、実はこれNGなんです。油分が唇を荒らす原因になるので止めておきましょう。

唇をよく舐める

唇を舐めることでリップクリームに含まれる油分が減ったり、菌が付着して荒らす原因を作ってしまいます。また、舐めるという行為自体が乾燥を促進させてしまうのでご注意を。

リップクリームを使って合わない時は、成分を確認してみたり、習慣で唇が荒れる原因を作っていないかどうか確認して「自分の場合は何が原因か」を見つけましょう。

唇の乾燥対策 リップクリームのおすすめは?

リップクリームで唇が荒れてしまう場合、唇の乾燥を防ぐために何を使えばいいんでしょうか?

リップクリーム意外に使える唇の乾燥対策アイテムはこちらです。

ワセリン

ワセリンは、「肌荒れ」「湿疹」「痒み」「切り傷」「火傷」などに使われるもので、皮膚表面に膜を張って水分の蒸発を防いでくれます。一般的に「白色ワセリン」と呼ばれ薬局やドラッグストアで購入できます。ワセリンは基礎化粧品のクリームに使われているように、肌トラブルが少なく使いやすいのが特徴です。

蜂蜜

モデルさんや芸能人の人が唇のケアに使っているのが蜂蜜。入浴後、唇に蜂蜜を塗ってラップをするリップパックで潤いのあるプルプルの唇に。天然素材で保湿力の高い蜂蜜はリップの乾燥ケアに最適。リップクリームを塗って寝るのはNGですが、蜂蜜なら天然のものなので安心して使えますね。

馬油

馬油は保湿力が高くて、アトピーや乾燥肌のケアに使われているアイテムです。唇の荒れでは、口角(唇の両端)が切れたり荒れたりするときに使うのが特に効果的。馬油で出来たリップクリームもあります。

ワセリンは唇に塗る場合、固めのタイプがおすすめ。柔らかいものだと持続性やテカりが気になるかも。この3つも肌に合わないという場合は、一度皮膚科を受診しましょう。

まとめ

リップクリームで唇が荒れてしまうことって結構多いんです。ひび割れたりカサカサになると口紅を塗れないということも…。

付けた時に「痒くなる」「ヒリヒリ痛い」「乾燥が治らない」場合は、使用中のリップクリームを塗るのを止めて他のものを試してみましょう。それでも症状が出る時は、皮膚科を受診して専門のお医者さんに見てもらうように。化粧品でのアレルギー反応は厄介なものもあるので早めの受診をおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事