幼稚園 水筒にカバーは必要?子供の水筒の選び方は?【体験談】

幼稚園入園の準備で水筒を購入するとき、色々な種類の水筒がありますよね。

カバー付きのものもありますが、カバーは必要なのでしょうか?

また、水筒が子供同士でかぶったり、プラスチックかステンレスかも悩むところですよね。

今回は、子ども用の水筒の選び方について、私の経験も交えてお伝えします。

スポンサーリンク

幼稚園の子供の水筒にカバーは必要?

幼稚園の子供に水筒を選ぶときは、カバー付きの水筒を選んだほうがいいです。

そして、幼稚園の子どもに限らず、小学生になっても水筒は絶対にカバー付きがお勧めです。

水筒は毎日必要なものですよね。

子供は、毎日の行き返りなどで結構水筒の扱いが結構荒いんです。

園では机やロッカーから水筒を落としてしまうこともあるし、クラス全員の水筒がまとめてカゴなどに入れてあることもあるので、水筒同士がぶつかってしまったりします。

そんな時、カバー付きの水筒だと衝撃を吸収してくれますし、多少水筒にヘコみや傷がついてしまっても、カバーをしていれば気になることはありません。

もしカバーの付いてない水筒だったら、衝撃をまともに受けるし、すぐにヘコんだり傷が付いたりしてしまいますよね。

幼稚園だと、積み木などのおもちゃが当たってしまうだけでもヘコんでしまうので、カバーがあると安心です。

さらにお勧めは、肩から掛けられる紐が付いている水筒カバーですね。

手に持つタイプのカバーより、肩から掛けられる紐付きカバーだと、両手が空くので便利です。

スポンサーリンク

幼稚園では水筒がかぶるのは当たり前?

水筒の種類はたくさんありますが、子供に持たせたい水筒や子供が欲しがる水筒は、それほど多くはありません。

その中から選んだ水筒は、他の子とかぶることは普通にあります。

もし他の子とかぶっても、全く気にする必要はないですよ。

幼稚園入園の準備をする時期は大体同じだし、近くのお店で購入すればかぶってしまうのは当たり前なんです。

うちの子が入園したときも、同じ種類の水筒を持っている子は何人もいました。

子供は同じ水筒の友達を見つけると、嬉しそうに教えてくれたし、子供同士は嫌がっているというのは聞いたことがありません。

ただし、同じ水筒だと取り違えに注意する必要がありますよね。

そんな時のために、名前はしっかりと書きましょう。

そして、水筒のカバーや横に名前を書くだけではなく、蓋の上にも名前を書いておくと目立ちやすくていいですよ。

丸い名前シールを貼ったり、目立つ模様のシールを貼るのもいいですね。

こちらは、食洗機にも対応している防水のお名前シールです。
水筒だけでなく、お弁当箱やお箸などにも貼れますね。

子供の水筒の選び方 ステンレスとプラスチックどっちがいい?

子供の水筒を選ぶときは、カバー付きでステンレス製のものがお勧めです。

なぜカバー付きがお勧めなのかは、カバーが水筒を守ってくれるからということを最初の章でお伝えしましたよね。

ステンレス製をお勧めする理由は、傷みにくいため長い間使用できるからです。

プラスチックの水筒のほうが、軽いしキャラクター物が多くていいと思う人もいるかもしれません。

でも、プラスチックの水筒は、横にすると漏れてしまうことがありますので、あまりお勧めできません。

ステンレス製の水筒は重めで値段も高めですが、何度も買い替える必要がありませんし、小学校に入っても使い続けられますよ。

まとめ

幼稚園の入園準備に水筒を購入するとき、私のお勧めは、肩から掛けられる紐付きの水筒カバーが付いたものです。

さらに、ステンレス製のものだと丈夫なので、何度も買い替える必要がありません。

キャラクターじゃなくても、かわいいカバーの物もありますので、是非お子さんと一緒に探してみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事