女性ホルモンの肌への影響!更年期の肌荒れと化粧品の選び方!

woman_s (2)_R

ここ何年か体の調子も良くないし、肌の調子もなんだか…
使う化粧品も何が合うか、もうわからない。

こんなお悩みはありませんか?
もしかしたら更年期の影響が肌にも表れているのかも。
なかなか自分のスキンケアに時間も手間もかけられない中、どんな化粧品を選んだらよいのでしょうか?

今回は、更年期の肌トラブルにも負けないスキンケアについてお伝えします。

スポンサーリンク

更年期障害と肌荒れとの関係

更年期は、体調や肌への変化を感じる人が多いです。

気がつくとシミが増えていたり、シワが濃くなったり。顔の輪郭がぼんやりしたり…。ひどくなると、乾燥からの赤みやかぶれ、かゆみを伴う場合もあります。

しかし、同世代でもみずみずしく、若々しく見えるいますよね!その方達との違いは何なのでしょうか。

女性ホルモンが肌へ与える影響

thelady3

更年期の肌トラブルには、女性ホルモンの変化が深く関係しています。

女性ホルモンには、コラーゲン、エラスチン、ヒアルロン酸を生成し、潤いとハリを保ち、シミ・シワ・たるみを予防する働きがあります。

肌を健やかな状態に保ってくれる女性ホルモンですが、20歳をピークに徐々に減り始め、 40歳前後から上がったり下がったりを繰り返しながら、急激に低下していきます。

更年期に肌荒れが起きやすいのは、女性ホルモンが急激に減少してしまうためです。

肌の潤いは水分量と皮脂量のバランスが大事ですが、女性ホルモンのバランスが崩れると、皮脂の分泌量が低下します。結果として、乾燥しやすくなりバリア機能が衰えて、ちょっとした刺激にも敏感に反応するように。

ひどい状態になると赤みやかぶれ、かゆみを伴うこともあります。肌のバリア機能を守るためには、保湿ケアが大事になってきますが、とにかく手をかければ良いわけではありません。

更年期の肌荒れ対策化粧品の選び方

更年期の肌荒れ対策にはどのような化粧品を選べばよいのでしょうか。

保湿は超重要

もっとも大事なのは保湿です。女性ホルモンが減少すると乾燥しやすくなるため、潤いはしっかり補ってあげなければいけません。

油分とのバランスに注意

肌の潤いを保つには、水分だけではなく油分も大事です。ただし、油分が多すぎると毛穴が詰まったり、ニキビなどのトラブルになることもあります。

肌タッチ回数を減らす

乾燥がひどい状態は、バリア機能が衰えている状態です。この場合、ちょっとした刺激にも敏感に反応してしまいます。ダブル洗顔や基礎化粧品の複数使いなど、肌に触れる回数が増えれば増えるほど、肌への負担は増加します。乾燥を防ぐなら、肌へ触れる回数を最小限にするため、引き算のケアも検討しましょう。

余計な添加物は避ける

肌の刺激となる添加物は避けましょう。どの成分が刺激となるかは個人差がありますが、パラベンやアルコール、シリコン、香料、着色料等の添加物は避けましょう。

女性ホルモンの変化に着目した基礎化粧品が続々発売。

昨年から、女性ホルモンの変化に着目した基礎化粧品が続々と発売されています。中でも、世界で初めて肌の中の女性ホルモンの活性化に着目した商品があります。それがThe LADY.ビューティパワークリームです。

thelady4_R

私も使ってみてその凄さに驚きました。

『The LADY.ビューティパワークリーム』私の口コミはこちら↓

The LADY.ビューティパワークリームを使い始めました。即効性に感動!

世界初。肌の中の女性ホルモンの活性化に着目

The LADY.は、女性ホルモンを物理的に増やすのではなく、今ある女性ホルモンがきちんと働く状態を目指し、女性ホルモンの働きを妨げる「不活性化酵素」に最新技術でアプローチします。

シンプルケアで皮膚への負担を軽減

The LADY.は、オールインワンクリームなので、洗顔後はこれ1本でもOK!化粧水~クリームまでの役割を担ってくれます。肌へのタッチ回数を少なくすることで、皮膚への負担を軽減できます。

7つの無添加で肌トラブルを防ぐ

パラベン、アルコール、シリコーン、香料、着色料、鉱物油、動物由来成分という7つの添加物を使わない、無添加化粧品です。

使った翌日から感じるうるおいに感動!

肌内部にアプローチするので変化には時間がかかるのかと思いきや、使った翌日から違います。口コミでも、翌日からの変化に感動する人が続出です。

90%以上の人が改善を実感

実際に商品を使った人によると、肌の潤いやなめらかさ、しわの減少などの8つの項目全てにおいて、90%以上の人が改善を実感したそうです。

また、「VOCE」「VOGUE」「マキア」「美的」「25an」など数々の美容情報誌で特集も組まれたり、美容の専門家からも注目されています。

まとめ

更年期の肌荒れ対策化粧品の選び方は

・水分と油分のバランスが大事
・肌タッチ回数を減らす
・無添加処方のものを選ぶ

をおさえましょう!

また、女性ホルモンを外側から補う化粧品にも注目ですね。

『The LADY.ビューティパワークリーム』私の口コミはこちら↓

The LADY.ビューティパワークリームを使い始めました。即効性に感動!
参考サイト

http://thelady.co.jp/

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事