お年玉にお返しは必要?親・親戚・いとこ・会社等、相手別の対応マナー

子どもにお年玉をもらったら、お返しは必要なのか悩んだことはありませんか?

いただいた相手に子どもがいない場合は、特にどうしたらいいのか気になりますよね。
どうすれば失礼にならないのでしょうか。

今回は、お年玉のお返しの相手別に対応についてお伝えします。

スポンサーリンク

お年玉にお返しは必要?

基本的には、お年玉にはお返しは必要ないという考え方が一般的です。
しかし、地域や親族の習慣によって考え方は様々あります。
必要、不要の両方の意見をご紹介します。

お年玉のお返しは必要派の意見

・もらった相手に子どもがいれば同じ程度は返せるけど、子どもがいない場合はもらいっぱなしは気が引けるので、お返しが必要だと思う。

・いただいて嬉しいという気持ちを、お返しという形で伝えたいから。

お年玉のお返しは不要派の意見

・お年玉は子どもにあげるものなので、お返しは必要ない。

・お返しをすると、他人行儀だと思われてしまう気がするのでお返ししない。

・お返しに品物を贈ると、逆に相手に気を使わせてしまうと思うし、自分だったらお返ししてほしくない。

私の場合

今までお年玉にお返ししたことはありません。お年玉は身内からしかもらったことはないのでお返が必要だと考えたこともありません。
でも、もし相手が身内以外の人だったら、何かの形でお礼の気持ちを伝えることはするでしょう。
すぐにお返しという形で返してしまうのは、相手の人の好意を無駄にしてしまうかもしれませんよね。なので、しばらく経ってから、お土産や地元の特産品などを贈ることでお礼の気持ちを伝えます。

スポンサーリンク

お年玉のお返し マナー的にはどうする?相手別に私の場合

親(祖父母)からもらったら

まず、親や祖父母からの場合はお返しはしません。お返しが必要だと考えている親はまずいないでしょう。「ありがとう」という気持ちをきちんと伝えれば十分だと思います。

親戚からもらったら

お礼の気持ちを伝えることはもちろんですが、相手の方に子どもがいたら、年齢に合わせたお年玉を渡します。

子どもがいない場合、親しく親戚付き合いしている人であればお返しは必要ないと考えます。

普段それほど合わない親戚であれば、後日子どものお礼の手紙とともにお礼を渡すようにしています。

いとこからもらったら

いとこに子どもがいる場合は、いとこの子どもにお年玉をあげています。

子供がいない場合は、子どもが出来たときにお年玉をあげるようにしています。それまでの間は、一緒に食事に行ったり旅行のお土産を渡したりしてお返ししています。

会社や仕事先の人からもらったら

身内以外の人からお年玉をいただいたことはありませんが、会社や仕事先の人からもらったら、それなりのお返しをすると思います。
相手の人に子どもがいればお年玉として渡して、いない場合はお年賀を贈るといいのではないでしょうか。

友達からもらったら

相手の友達に子どもがいれば、当然お年玉を渡すことでお返しをします。

子供がいなければ、お年玉をもらうくらいの親しい友人だったら、次に会ったときにお土産を渡したり、お菓子などを買って渡したりすると相手も気を使わないですみますよね。

最後に

お年玉のお返しは必要ないと考えてる人がほとんどです。私も、今までお返しという形で返したことはありませんし、お年玉を渡すときもお返しが欲しいと思ったこともありませんでした。

ただ、色々な考え方があります。
お年玉のお返しが…と思う人は、感謝の気持ちを感じたいというのもあるかもしれません。
もらう側としては、「もらって当たり前」ではなく、まずはお礼の気持ちをきちんと伝えましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事