手荒れが治らないので病院へ!薬や費用は?【私の体験談】

teare (2)_R

手荒れがひどくて治らない!

自分で出来ることはしてみたけど悪化したり効果がなかったり…そこで病院に行ってみました!

今回は、手荒れで病院に行った私の体験談や処方された薬についてお伝えします。

スポンサーリンク

手荒れでハンドクリームが効かない!?

手荒れでいろいろなハンドクリームを試したけど全然効かず…。そんな私が病院へ行くことを決めるまでの経緯をまとめてみました。

手荒れのきっかけ

手荒れのきっかけは、20歳の頃に飲食店に勤務したことがきっかけです。その後も、結婚を機に家事で水仕事が増えたり、スーパーの惣菜コーナーで働いたりして手荒れは改善されずどんどん悪化しました。

仕事で手荒れが悪化

手荒れの原因は、飲食店が生肉を扱うレストランだったので衛生面で手洗いや消毒は徹底して頻繁に行っていました。基本手袋をしていましたが、作業によっては手袋をとって直接食材を触ることもあり、きついアルコールスプレーをつけていたのでそれも手を荒らす原因になりました。野菜を食用の消毒剤につけたり、きつめの中性洗剤を使ったりしたことで手荒れが悪化するのは早かったです。

結婚後に勤めたスーパーの総菜コーナーでも手の脂分がかなり減って手荒れしやすい状態を作っていたと思います。

私の手荒れの症状

利き手の薬指と中指の付け根から第2関節の間が痒くなり、掻いてしまうと疱疹が出来て赤く腫れ皮が剥けて荒れ出します。さらに疱疹部分を掻くと汁が出て別の場所に付着するとそこも痒くなり、ひどい時は手のひら全体まで痒くなり熱っぽく赤くなることがあります。痒みもどんどんひどくなり掻かずにはいられなくなり、関節のシワ部分がパックリ割れて血が出たりします。

手荒れしやすい時期

私の場合、最初は季節の変わり目(冬から春、秋から冬)に痒みが出だして手荒れがひどくなりました。でも今は季節関係なく夏であっても症状が出ます。ひどくなると乾燥する時期かどうかは関係なくなるんですね。

自分で行った対策

市販のハンドクリームやおすすめされた界面活性剤や防腐剤不使用のハンドクリームをいろいろ試しましたが、全て効果がないか逆効果で悪化しました。

また、掻いてしまうのを防止するのと汁が移ってしまうのを防ぐために絆創膏をぐるぐる巻きに巻いたこともあります!そうすると手がふやけたような状態になり皮膚がないゾンビのような手になってしまいました…。

ヒリヒリした痛みもあり、白色ワセリンを塗ってガーゼを当て、薬局で買った綿の白い手袋をしてしばらく過ごしましたが、少しマシになるだけで治ることはなかったです。

水仕事を休んでみた

水仕事を5日ほどお休みした時は、かなり回復しました!実家で食事したり惣菜や外食で済ませたり、お風呂はシャワーのみにして湯船を洗わなくてもいいようにしました。洗濯はゴム手袋をして作業しました。食器洗いやお風呂掃除など水仕事をしないように工夫するとマシになりましたが、お金もかかるのでそんなに頻繁には出来なかったですね。「どうにかしないとやばいな…」と思った時の応急処置としてやっていました。

スポンサーリンク

自力でやってみたけど、全然完治する見込みがなくひどい状態に…。病院に行くのは面倒、費用がかかりそうという理由で避けていましたが、ひどい状態にようやく病院へ行くことを決心しました!

手荒れで病院を受診 出された薬について

病院を受診したのは、ゾンビのような手になってから…。

受診時の手の状態

初診時は、絆創膏を貼って手がゾンビのような皮膚のない状態になっていました。ヒリヒリ痛くて痒みもあり血も所々から出ていました。綿の白い手袋をはめていき、診察室で外した時に先生が「これはひどいね…、かなり痒いでしょう?絆創膏とか巻いてしまった?」と。症状を当てられたのに驚いたのと同時に、理解してもらえたことで安心して先生にお任せすることが出来ました。

先生のお話

この状態になったいきさつを説明すると、皮膚の一部をピンセットで取り、顕微鏡にかけて調べてくれました。先生のお話しによると手の湿疹で、湿疹にもいくつか種類があるので薬をつけて症状がどうなるかを見ていきましょうとのことでした。就寝時は薬を塗って綿の手袋をはめて寝て下さいと言われました。

処方された薬

1回目に処方されたお薬…フルメタ軟膏0.1%

ステロイドで炎症による痒みや赤み、腫れを改善する湿疹や蕁麻疹などに使われる塗り薬です。

2回目に商法されたお薬…ダイアコート軟膏0.05%

湿疹や皮膚の炎症に使われる塗り薬で炎症による痒みや手荒れの症状を改善するお薬です。金属アレルギーなど他にも皮膚の炎症に効果のあるマルチに活躍する塗り薬です。

薬を使ってみた感想

1回目のお薬は、塗り始めは痒みが治まりマシになったんですが、またすぐに痒みが出てきました。でもゾンビ状態だった皮膚は治りました!2回目に処方されたお薬は、痒みが消えて手荒れもかなり回復しました。今も継続してその薬を使っています!どうしても水仕事はしないといけないので、完全に完治出来ていません。痒くなったり手荒れが出ると薬を塗って抑えるという感じです!

現在も病院に通っていますが、手の湿疹は主婦の人はどうしても完治は難しいようです。手湿疹の一番の完治方法は水仕事をしないこと。でもそんなこと出来ないので、薬で痒みを抑えて手荒れに繋がる原因をなくすようにしているんですね。

まとめ

病院に行くことで、今までハンドクリームは効かなかったのに痒みが治まったことに感動しました。こんなことなら早く行っておくんだった…と。

費用も病院によって異なりますが、私の場合、初診で1,700円、2回目は580円(薬代も含めて)とハンドクリーム代より安くで症状を抑えられましたよ!

主婦は水仕事を無くすことが出来ないので、完治は難しいですが、処方された薬を塗ることで症状が抑えられます。

手荒れの症状で悩んでいる人は、1度病院を受診されることをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事