子供服のお下がりは迷惑って本当?いらない?欲しい?みんなの本音は?

サイズアウトした子供服、捨てる?あげる?とりあえず置いておく?

お下がりとして誰かにあげるなら、喜んでもらえる人にあげたいですよね。
子供服のお下がりは、「ぜひ欲しい!」という人もいれば「正直、いらない。迷惑…」と、感じる人もいます。

あげる場合には、どのような点に気をつければよいのでしょうか?
私の経験談も含めて、ご紹介します。

スポンサーリンク

子供服のお下がりは迷惑って本当?

あげる側は、喜んでもらえると思ってお下がりをあげるのに、迷惑だと思われたら悲しいですよね…実際のところはどうなのでしょうか?

子供服のお下がりはいらない派の意見

まず、お下がりがいらない派の意見はこちらです。

・好みじゃない服でも受け取らないといけない感じ。柄やデザインが古すぎるものがあるので、もらっても困る。

・お返しのことを考えると面倒なので、いらない。

・赤ちゃんの時は新しいものを着せたいので、ベビー服のお下がりはいらない。

ファッションにこだわりがある人、新しいものを着せたい人にとってはお下がりは迷惑と感じることも…。
また、厚意でいただくとしてもお返しに気を使うという人もいるようです。

子供服のお下がりは欲しい派の意見

次に、お下がりはぜひ欲しい派の意見をみてみましょう。

・2人目以降になってくると、新品の服にこだわることはないのでお下がりをもらうと嬉しい。

・季節ものの洋服は特にもらうと嬉しい。コートや水着は有難いです。お出かけ用のワンピースやセレモニー用の服なんかももらえると助かります。

・毎日同じものを着せたくないので、お下がりをもらえると嬉しい。

1人めと2人めだと、服に対するこだわりも違うかもしれませんね。
また、お宮参りや百日祝いなど使用回数が少ない服を買うのはちょっと…という方には、喜ばれそうです。

スポンサーリンク

私の場合

子供はすぐに服を汚してしまったり、成長して着られなくなったりするものなので、お下がりをもらえるのはとても嬉しいですね。
特に、私の住んでいる地域は小学校が私服なので、毎日同じような服を着ていくわけにもいかず、数があると助かります。
自分が小学生の時は制服があったので、毎日の服に困ることはありませんでした。
私服だと、冬はコートが何着が必要ですし、近所のお店で買うと友達と洋服が一緒ということもあります。
そんな時、違う地域の友人からお下がりをもらうのは、本当に有難いです。

お下がりが迷惑かどうかは、あげる相手によります。
まずは、お下がりが欲しいと思っているかどうかを必ず相手に確認しましょう。
相手がどんな性格なのか、あげる洋服の状態はどうなのかを見極めることも大切ですね。

お下がりをあげるときの注意点

お下がりをあげる際には、いくつか注意点があります!
私がやっているやり方と一緒に紹介しますね。

ほしいものを選んでもらう

私は、好みが決まっている人には、渡すときに欲しいものだけを選んでもらっています。自分の好みではないものをもらっても困るという人もいますので、この方法だと間違いないです。

人を選んであげる

残った洋服は、とにかく洋服なら何でも欲しいと言っている友人にあげることにしています。3人目、4人目になると、洋服のデザインはあまり気にならない人が多いようなんです。その時も、汚れや色落ちが目立つ服は渡さないように気を付けていますね。

同サイズを大量にあげない

同じ人に一度に同じサイズを大量にあげないということも、注意するポイントです。大量にあげすぎてしまうと貰い物だけで洋服が揃うことになり、新しい服を買うタイミングがなくなってしまうんです。新しい服も着せてあげたいと考える人は多いので、あげ過ぎには注意しましょう。

汚れのチェック&お手入れ

しまったままにしておくと、気づかないうちにシミができていることがあります。汚れは必ずチェックしましょう。
また、シミを落としたり毛玉を取ったりして、きちんと手入れしてから渡すようにすると喜ばれますね。

お下がりをあげたくないときは?

お下がりがほしい!と言われても、あまり気が進まない時もありますよね。

断り方としては、私の場合

「親戚にあげると約束しているから」
「汚れているものが多くてあげられない」
「子供が気に入っているので誰にもあげたくないと言っている」

などと言って断ることがあります。

まとめ

お下がりを着せたくない人は、話をしたり着ている物を見るとわかるものです。
自分が大切にしていた洋服なので、大切に着てもらえる人に渡しましょうね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事