喪中はがきで出産報告はマナー的にどう?いつ報告すればいい?

出産すると、年賀状で出産報告をかねようと考える人は多いと思います。しかし喪中の場合は年賀状を出さないため、喪中と重なった場合にはどうすればいいか、悩みませんか?

喪中だけど出産報告がしたい時はどうすればいいのでしょうか。

スポンサーリンク

喪中はがきで出産報告はありなし?

喪中はがきとは、身内に不幸があり喪に服しているので、新年のお祝いの挨拶や年賀状を送ることは控えるということを、前もってお知らせするという役割があります。

そのため、喪中はがきに出産報告などのお祝い事を書くのはマナー違反です。

もし自分が、喪中と出産両方のお知らせが書いてあるハガキを受け取ったらどうでしょうか。悲しはずの喪中のお知らせと、嬉しい出産報告のお知らせ、どうしたらいいのか戸惑ってしまいませんか?どちらも知りたいことではありますが、一枚のハガキに両方の報告が書いてあると、いい気分にはなりませんよね。

受け取る人も困りますので、喪中はがきで出産報告をするのは絶対にやめましょう。

喪中のとき出産の報告はどうする?

喪中だけど出産したことは嬉しいことなので報告したいという場合、どんな方法があるのか例を挙げてみたいと思います。

スポンサーリンク

次の年の年賀状まで出産報告はしない

急いで出産報告をする必要がないと思う人は、次の年の年賀状まで出産報告を待ってもいいと思います。どうしても報告が必要だと思うような親戚や親しい友人には、メールなどで連絡できますよね。年賀状くらいしか連絡をしていないという知人には、出産報告は急いでしなくてもいいのではないでしょうか。

「寒中見舞い」に出産報告を添える

寒中見舞いはお祝いのハガキではないので、喪中でも送ることができます。文中に出産報告を添えて送るのがおすすめです。寒中見舞いなので、出産報告がメインになるような写真などはなしにして、サラッとした報告にしたほうがいいでしょう。

クリスマスカードを送って出産に触れる

出産報告をしたいような親しい友人なら、クリスマスカードを送るのはどうでしょうか。出産に触れる文章を書いておくと、出産報告の代わりになりそうですね。

私の場合

そもそも、出産報告だけをお知らせするハガキが届いたことはありません。みんな年賀状で出産報告をするというパターンでした。喪中の人からは、出産報告が別で届いたことはなく、次の年の年賀状で「1歳になりました」という内容で届いています。

まとめ

今の時代、子供が欲しいと思っていてもできない人がいたり、事情があって子供がいなかったりする人もいます。すごく親しい友人でも、出産報告だけをわざわざハガキでする人は少ないのではないでしょうか。もちろん友達が出産すると嬉しいですし、喜んでいるという気持ちもよくわかります。しかし喪中の場合は、出産報告は次の年の年賀状まで待ってみるほうがいいと個人的には思います。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事