出産祝いで嬉しかったもの5選 女の子編。喜ばれる選び方も紹介!

出産祝いに贈りたいものを探していると、色々あって困っちゃいますよね。

私にも娘がいますが、出産のお祝いでもらって嬉しかったプレゼントをまとめました。

また、喜ばれる選び方についてもお伝えしますね。

スポンサーリンク

出産祝いで嬉しかったもの5選 女の子向け

出産祝いを選ぶとき、相手の好みがわかっている場合もあれば、趣味や欲しい物がわからないこともありますよね。
私がもらった出産祝いで、もらって嬉しかったものをご紹介します。

絵本

絵本は、どんな本でも嬉しかったです。絵を見て物の名前を覚えたり、何度も同じ本を読み聞かせることでストーリーを覚えて私に読んでくれたりしました。
絵本は字が読めるようになると自分でも読んで楽しめるので、赤ちゃんから大きくなるまで長く活躍してくれますし、早くから絵本に触れることはとてもいいことだと感じました。

50~70センチの洋服

80センチ以上の長く着られる洋服をもらうと嬉しいというネットの意見もありますが、私はそれより小さいサイズの洋服がとても助かりました。

「生まれるとあっという間に大きくなって小さいサイズはすぐ着られなくなる」というのが一般的な育ち方のようですが、みんながそうだとは限りません。
大きめのサイズを贈ると安心だという人もいるでしょうが、小さめサイズのまま成長すると、80センチのカバーオールなどのベビー服は着ないままということもあります。
うちの場合は生まれてすぐの服を用意する時間がなかったので、50~70センチが大活躍したんですよね。特にワンピースは長い間着られるので便利でした。

木のおもちゃ

木のおもちゃは長く使えるし、赤ちゃんが触ったり口に入れたりしても安心できます。
おままごとで使えるセットや積み木は毎日のように遊ぶし、大きくなっても使い続けることができます。壊れることも少ないので、もらうととても嬉しかったです。

スポンサーリンク

スタイ

よだれが出るようになると、毎日のようによだれかけが必要になります。しかも、すぐにベタベタになるので一日に何枚も取り換えることもあるんですよね。
とにかく枚数がたくさんあると役立ちました。

食器セット

離乳食が始まると毎日のように使うし、赤ちゃんが生まれた後はなかなかゆっくり買い物に出かけられないので助かりました。食器を生まれる前から用意している人は少ないと思いますので、食器セットもおすすめです。
中でも電子レンジに入れられるものはとても有難かったです。

出産祝いであまり嬉しくなかったものは…

色々な出産祝いがありましたが、もらって嬉しくなかったものというのはないのですが…使えなかったものがいくつかあります。

アクリルやポリエステル素材の服

肌着を着ていれば、その上にアクリルやポリエステル素材の服を着せても大丈夫かなと思っていましたが、首回りなど皮膚に当たってしまうと痒かったようです。
デザインはかわいかったんですが、一度しか着せられませんでした。

ファーストシューズ

うちの子は冬生まれなので、ちょうど一年後に履けるようにと起毛素材のファーストシューズをもらいました。
ところが、歩き始めるのが遅く、靴を履いて出かけるようになったのは1年半以上経ってからだったんです。いただいたファーストシューズは冬用だったので全く出番がありませんでした。

出産祝いのプレゼント 喜ばれる選び方のポイント

出産祝いを選ぶとき、まずは相手の好みを考えてみましょう!
スタイリッシュなママは子どもにも同じような物を選びますので、キャラクターのグッズや洋服をあげても困るかもしれません。
普段ママがどんな洋服を着ているか、どんな物を持っているかを考えて、趣味に合うものを贈りましょう。

まとめ

出産祝いに一番多くいただいたものは洋服でした。
赤ちゃんは個人差がかなりありますので、体重などを参考にして選ぶことをお勧めします。
ただ、売り場によく表示してある月齢と身長や体重の目安はあまり当てにならないことも。
よくわからないという時はママに確認してから選ぶといいですよ。
今はネット通販で何でも取り寄せられるようになったので、自分では買わないような物を贈ると喜ばれるでしょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事