出産祝いに絵本を贈るなら名前入りでオリジナルがおすすめ!5選♪

出産祝いに絵本は最適ですよね。特別な絵本を贈りたいと思ったら、名前入りの絵本を贈ってみませんか?オリジナルの絵本にはどのようなものがあるのでしょうか。

スポンサーリンク

出産祝いの絵本にオリジナルの絵本が人気!

出産祝いに絵本を贈ると喜ばれますが、もしかしたら他の人とかぶってしまうかもしれませんよね。オリジナルの名前入りの絵本だとそんな心配がないし、自分だけの特別な絵本だという感じがするので、贈ると喜ばれます。

名前入りだと、読み聞かせてもらう子どもは特別感があって嬉しいのはもちろんですが、何より親もうれしいですよね。読むたびに生まれてきたときの事を思い出すし、一生記念に残る世界に一つのプレゼントではないでしょうか。

スポンサーリンク

出産祝いの絵本を名前入りで作るなら?おすすめ5選

この本は、生まれたばかりの赤ちゃんが主人公の絵本です。名前を入れることができるのはもちろんですが、生まれた時の様子や子どもへのメッセージもストーリーに入っています。挿絵が優しく少しレトロな感じで、読み手を優しい気持ちにしてくれます。生まれた場所や時間、体重や身長を入れるところがありますが、わからない場合は別の文章に変更できるところがとてもいいですね。

男の子バージョンと女の子バージョンがあって、内容が男女で少し違います。両親が記入するページがあって、命名ページには名前に込めた思いを書き込むことができます。誕生時の記録のページもあり、身長や体重などを記入できて写真を貼るスペースもありますよ。フリーページ付きなので、写真を貼ったり家族からのメッセージを書いたりと、自由に使えるのも嬉しいですね。

この本も男の子と女の子向けに別バージョンがあります。色々な動物たちと主人公が名前を尋ねたり答えたりする内容なので、赤ちゃんの名前しかわからないという場合には、この絵本はお勧めです。

ご両親が子どもに「あのね」といっぱい呼びかける、可愛い絵本です。子どものお名前、生年月日、生まれた時間、身長、体重の記載と、写真が1枚挿入できます。色々と情報を集めなければいけませんが、その分、ご両親には喜んでもらえるでしょう。

この絵本は、少し大きくなってきてなかなか素直に謝ることができない時に、「ごめんね」という言葉を相手に伝えることの大切さを学ぶことができる絵本です。自分の名前が入っているので、子どもの心に真っすぐ届けることができるのではないでしょうか。長い間読み聞かせられる絵本を贈りたいという人にはお勧めです。

まとめ

名前入りの絵本は色々ありますが、どんな内容の絵本を贈りたいのかをまずは考えてみましょう。
誕生の記念が主な内容の絵本を贈りたいのか、両親の赤ちゃんに対する気持ちを伝える絵本がいいのか、少し大きくなってから読み聞かせる絵本がいいのか、それによって選ぶ本を決めるといいですね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事