水とお湯 手荒れするのはどっち?なぜ?洗い物の手荒れ対策

水とお湯、どちらが手荒れしやすくなるの?

寒い時はお湯を使わないと洗い物が出来ないけど、手荒れしない対策は?

そこで今回は、水とお湯との手荒れとの関係について、私の経験も交えながらお伝えします。

スポンサーリンク

水とお湯 手荒れしやすいのはどっち?

手荒れは水仕事でなることがほとんど…。そうすると、水とお湯ならどちらが手荒れしやすいのか気になりますね。

水?それともお湯?水とお湯はどちらが手荒れしやすいんでしょうか?

みんなの意見

Aさん(主婦)

冬になると指先がパカッと割れてしまいます。お湯を使ってお皿洗いをするからと分かっていても冬の寒い時に冷たい水を使う気にはなりません。

Bさん(男子学生)

お湯で手を洗うと必ず手が荒れてしまうので年中水で洗うようにしています。小さい頃からそうでした。

Cさん(パートタイマー)

レストランの洗い場で働いています。普段から手荒れには気をつけていてハンドクリームは欠かせません。特に冬場は油断すると手荒れしてしまうのでハンドクリームを忘れないように気をつけていますよ。

私の場合

私の場合、年中手荒れで悩まされていますが、特に冬のお湯を使った皿洗いの時は確実に手荒れが悪化します。お湯で洗い物をした後は必ず痒さも倍増して掻いてしまい悪化の繰り返し…。

手荒れする原因の多くが水仕事ですが、水よりもお湯の方がより手荒れしやすくなるんですね。カサカサになったりパックリ割れが出来たり、人によって症状の出方は様々。お湯を使う時は対策が必要ですね。

お湯で手荒れするのはなぜ?

手荒れとは、手の表面の皮脂が減ることで角質層が傷つけられ、傷ついた部分から皮膚の水分が蒸発して乾燥状態になることで起こる手の皮膚疾患の総称です。

では、なぜお湯で手荒れしてしまうんでしょうか?

お湯で手荒れする理由

洗浄力が強い

お湯で手荒れする原因の1つが、お湯の油を落とす洗浄力です。カレーを食べた後のお皿を洗う時、水よりお湯の方が落ちやすいですよね?それはお湯が油分を落としやすいから。温度が高いほど油分を落とす力も強くなります。そうすると皮脂にまで影響して手を保護していた脂分も一緒に落としてしまいます。皮膚の皮脂や水分がなくなることで手の乾燥を招き手荒れしてしまうんですね。

乾燥しやすい季節

次に考えられる原因が、冬の乾燥するシーズンにお湯を使うから。もともと空気の乾燥するこの時期に、皮脂を落としやすいお湯を使うことでさらに追い打ちをかけるように脂分を奪ってしまいます。また、水分の蒸発を促してしまうので結果的に手荒れに繋がるということ。

洗剤との相乗効果

3つ目の原因は、お湯と一緒に使う洗剤がさらに皮脂を落としてしまうから。お湯だけでも皮脂を落としてしまうのに、洗剤を使うことでさらに皮脂を奪い肌を保護するバリアが弱まります。洗剤に含まれる界面活性剤などの化学物質が弱った部分に刺激を与えてしまうので手が荒れてしまうんです。

スポンサーリンク

お湯の方が手荒れしやすいといっても寒い冬は、お湯なしで洗いものは考えられないという方も多いでしょう。私も手荒れがひどい時にしばらく水で洗いものをしたことがありますが、霜焼けになりそうなくらい冷たくて体を冷やしてしまいました。

洗い物の手荒れ対策

寒い時期は「お湯はNGだから…」と水で洗い物をするのは辛いですね。

お湯を使って洗いものをする場合、どんな工夫をすればいいんでしょうか?

私がやっている手荒れ対策を症状の軽い人とひどい人に分けてご紹介しますね!

手荒れが軽い人の対策(カサカサ、粉噴き、ささくれ)

まずは比較的手荒れの症状が軽い場合の対策です。

ぬるま湯を使う

症状が軽い場合は、お湯ではなくぬるま湯を使うようにします。冷たい水は無理でもぬるま湯程度なら洗い物がしやすいですよね。お湯の温度で皮脂の落ち具合も変わってくるので、なるべく温度は低くぬるま湯を意識しましょう。

洗い物の後はハンドクリームを塗る

洗い物を洗った後は、手のケアをしっかりしましょう。長年レストランの洗い場で働いている知人は、洗い物が終わった後のハンドクリームは欠かしたことがないと言います。そのおかげで手荒れになることがないんだとか。

手荒れがひどい人の対策(パックリ割れ、痒み、疱疹、腫れ)

次は、手荒れがひどいときの対策です。

ゴム手袋は必需品

手荒れがひどい人は、なるべくお湯に触れないようにすることが大切です。洗い物をする時には、ゴム手袋は必須。するとしないでは症状の出方が全然違うのでゴム手袋をしましょう。

介護用手袋が使える

ゴム手袋は、ものによってゴム手袋自体が手荒れの原因になってしまうことも。天然ゴム100%のものは特に手荒れをする可能性があります。そんな人におすすめなのが介護用の使い捨て手袋です。フィット感がある薄手の手袋で使いきりなので衛生的にも清潔を保てます。

白色ワセリン+綿の手袋+ゴム手袋が効果的

1番効果がある対策は、洗い物をする前に白色ワセリンを手に塗り、その上から綿の手袋をはめてゴム手袋をすることです。手荒れがかなりひどい状態の時、私もこの方法でしばらく続けていました。荒れることはなくお湯を気にせず使えるので、準備するのは手間でしたが辛い症状を考えれば出来ました。ただ、ひどい状態がマシになったら面倒なのでしなくなりましたが…。

手荒れの進行具合でお湯を使う時の対策方法を変えましょう。手荒れがひどくないけど痒みがある場合は、温かいお湯を触ると痒みが強くなることがあるので、ゴム手袋をした方が良いですよ。ゴム手袋をする時でも基本お湯の温度はぬるま湯がおすすめです。

まとめ

水とお湯では、お湯の方が手荒れしやすです。冬はお湯を使って手洗いをしたり洗い物をしたりと、皮脂を落としてしまうことが多く、さらに空気も乾燥していることで皮膚の水分が蒸発しやすい状態。

洗い物の後はハンドクリームを塗るなどアフターケアをしっかりして、手荒れしている時は出来るだけお湯に触れないようにしましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事