幼稚園の水筒 ストロー・コップ・直飲みどれがいいの?

子どもの幼稚園入園の準備をするとき、水筒はどんなものがいいのか悩みませんか?

毎日使うものなので、失敗のない水筒選びがしたいですよね。

ストロー、コップ、直飲みの3つのタイプについて、メリットとデメリットを私の経験談も交えながらお伝えしますね。

スポンサーリンク

幼稚園の水筒 ストロー・コップ・直飲みどれがいい?

水筒の飲み口のタイプとして主に、「ストロータイプ」、「コップタイプ」、「直飲みタイプ」があります。

それぞれのタイプ別に、メリットとデメリットをご紹介します。

ストロータイプ

ストロータイプの水筒のメリット

ストロータイプは、何といっても小さい子供でも飲みやすいところが最大のメリットです。

万が一水筒を倒してしまってもこぼれにくく、蓋が開けやすいので、扱いやすいのが嬉しいポイントですね。

ストロータイプの水筒のデメリット

パーツが多くて細かいものが多いので、洗うのが面倒で手間がかかります。

ストローだと、一度口に入った液体が唾液と混ざって水筒の中に逆流してしまうことで菌が繁殖しやすく、衛生面で心配がありますね。

コップタイプ

コップタイプの水筒のメリット

自分の飲みたい量だけを一回ずつコップに注いで飲むので、注ぎ口に直接口を付けることがなく衛生的です。

コップタイプの水筒のデメリット

蓋を開けてコップに注がないといけないので、手間がかかるし、上手に注げない子はこぼしてしまうことがあります。

直飲みタイプ

直飲みタイプの水筒のメリット

飲みたいときにすぐに飲むことができて便利です。

水筒は毎日使って洗うものなので、パーツが少なく洗いやすいところも嬉しいポイントです。

直飲みタイプの水筒のデメリット

飲み口の大きさや形によって一度に出てくる量が違うので、傾け方によってはこぼれてしまうこともあります。

幼稚園で使う水筒の形状。我が家の場合

それぞれの水筒のメリットとデメリットを考えて、我が家では、コップタイプと直飲みタイプの2wayの使い方ができる水筒を選びました。

コップタイプを選んだ理由

実は、我が家の子どもが通っていた幼稚園では、水筒は「コップタイプ」のものを持参するように決められていたんです。

なぜ「コップタイプ」のものを持たせる必要があるのかと思い、園の先生に聞いてみたんですよね。

すると、次のような理由があったんです。

「子どもにコップに注ぐ練習をさせたいから。」

「お弁当の時も水筒のお茶を飲むので、直飲みやストロータイプは不衛生だから。」

「どのくらいの量を飲んだかわかるようにしたいから。」

理由を聞いて、なるほどと思いましたね。

スポンサーリンク

確かに、食事しながらお茶を飲むときは、食べ物が口に入ったままでお茶を飲むこともあるので、食べ物が水筒に逆流してしまったら衛生上問題ありです。

特に決まりのない幼稚園もありますが、園によって様々な方針がある場合が多く、飲み口の形などを確認する必要があるでしょう。

コップと直飲みの2wayタイプを選んだ理由

園ではコップタイプ持参と決まっていましたが、園以外でも水筒を使うことがありますよね。

公園で遊んだり休日にお出かけしたりと、水筒を持たずに出かけることはまずないというくらい毎日使います。

そんなとき、すぐに飲みたいのにコップに注ぐのは面倒だし、電車の中で飲みたくなった時にはコップだとこぼれてしまうことも考えられます。

2wayタイプだと飲み口がすぐに取り換えられて便利なので、園以外で水筒を使うときは「直飲みタイプ」の飲み口を付けて使っていたんです。

まとめ

小さい子どもだと、ストロータイプの水筒が便利だと考える人も多いでしょう。

ですが、衛生面を考えると、幼稚園では「コップタイプ」がおすすめです。

いろんな場面で長く使いたいという人には、特に「2way」タイプがおすすめですので、是非選ぶ際の参考にしてみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事