マグで赤ちゃんにミルクを飲ませるのってあり?注意点はこれ!

赤ちゃんが生後7か月ごろになってくると、離乳食の回数が増える子も多くなってきます。

一人座りができるようになってくる子も多く、そろそろストローマグを使う練習をする頃です。

でも、ストローマグの練習をするときにミルクで飲ませるのはありなのでしょうか?

みんなの意見や私の体験談を含めてご紹介します。

スポンサーリンク

マグで赤ちゃんにミルクを飲ませるのはあり?

ネットや周りの意見を聞いてみると、あり派、なし派、色々な意見があるようです。
それぞれのメリットやデメリットをご紹介します。

ストローマグでミルクを飲ませるのは「あり」派の意見

・ストローマグでミルクを飲むようになると、外出先でも楽。

・そのうち牛乳を飲むようになるので、ミルクをストローで飲んでくれるようになると便利。

・とにかく飲んでもらうことが大事なので、何を使って飲ませるかは気にしていない。

あり派の意見を見てみると、飲んでもらうことが大切だという意見が多かったです。
哺乳瓶を嫌がるようになってきたり、保育園に入ることがきっかけで哺乳瓶を止めたい人がストローマグを使うようになるようです。

ストローマグでミルクを飲ませるのは「なし」派の意見

・ミルクは菌が繁殖しやすいので、ストローで飲ませるのは衛生面が気になる。

・ストローでミルクを飲ませた後に、きちんと洗浄・消毒ができないと思う。

・上手くストローを使えない時期にミルクを入れて練習すると、口から出てしまって汚れるのが嫌だ。

・ストローで飲み物を飲むと、ミルクが熱く感じてしまうこともあるのでストローは使いたくない。

なし派の意見は、衛生面が気になるという意見が圧倒的に多かったですね。
ストローマグはパーツが多く、全てを清潔に洗うのは確かに大変です。

ミルクをマグで飲ませるときの注意点

粉ミルクをストローマグで飲ませたい場合、注意する点がいくつかあります。

スポンサーリンク

使った後は清潔に

ミルクは雑菌が繁殖しゃすいです。
そのため、ストローマグでミルクを飲ませた後は、全てのパーツを外してから丁寧に洗浄と消毒をしましょう。

ストローの形状に注意する

ストローが太かったり長かったりすると、吸い込むときに力が必要なので上手く吸えないことがあります。
漏れを防止するためにストローの先がクロスカットになっているものがありますが、このタイプは使うのに少しコツが必要なので避けたほうがいいでしょう。

マグは軽いものを選ぶ

ストローマグは赤ちゃんが一人で持って飲むので、重いと扱いにくいです。
プラスチック製だと軽くておすすめですね。

ミルクの飲み残しは捨てる

一度口をつけたミルクは細菌が繁殖しやすいです。
たくさん残っているともったいない気もしますが、1時間くらいを目安に中身を処分しましょう。

私の体験談

我が家でも、生後7~8か月ごろからストローマグの練習を始めました。
周りの友達を見てみると、ストローを使うのがすぐに上手くなる子が多かったので、うちの子もすぐに使えるようになるだろうなと思っていたんです。

ところが、何度ストローマグを使ってもなかなか上手く飲めるようになりませんでした。
お茶で練習を始めたので、美味しくないのがダメなのかと思って、ミルクを試したこともありました。
でも、上手に口の中に飲み物を入れることができず、顔やよだれかけなどが汚れるばかりだったんですよね。

結局、上手にストローマグを使えるようになったのは1歳になってからでした。
ですから、ミルクをストローマグで飲ませていると、ほとんど体の中に入っていかなかったようです^^;

ミルクを入れた後のストローマグを洗う時も、なかなか中までキレイに洗えなかったので、衛生的にも気になったので、何度かミルクを試しただけでやめてしまいました。

おわりに

個人的には、ミルクをストローマグで飲ませることはお勧めできません。
一度ストローマグを洗ってみるとわかるんですが、隅々までしっかりと洗うのはなかなか難しいんですよね。

赤ちゃんが使うものは特に衛生面を気にしたいので、ストローマグにミルクを入れるのはやめておいたほうがよいのではないでしょうか。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

関連記事