一升餅の美味しい食べ方は?食べきれない問題はこれで解決!

子どもの1歳の誕生日のお祝いに、一升餅を背負わせてお祝いする人も多いですよね。
お祝いした後のお餅は美味しくいただきたいですが、一升餅はとても大きくて食べきれないと心配ではありませんか?

そこで今回は、お餅の美味しい食べ方と、食べきれない場合の対策についてご紹介します。

スポンサーリンク

一升餅の食べ方

一升餅は大きな1つのお餅になっています。
そのままでは大きすぎて食べられません。

一升餅の切り分け方と、大量消費のためのお餅レシピを紹介します。

一升餅の切り方

切り方の手順として、我が家でも実践した一般的な方法をご紹介します。

1.一升餅の真ん中を半分に切る。
2.半分に切った面を下にして、お餅を縦に切る。
3.均等にスライスする。

お餅は、時間が経つとどんどん固くなってしまいますよね。
しかし、できてすぐのお餅は、柔らかすぎたり包丁にくっついってしまったりして、切り分けるのが難しいことがあります。

いつお餅をついたのかにもよりますが、次の日くらいには固すぎず柔らかすぎないくらいになっていることが多いです。

一升餅の食べ方

焼き餅

やはり定番の焼き餅は美味しいです。
普通に焼くだけでも美味しいですが、焼く前のお餅の上の面に、醤油を3滴ほど塗ってから焼いてみてください。
塗った部分が他の場所よりも早く膨らんで、お餅をきれいに焼くことができます。

餅ピザ

お餅の上にピーマンやツナ、チーズを乗せて焼くだけのピザも美味しいですが、テレビで紹介されていた「溶かし餅」を使ったピザがとても美味しかったので、作り方をご紹介します。

餅ピザ(溶かし餅)の作り方

1.耐熱ボウルに餅3個と水150mlを入れる。
2.ラップをかけ、600ワットのレンジで3分温める。
3.レンジから出し、水100mlを足しよく混ぜる。

以上の工程で、「溶かし餅」が出来上がります。

餅ピザの作り方

1.小麦粉に水を入れて混ぜ、そこに、溶かし餅に顆粒ダシを入れたものを混ぜ合わせる。
2.フライパンに油を引き1を入れ、両面焼く。
3.両面焼けたら、くしゃくしゃにしたアルミホイルの上にのせ、ケチャップとタバスコをかけて伸ばす。
4.カットしたベーコンとスライスした玉ねぎ、チーズ、バジルを乗せ、1000ワットのトースターで6分焼く(焼く時間はトースターの機種によって異なります)。

参考:日テレ「得する人損する人

お餅の豚肉(牛肉)巻き

これは、お餅に豚肉を巻いてフライパンで焼き、醤油、みりん、砂糖でお好みの味付けをするだけという簡単なものです。

私は豚肉が好きなのでいつも豚肉で巻いていますが、牛肉が好きな人は牛肉で巻いても美味しくできますよ。

お好み焼き

お餅を千切りしたものを、お好み焼きの具に混ぜて焼くだけです。
お餅と一緒にチーズを入れると、さらに美味しいのでお勧めです。

一升餅が食べきれないときの対策は?

一升もお餅があると、さすがに一度では食べきれませんよね。
お餅はすぐに固くなったり、カビが生えたりしてしまいます。

2~3日のうちに食べきれないものは、次のような方法で対処しましょう。

スポンサーリンク

冷凍保存する

冷凍庫にスペースがあるなら、一番お勧めなのは冷凍保存です。

小分けしたお餅を、一つずつラップに包んた後、ジップロックなどの保存袋に入れて冷凍庫に入れてください。

ラップに包むだけとか、ジップロックにそのままお餅を入れてしまうと、お餅が乾燥して美味しくなくなってしまいます。
解凍後も美味しく食べられるように、必ずラップ&ジップロックの二重包装にしてください。

小分けの一升餅を用意する

最近では、小分けにされた一升餅も販売されています。
最初から小分けにされていると、切り分ける手間が省けますし、おすそ分けする時も便利ですのでお勧めです。

こちらは、お餅の中にあんこも入った、あんこ入りのお餅です。
あんこ入りならそのまま食べられますね。

両親や親せきに分ける

近くに両親や親せきが住んでいる場合は、おすそ分けするのもいいですね。
あまり多すぎるお餅を渡すと相手も困る場合がありますので、食べきれる量を渡しましょう。

お米で代用する

お餅が好きではない人は、お祝いの後にどうしようか困りますよね。
そんな時は、一升分のお米かもち米で代用してみてはいかがでしょうか。

私の従妹は夫婦でお餅があまり好きではなく、もち米で代用していました。
お祝いの後のもち米で「お赤飯」を炊いたり、「おはぎ」を作ったりしていましたよ。

まとめ

一升餅は一度に食べきれないものなので、先に残ったときのことを考えておいたほうがいいですね。

お餅が苦手な人は、お餅にこだわる必要はありません。
自分たちの好みに合わせて、子どもの初誕生のお祝いをしてあげましょう。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事