卒園式の服装 母親が礼服ならコサージュの色のおすすめは?

kosage_r

卒園式で礼服を着る時、地味になりすぎないようコサージュでオシャレにアレンジしたいですよね。どんなコサージュが礼服に合うのでしょうか。今回は、コサージュの色やデザインの選び方をご紹介します。

スポンサーリンク

卒園式に礼服を着るならコサージュで華やかに!

礼服は喪服として準備している人が多いですよね。そのままだと地味になってお葬式のようになってしまいがちです。コサージュは色々な種類があり、付けるだけで一気に華やかな印象になりますので、卒園式に礼服を着る場合はコサージュは必須アイテムですよ。

コサージュを付けるのは、左胸より上の鎖骨の辺りがいいですね。顔に近い場所にコサージュを付けることで、礼服が、卒園式というお祝いの式にふさわしい華やかな装いになりますよ。

卒園式の服装 母親のコサージュの色は何色がいい?

コサージュの色

卒園式でつけるコサージュの色には、特に決まりがあるわけではありません。しかし、コサージュの色によって見た人に与える印象はかなり違います。

礼服は黒色ですので、コサージュが黒色だと全身が暗い印象になってしまいます。お祝いの式ですし、黒色はお葬式をイメージしてしまいますので避けるべきでしょう。

濃いめの色(赤、紫、ブルーなど)

濃い色だと、コサージュだけが浮いた印象になってしまいがちです。卒園式では落ち着いた印象のコサージュがお勧めですし、何より礼服には似合いませんね。

スポンサーリンク

明るい色(ベージュ、アイボリー、クリーム、ピンクベージュ、シルバーなど)

上にあげたような明るい色のコサージュだと、落ち着いたイメージもありつつ華やかさも感じさせてくれますし、清潔感があっていいですね。顔周りも明るくなりますのでお勧めですよ。

白色

白色も明るい色ですが、礼服に合わせるときには真っ白い色だとコントラストが強すぎて、コサージュだけが目立ってしまいますので避けたほうがいいでしょう。

コサージュの素材

シルク、オーガンジー、レースなどの素材のものがお勧めです。カジュアルなものは選ばないように気を付けるといいですね。パールがあしらわれていると、華やかで上品な感じになりますよ。

価格と購入場所

コサージュはそれほど高い金額でなくても、いろいろな種類のものがあります。私が購入したことがあるコサージュは2,000~4,000円の価格でした。素材やあしらわれている物によって価格は様々ですが、自分の好みや服のデザインに合ったものを選ぶといいですよ。

最近ではネット通販などで購入する人もいるかもしれませんが、私の場合は、基本的にはお店で実物を見て購入するようにしています。

ネットだと色々な種類があって選びやすいように感じる人も多いでしょうが、ベージュやアイボリー、クリーム色などの明るくて淡い色の場合、画面を通して見た色と実物の色とでは、印象が違うことも多いです。

失敗したくないなら、実物をテンポで見てから購入することをおすすめします。

まとめ

礼服にコサージュを付けるときは、明るく淡い色を選ぶことをお勧めします。目立ちすぎず、見た人に落ち着いた印象を与えるコサージュを選ぶように心がけてみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事