喪中のときに年賀状が来たらどうする?寒中見舞いの書き方と文例

kanchumimai_r

喪中はがきを出しそびれてしまって、喪中なのに年賀状が届いてしまうことがありますよね。喪中のために自分は年賀状を出していないため、返事に困ることがあると思います。このような場合にはどのように返事を返したらいいのか、対処法についてお伝えします。

スポンサーリンク

喪中に年賀状が来たらどうする?受け取ってしまったとき

喪中だけど、喪中はがきを出しておらず、年賀状が来てしまったときはどうしたらよいのでしょうか?メールや会ったときに喪中だったことを伝える人もいますが、最も丁寧なのは「寒中見舞い」を出すことですね。

「寒中見舞い」とは?

寒中見舞いは、寒さが厳しい季節に送る便りの一つです。この季節は家にこもりがちになり風邪が流行る季節でもあります。一年の中で最も寒い季節を迎え、寒中見舞いを通して相手の体調を気づかうとともに、こちらの近況を伝えるというものです。

さらに、寒中見舞いのもう一つの使い方として、喪中の方に年賀状の代わりに挨拶状として使ったり、年賀状を出しそびれた人に年賀状の代わりとして出したりします。

寒中見舞いは、松の内(1/1~1/7)があけてから立春(2/4頃)までの間に出しましょう。

スポンサーリンク

寒中見舞いに使う葉書の種類

普通のハガキで大丈夫です。無地のハガキでもいいですが、何となく寂しい感じになります。冬らしいイラストや挿絵の入ったハガキもありますので、こういったものがおすすめですね。

喪中のときの寒中見舞いの文例とポイント

自分が喪中の時に寒中見舞いを書く時のポイントはこちらです。

1.寒中見舞いの挨拶の言葉

2.年賀状を頂いたことに対するお礼

3.年賀状を出せなかったことに対するお詫びと喪中であることのお知らせ(近況を報告するのもいいと思います)

4.今後も変わらずお付き合いなどをお願いする挨拶の言葉

では、実際の寒中見舞いの文例をご紹介します。

<文例1>

寒中お見舞い申し上げます。

新年の賀状を頂きまして有難うございました。
昨年、私どもの義母が永眠いたしましたので、年始のご挨拶を失礼させていただきました。本来であればこちらから欠礼のお知らせを差し上げるべきところ、行き届かずに大変失礼いたしました。

本年もどうぞよろしくお願い申し上げます。

<文例2>

寒中御見舞い申し上げます。

丁重なる年賀状を頂き、ありがとうございます。
昨年○月に○○(故人のお名前)が ○才(年齢)にて他界しましたので、新年の御挨拶を控えさせて頂きました。欠礼のお知らせも申し上げず、大変失礼いたしました。
まだまだ寒い日が続きますが、風邪など召されませぬよう、どうか御身体は大切にされて下さい。

今年もよろしくお願い致します。

寒中見舞いを書くことのメリット

喪中はがきを出していなかったために、年賀状を送ってきた相手はこちらが喪中だということを知りません。せっかく年賀状を送ってきてくれた相手のために、返事を返すということはマナーです。

送った相手からすると、年賀状が届いていないとどうしたのか心配になることもありますからね。一年に一度、年賀状で近況を知ることができるという友人もいるのではないでしょうか。

年賀状を楽しみにしている人もいると思いますので、喪中で出せなかった場合は、自分の近況が伝えられるというメリットもありますので、ぜひ寒中見舞いを出すことをおすすめします。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事