赤ちゃんのオムツ パンツタイプはいつから?テープはいつまで?

赤ちゃんの紙オムツにはテープタイプとパンツタイプの二種類がありますが、どのタイミングでパンツタイプを使い始めればいいのか、いつまで使い続けられるのか悩んだことはありませんか?

テープタイプ、パンツタイプそれぞれの特徴とともに、ベストなタイミングがあるかどうかお伝えします。

スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツ パンツタイプはいつから使う?

赤ちゃんが成長してきて、寝返りやハイハイをしたりしてよく動くようになってくると、テープタイプだとおむつ替えが大変になってきますよね。こんな風に感じたら、パンツタイプを試してみる人が多いようです。それでは、みんなの体験談を見てみましょう。

・寝返りし始めて、なかなかおむつ替えの時にジッとしていられなくなった時から使っている。

・パンツタイプは立った状態のほうがおむつ替えしやすいと思ったので、つかまり立ちができるようになってから使い始めた。

・仰向けが嫌いだったので、結構早く4~5か月くらいからパンツタイプを使っている。

・寝返りしたり激しく動くようになってくると、テープタイプだと漏れてしまうことが増えてきたのでパンツタイプに変えた。

・寝返りが遅く少し体が大きめだったので、つかまり立ちできるようになってからでないと重くてパンツタイプは使えなかった。

うちの場合、子どもが小さめで軽かったので寝返りが早く、寝相が激しかったんです。おむつ替えの時はじっとしてくれていましたが、動きが激しくなると漏れが心配だったので、5か月ごろからパンツタイプを使いました。今から考えると、もっと早くてもよかったかなと思います。

スポンサーリンク

赤ちゃんのオムツ テープからパンツに変えるタイミングは?

赤ちゃんのおむつ パンツタイプのメリット

  • 動き回っていてもすぐに交換できる
  • 漏れが少ない
  • 立ったままでおむつ替えができるので、出かけるときに楽
  • テープタイプと比べてずれにくく、ずれてもすぐに直せる
  • 腰を締め付けないので、赤ちゃんがきつすぎず動きやすい
  • パンツタイプのおむつには、上記のようなメリットがあります。
    動き回るようになると、パンツタイプが断然楽ですね!

    テープとパンツの併用もあり?

    すぐにテープタイプからパンツタイプへ完全に移行しなくてもいいんです。テープとパンツをどちらも使う人もけっこういますよ。

    私の周りでは、昼間など出かけるときはパンツタイプを使って、家にいるときやうんちのタイミングではテープタイプを使うという人がほとんどでした。
    テープタイプはパンツタイプに比べると安めなので、歩けるようになって完全にパンツタイプだけを使うようになるまでは、併用しているという人が多かったですね。

    赤ちゃんのオムツ テープはいつまで?

    パンツタイプと比べるとテープタイプは価格が安いので、長くテープタイプを使い続けているという人もいます。
    テープタイプはうんちの処理がしやすいというメリットもありますので、おむつ替えにストレスを感じていないという人は、周りを気にせずテープタイプを使ってもいいと思います。

    最後に

    寝返りをするようになる6~7か月頃になると、パンツタイプを使い始める人が多いようですが、子育てには、絶対にこうしないといけないという正解はありません。赤ちゃんの成長のスピードやタイプは様々なので、赤ちゃんの様子をよく観察してみましょう。
    オムツ交換をする人が大変だと感じたタイミングが切り替え時です。早いとか遅いとかは気にせず、一度試してみてください。それぞれのタイミングでパンツタイプのオムツに変えていきましょう。

    スポンサーリンク

    シェアする

    • このエントリーをはてなブックマークに追加

    フォローする

    関連記事