アトピーは日焼けで悪化する?日焼け止めクリームの市販の選び方!

アトピーの人が日焼けすると、アトピーが悪化することはありませんか?
アトピーと日焼けにはどんな関係があるのでしょうか?
また、日焼けを防ぐためにアトピーの人でも使える日焼け止めをまとめました。

スポンサーリンク

アトピーは日焼けで悪化する?

アトピーの人は、肌を守るバリアの機能が弱いので日焼けをしやすいという特徴があります。バリア機能が低下した肌は、乾燥しやすい状態になっており、紫外線の影響を受けやすくなっています。このことが日焼けによる炎症を起こしやすく、アトピーの症状を悪化させてしまう原因なんです。

バリア機能が低下した肌は雑菌などが増えやすい状態になっているので、日焼けによってできた湿疹やかぶれを掻きむしってしまうこともアトピー悪化につながってしまいます。

アトピーさんでも使える日焼け止め 市販の選び方とおすすめは?

アトピーさんの日焼け止めクリームの選び方

紫外線散乱剤使用(ノンケミカル)のものを選ぶ

紫外線を防ぐための成分として、「紫外線吸収剤」と「紫外線散乱剤」という成分があり、「紫外線散乱剤」の方を選びましょう。
「紫外線吸収剤」は、いったん紫外線を肌に吸収して化学反応を利用して紫外線が皮膚に届かないようにブロックするものなので、肌に負担がかかります。
「紫外線散乱剤」は、化学変化で紫外線を処理するのではなく、紫外線を反射させたり散乱させることで肌に届きにくくしますので、肌への負担が軽く低刺激なんです。

無香料・無着色・アルコールフリー

香料や着色料、アルコールなどは肌に刺激があるので、香料や着色料、アルコールなどが入っていない無添加のものを選びましょう。

SPF値にとらわれすぎない

SPF値が高いものは紫外線を長時間防いでくれますが、そのぶん肌への負担も大きいです。SPF値は低くてもこまめに塗りなおすことで効果が持続しますので、成分を大切に選びましょう。

石けんやボディーソープで落とせるものを選ぶ

毎日使うものなので、手軽に落とせることも大切です。クレンジングでゴシゴシ肌をこすることは刺激になりますのでお勧めできません。石鹸やボディーソープで落とせるものを選びましょう。

スポンサーリンク

アトピーさんにおすすめの日焼け止めクリーム【3選】

アトピーさんに人気のある低刺激の日焼け止めクリームを3つご紹介します。

NOV(ノブ)UV EXシリーズ

紫外線吸収剤不使用の日焼け止めです。なめらかな使用感でのびがよく、石けんやお湯で落とせるタイプがあります。SPF32PA+++からSPF50PA++++まであり、ローションタイプ、ミルクタイプ、クリームタイプなどがありますので、好みや用途に合わせて選ぶことができます。

ミノン アミノモイスト ブライトアップベースUV

SPF47PA+++のノンケミカルタイプの化粧下地です。肌色を美しく自然な明るさに補正してくれるので、化粧下地にはお勧めです。

アベンヌ ミネラルUVシールド

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

資生堂 アベンヌ ミネラルUVシールド
価格:2815円(税込、送料別) (2017/7/18時点)

SPF50+PA++++で天然ミネラルの紫外線散乱剤が紫外線をカットします。アベンヌ温泉水と保湿成分配合で肌をしっとりさせ、うるおいを守ります。

アトピーで日焼け止めを塗らないのはありなし?

どんなに肌への刺激が少ない日焼け止めを選んだとしても、肌に塗ることで刺激になりますし、合わないこともあります。そういったことが心配な人は、日焼け止めを塗らないという選択もありです。
日焼け止めを塗らないぶん、肌の露出を控えたり、カバーをしたりすることで紫外線を避ける工夫をしてみてはいかがでしょうか。

まとめ

アトピーの人に限らず、肌が敏感な人は紫外線から肌を守ることはとても大切なことです。
低刺激の日焼け止めでも肌に合うかどうかは使ってみないとわからないので、使用前にパッチテストをすることを忘れないでくださいね。

塗る日焼け止めで肌荒れをしてしまう人には、『飲む日焼け止め』という選択肢もあります。飲む日焼け止めは、サプリタイプで体の内側から紫外線対策ができるんです。
私も飲んでいるのですが、肌ストレスが減りました^^

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事