赤ちゃんに日焼け止めは必要?いつからOK?敏感肌の場合は?

babycar (1)_R

赤ちゃんと一緒に出かける時、紫外線が気になりませんか?

大人と同じではダメだということはわかっているけど、赤ちゃんにはどんな紫外線対策が必要なのでしょうか。

赤ちゃんに日焼け止めを使うこと、また使い方について、私の体験談を交えてお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんにも日焼け止めは必要?

以前は赤ちゃんに勧められていた日光浴ですが、紫外線が体に悪影響を与えるということがわかってきたため、1998年に母子手帳から「日光浴」を勧める文章は消えました。

赤ちゃんの肌は特に薄くデリケートで、バリア機能が不十分です。少しの刺激にも敏感に反応してしまうため、赤ちゃんの頃から紫外線対策をすることはとても重要なんです。

紫外線を浴びることで将来皮膚がんになることがありますので、赤ちゃんにも日焼け止めを塗ることは必要です。

しかし、低月齢の場合や敏感肌の赤ちゃんには、日焼け止めを使わない方がよい場合もあります。日焼け止めを塗ることで肌に強い負担となるめです。肌の弱い赤ちゃんには日焼け止め以外の対策をおすすめします。

赤ちゃんへの日焼け止めはいつから使っていいの?

赤ちゃんに日焼け止めをいつから使っていいのかについては、人によって考え方が違います。

乳児の日焼け止めの使用について先生に聞いてみた

私も皮膚科や小児科の医師に聞いてみましたが、先生によって考え方が違いました。3か月から使ってもいいという先生もいれば、6か月から大丈夫という先生もいたり、1歳まではなるべく使わないほうがいいという先生もいました。どの先生にも共通していたことは、あまり早くから日焼け止めを使うのは止めたほうがいいということでした。

乳児の日焼け止めはいつから?我が家の場合

色々な意見を聞いてみて、私は子供に6か月から日焼け止めを塗ることにしました。乳児湿疹やオムツかぶれがすぐにできたりするなど敏感肌だったようなので、低月齢で使い始めるのは止めようと思ったからです。

スポンサーリンク

赤ちゃんにいつから日焼け止めを使うか?について、生活環境にもよります。出かける機会が多いかどうか、敏感肌かどうか、日差しを避けるためにベビーカーに乗っていてくれるかどうかなど。子供の様子に合わせて使い始める時期を決めましょう。

赤ちゃんの日焼け止め 敏感肌の選び方

赤ちゃんに日焼け止めを塗る場合、ベビー用を選ぶようにしましょう。紫外線散乱剤タイプの日焼け止めがお勧めです。「ノンケミカル」「紫外線吸収剤フリー」と書いてあることもあります。

SPFとPA値が高いものは肌に負担のかかるものが多いです。日常生活ではSPF15~20、PA++くらいで十分です。日焼け止めをきちんと洗い流すことも大切なので、石鹸やボディーソープで落とせるタイプを選んでおくといいですよ。

敏感肌の赤ちゃんは、使用する前にパッチテストをおすすめします!うちの子供の場合、ベビー用の日焼け止めで同じようなSPFやPA値のものであっても、種類によって合う合わないがあったからです。塗った後に痒みが出るものもありましたので、使う前にパッチテストをするようにしていました。

アトピーの赤ちゃんの紫外線対策は?

月齢の低い赤ちゃんやアトピーがあるなどの特に敏感肌の赤ちゃんの場合は、日焼け止め以外の紫外線対策がお勧めです。

ベビーカーに紫外線防止の生地でできた大きめの日よけを付けたり、薄手の長袖や長ズボンを着せて肌の露出を控えるといいですよ。

うちは紫外線防止効果のある布をベビーカーに乗せた子供に掛けていました。抱っこしている時は、かなり大きめの日傘をさして日差しが当たらないようにしていました。

まとめ

ちょっとだけの外出でも、赤ちゃんにとって紫外線は悪い影響があります。紫外線対策は、毎日の積み重ねが大切です。日焼け止めを上手に使ったり、直射日光が当たらないようにすることで、赤ちゃんの肌を守ってあげてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事