足の爪が白い&厚いのは水虫?爪水虫の特徴や見分け方

足の爪が白っぽくなって厚くなっているような気がするけど、これってもしかして爪水虫?

足の爪が白くなったり厚くなるのは水虫になったからなんでしょうか?そもそも爪水虫ってどんなもの?

そこで今回は、足の爪が白い&厚いのは水虫が原因かについてまとめました。

スポンサーリンク

足の爪が白いのは水虫?

mizumusi (4)_R

「あれ?この指、他の指のつめに比べると白くて厚い気が…。」足の爪の異変に気づいた時、これって水虫かも…と疑うことも。

みんなの口コミでは

・数年前から足の親指の爪が徐々に厚くなって白く変色し始めました。気になり病院で白癬菌に感染していないかテストをしましたが、爪水虫ではありませんでした。(20代女性)

・長年足の水虫に悩まされています。爪も変色して爪の周りの皮膚が赤く腫れ上がり痒いです。厚くなっていて違和感もあり病院へ行くと白癬菌に感染していると診断されました。(40代男性)

・爪が白っぽくなって筋が入ったようになっていたので「爪水虫?」と思ったんですが、数ヶ月経ったらいつの間にか普通の爪に戻っていました。(50代女性)

このように、足の爪が「白くなる」「変色する」「厚くなる」「変形する」原因は、爪水虫である場合とそうでない場合があります。

この足の爪が白くなるという症状、水虫の他に原因として考えられるのが栄養不足や老化によるものです。タンパク質や亜鉛不足が原因で爪が白くなってしまうんですね。

その他に考えられる原因として、別のカビや細菌に感染して起こるものや疾患の影響でなるものもあります。中でもカンジタ菌による症状と爪水虫の症状が似ているので区別が難しいです。

爪が白くなったから「爪水虫に感染した!」ということではないんですね。

爪水虫の特徴

では、爪水虫を見分けるにはどうしたらいいんでしょうか?

爪水虫の特徴はこちらです。

爪水虫とは

白癬菌(はくせんきん)と言うカビによって起こる感染症です。足の裏の水虫も白癬菌によるもの。

スポンサーリンク

親指や小指の爪からなりやすく、爪の中に入り込んだ白癬菌は、爪に含まれるケラチンをエサに爪の中で増殖を繰り返し感染を拡大していきます。

水虫になると痒くなる?

爪水虫は痒みがありません。そのため気づかない人も多いと言います。しかし、爪の周りの皮膚が痒くなることがあります。また症状が進んだ場合、痛みを感じることも。

水虫になるとどんな色に変色する?

mizumusi (1)_R

初期段階では、白っぽくなったり、白い筋が入ったりすることが多く、進行するにつれて黄色やくすんだ黄土色、最終的には黒くなることも…。

水虫になるとどんな形に変形する?

1番の特徴は、爪が分厚くなります。またもろくなった爪がボロボロ剥がれ落ちることもあります。剥がれ落ちては再生して…を繰り返すうちに段々爪がデコボコに…。

水虫の見分け方は?

爪の変色や変形は他の原因でも起こるため、自己判断では見分けるのが難しいです。これらの症状が当てはまり疑わしい場合は、すぐに皮膚科を受診して水虫に感染しているか検査を受けましょう。

爪水虫は足裏の水虫に比べて感染力が強く治療も困難なため、少しでも早い治療が必要です。ちなみに私の義母の場合、感染してから完治するまでに2年皮膚科に通ったそうです。

あなたの症状は爪水虫の症状に当てはまりましたか?

もし少しでも当てはまることがあるなら水虫の検査を受けることをおすすめします。検査をして水虫じゃなかったという人も多いんです。安心のためにも検査を受けてみては?

おわりに

私も以前足の爪が白っぽくなったことがあります。白い筋が入りザラザラした感じでした。見た目は乾燥してるなぁ~という感じ。

ちょうど炭水化物や肉を控えたダイエットをしている時でした。今思えばタンパク質などの栄養不足が原因だったんですね。

当時は爪水虫のことを知らなくてそのまま放置していましたが、もし爪水虫だったら家族に移してしまったり症状が進行して大変なことに…。

爪水虫ということもあるので、疑わしい場合は検査を受けましょう!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事