雛人形は誰が用意するもの?どっちの親が買うか決まりはある?

女の子が生まれると、初節句に雛人形の準備を考えますよね。

雛人形は誰が用意するのか、悩んだことはありませんか?

自分たちが用意すればいいのか、両親に頼むべきなのか、何か特別な決まりはあるのでしょうか。

スポンサーリンク

雛人形は誰が用意?どっちの親が買うの?

一般的な風習は?

一般的に雛人形を用意するのは、赤ちゃんの母親の両親の場合が多いとされています。

昔は、結婚することを「嫁入り」という言葉を使うこともありました。

この言葉通り、結婚すると相手の家庭に入って旦那さんの両親と同居する場合が多かったので、お嫁さん側の両親は嫁入りした娘になかなか会うことができなかったんです。

そこで、お祝いの行事のたびにお祝いの品物を持って行くことが、自分の娘や孫に会ういいきっかけになるので、雛人形を母親の両親が用意するようになったと言われているんです。

我が家の体験談と周りの意見

我が家では、特に旦那側の両親から準備したいと言われることはなく、私の両親が雛人形を用意しました。

自分の家に飾る人形だし、どんな人形がいいのか自分の好みを伝えやすいので、私にとっては自分の両親が用意してくれて有難かったです。

自分の両親が準備してくれる場合でも、飾る場所や大きさなどの希望がありますよね。

飾れる場所が広くない場合は大きい雛人形だと困りますし、雛人形は飾っていない間に片付けておく場所も必要です。

人形の顔も一つ一つ違いますので、買うときは自分の目で確かめることをお勧めします。

周りの友人の半分は、母親の両親が購入していました。

他の意見として、両家にお金を半分ずつ出してもらって自分たちの好みの人形を買ったという人や、旦那さんの両親が用意したというものでした。

スポンサーリンク

雛人形 親のお下がりはあり?

女の子が生まれると、自分の雛人形を子どものために飾りたいと考える人はいませんか?

雛人形のお下がりはダメ?

一般的には、雛人形のお下がりはあまり縁起がよくないと言われています。

雛人形の原型は、平安時代の「流し雛」だと言われており、紙などで作った人形(ひとがた)に厄をうつして川に流す儀式から生まれたとされています。

子どもに代わって厄や災いを引き受けてくれる雛人形なので、お雛様は一人に一つというのが一般的だとされているんですね。

雛人形のお下がりはあり?

お下がりの雛人形を使うことについては、私は悪いことだとは思いません。

厄災を引き受けてくれる雛人形なので、お下がりを使うと人形が身代わりになった厄災を次の代に受け渡してしまうという考えもありますが、子どものお守りとしての役割もある雛人形だと考えてみてください。

すると、自分の成長を見守ってくれた雛人形が、自分の子どもも守ってくれて、幸せを引き継いでくれるという考え方もありですよね。

私も自分の雛人形を子どものために飾りたかったんですが、保存状態が悪かったために願いは叶いませんでした。

雛人形は高価な物なので、大切に使いたいと思うそれぞれの考え方があっていいのではないでしょうか。

まとめ

一般的には母親の両親が用意することが多いとされている雛人形ですが、今では、特にこだわる必要はないでしょう。

旦那さんの両親から用意したいと言われれば、ご両親の気持ちを有難く受け取るのもいいでしょうし、自分たちの家に飾る人形なので自分で選びたいという場合は、正直に双方の親に伝えてみてはいかがでしょうか。

一緒に選びに行くという方法もありますし、両家でお金を出し合うというのもいいでしょう。

地域によって風習がある場合もありますので、自分たちで購入したいという場合も、一度両家のご両親に相談してみてくださいね。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事